fbpx
リーディング・ハイ

これから世界史を学ぶ人には、読ませてはいけないかも――世界史の問題児たち《リーディング・ハイ》


kuzu

 

 

 

 

記事:西部直樹(リーディング・ライティング講座)

 

 

記憶の底に澱んでいるものがある。

ある時ふっと、蘇る。

 

アバンダン――abandon:断念する、放棄する

 

赤尾のマメ単の最初に出てきた言葉だ。

赤尾のマメ単とは、旺文社が発行していた英語の単語集のことである。

大学受験の時に、必死に覚えようとした。

アルファベット順に出ていて、Cまで何とかいったような気がするが、覚えきれず、最初からやり直すことを繰り返し、40年経って、覚えているのは、abandonだけである。

 

あるいは、

ディー・ディア・デム・デン って、なんだっけ。

ドイツ語の冠詞の変化だったと思う。

主格・体格・属格・与格ではなかったか。

大学の時に、第2外国語でドイツ語を取っていたのだ。

 

残念ながら、覚えているのは、冠詞の変化だけである。

 

いい国つくろう鎌倉幕府、1192年、というのも時々蘇る。

が、最近の研究では、1192年ではないかもしれない、というではないか。

鎌倉幕府はいつ頃出来たか、はっきりしないらしい。

(こんなに変わった歴史教科書 山本博文ほか 新潮文庫より)

 

年号がふっと記憶の底から蘇るが、年号だけでは、わからない。

歴史は、年表を眺めるだけでは、モヤモヤと不明なところが残る。

例えば、

幕末から明治維新に掛けての激動期は、人とか事件とか何とかの関係が複雑でわからなかった。

特に、京都で暗闘を繰り広げた新撰組って、なんなのか。

歴史の教科書を見ても、1行あるかないかだし、よくわからん、と思っていた。

沖田総司ばかり、なぜか人気で、なにがいいのだろうと、思っていた。

しかし、ある時、司馬遼太郎の「燃えよ剣」(新潮文庫)を読んだで、霧が晴れるようにわかったのである。

そういうことなのか、と、ポンと膝を打ちたくなるほど。

新撰組は、いかにして出来たのか。

芹沢鴨は、なぜ殺されたのか。

新撰組の末路は、などなど。

 

歴史は、事件とか事象があるのだけではなく、人がいて、物語がある、ということを実感したのである。

 

馴染みのある日本史においてすら、そうなのだから、あまり馴染みのない世界史となると、どれもこれもうろ覚え気味である。

何となく覚えていることに

ゲルマン大移動とか、オスマン帝国とか、コロンブスとイザベル女王とか、

単語だけで、なぜ、何を、誰が、どこで、どうした、どのようになんてことは、

覚えていない、というか知らない。

本棚の片隅にある山川の世界史用語集(山川出版社)をぱらぱらとめくっても

今ひとつ、飲み込めないこともある。

 

例えば、クレオパトラだ。

クレオパトラって、美人で有名だけれど、何者だったのだろう。

彼女の鼻が少し低かったら、歴史は変わっていた、といわれるけど、それはどういうことなのだろう。

クレオパトラのことを知りたい!

 

映画を見るというのも手だな。

エリザベス・テーラー主演の3時間を超える大作もある。

 

だが、もう少し、気軽に、ざっくりと知りたい。

 

と、思っていたところに、この本が転がり込んできた。

 

天狼院書店のスタジオ天狼院お披露目パーティで、頂いた。

パーティの余興で本の交換会があり、その交換本としてこの本を頂いた。

 

読んで一読氷解、というか、破顔一笑、というよりは、抱腹絶倒であった。

 

世界史に名を残す「問題児(クズ)」たち、6人に焦点をあて、4コマ漫画風に展開する。

クレオパトラって、ざっくりとこんな人生だったのか、今度映画をじっくりと見てみたい。

 

ニュートンって、林檎が落ちるのをみて、万有引力の法則を発見したわけではなかったのか。そして、思いの外とんでもない人だったんだ。

いやはや、天才は……。

 

イザベル女王は、なんかいい人だったのかも知れない、とか。

 

わたしが読んでいると、小学生の娘も読み出した。

小学校ではまだ世界史は教わっていない。

でも、漫画だから、面白がって読んでいる。

 

世界史に触れた時、彼女は、この本のことを思い出すのだろうか。

17世紀の清教徒革命って、1641年からだけど、背景には、あんなことがあったからね。

とか。

ああ、でも、それだと、歴史上の人物は全部問題児(クズ)だと思ってしまうかも。

読ませない方がいいかな……。

 

改めて、歴史って面白いですね。

続刊を望む!

 

 

 

紹介した本

 

「歴史系倉庫 世界史の問題児(クズ)たち」 まんが亀 PHP研究所

 

「こんなに変わった歴史教科書」 山本博文ほか 新潮文庫

「燃えよ剣」 司馬遼太郎 新潮文庫

「世界史用語集」 山川出版社

 

映画

「クレオパトラ」監督  ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ 主演 エリザベス・テーラ

 

 

  
………
「読/書部」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、スタッフのOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。
また、直近の「リーディング&ライティング講座」に参加いただくことでも、投稿権が得られます。

詳細こちら→【9/8Thu 読/書部】読書を最大限に人生に生かす「読んで書く」技術を徹底的に学ぶ「リーディング&ライティング講座」!読まれる文章のたった一つのコツ「abcユニット」でブックレビューとも書評とも違う全く新しい読書メディア『リーディング・ハイ』をみんなで創ろう!《初心者大歓迎》

本好きの、本好きによる、本好きのための夢の部活「月刊天狼院書店」編集部、通称「読/書部」。ついに誕生!あなたが本屋をまるごと編集!読書会!選書!棚の編集!読書記事掲載!本にまつわる体験のパーフェクトセット!《5月1日創刊&開講/一般の方向けサービス開始》

【リーディング・ハイとは?】
上から目線の「書評」的な文章ではなく、いかにお客様に有益で、いかにその本がすばらしいかという論点で記事を書き連ねようとする、天狼院が提唱する新しい読書メディアです。

riza


2017-01-04 | Posted in リーディング・ハイ, 記事

関連記事