fbpx
未分類

私と彼の、馴れ初めと歩み。《TOEICパーフェクトスコアラーコース》


1463594_375031145966103_328711410_n

こんにちは!TOEICパーフェクトスコアラーコースのマネージャー海鈴です。

このフェイスブックコミュニティには、英語を学んでいる年数や経歴、レベルなどさまざまな方がいらっしゃいます。
かくいうマネージャーの私は、帰国子女だったりするわけではありません。
むしろ、海外経験もなく、英語にコンプレックスを持った、いわゆる「純ジャパ」でした。
そんな私が、どのような流れを経て、現在このコミュニティのマネージャーになったのか。

私にとって付き合いの長い彼、それは英語。
《私と英語の馴れ初めと歩み》について、お届けします。

私の英語との付き合いは、幼稚園の頃、近所の個人で英会話を教えている先生のところに習いに行ったのが始まりでした。
結局、上京する前の高校卒業まで、その習い事は続いたのです。
が、外国に行った経験もないのでスピーキングにほぼ自信は持てず、大学受験のための文法重視の知識しか持ち合わせていませんでした。
大学合格してやっと東京に進出、「ぜったい海外に行くぞ」と一念発起!大学2年の夏から約1年、アメリカに留学しました。

帰国後は、大学に進んですぐ入ったサークルの英語会(ESS)に戻り、英語劇の活動にいそしんでおりました。
アジア最大の英語劇大会である『四大学英語劇大会』での優勝目指して、寝ても覚めても発音の研究と指導をしてました。笑
それというのも、舞台の華である役者に英語指導をする、イングリッシュトレーナーという役職に就いていたのです。
その年の本公演で、役者の英語が評価され、もっとも英語の上手い大学に贈られる「English Prize」を獲ることができたのは、今でも本当に忘れられません。

いわゆる「純ジャパ」が、どのように英語が上手く発音できるようになるか、コツをいかに言葉で伝えるか、ということばかり考える・・・
去年は、そんな英語漬けの日々を送っていました。
それから、縁あって天狼院でバイトを始め、今に至ります。

留学して感じたのは、話せば話すほど、文法が「頭レベル」ではなく「身体レベル」で理解できるようになるということでしたね。
それまで「こういう時制の時、そのあとに来るのはこれで・・・」という風に、どちらかというとロジックで考える解法でした。
しかし、英語を「聴く」「口に出す」に特化した後は、英語の問題の答えが間違っていると「なんか気持ち悪い」という感覚を感じるようになってきたんです。

まさに、言語は「五感を使って学ぶ」ことが、本質の理解につながるんだ!ってことを、身をもって感じた瞬間がありました。

なぜ英語を学ぶかって言ったら、やっぱり「使う」ことにゴールがなきゃ!と思っております。
「あ、私、英語で話すことにこんなに楽しめてる・・・!」
留学して三か月半後、言いたいことがうまく伝えられない孤独の先の、初めてそう感じた瞬間の幸せは、何にも代えがたいものでした。

気持ちよく英語を使いこなすには、そもそもの文法の正しい知識が、考えるまでもなくスラスラ出てくるくらいだとさらによいですね!
TOEICを学ぶ「ゴール」はどこにあるのか。改めて思い返すと、より本質的な学習に近づくかもしれません。

3月TOEICまで、【あと57日】です。

《TOEICパーフェクトスコアラーコス・過去の記事》
1:スタッフ海鈴、《TOEIC990点パーフェクトスコアラーコース》のマネージャーに就任いたしました!~TOEIC受験経験なしの大学生がパーフェクトスコアラーになるまでの道・序章

【コミュニティ参加はこちらから】

TOEIC990点パーフェクトスコアラーコース・Facebook非公式コミュニティ

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をして頂くだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。イベントの参加申し込みもこちらが便利です。
天狼院への行き方詳細はこちら


2015-01-17 | Posted in 未分類

関連記事