リーディング・ハイ

長い坂道の向こうまで!《リーディング・ハイ》


記事:西部直樹(リーディング・ライティング講座)

 

 

夏の午後だった。

ひたすら自転車をこいでいた。

 

汗が目に染みる。

脚が痛い。

お尻も痛くなってきた。

 

坂道が迫ってきた。

長い坂道を登らなくてはならない。

そこを超えれば、あと少しだ。

「ねえ、まだぁ」

友達たちの不満げな声が聞こえる。

 

でも、この坂を越えれば、あと少しなんだ。

 

 

北海道の小学校、夏休みは短い。

代わりに冬休みが長いのだけれど……。

その短い夏休みのある日、

仲の良い友達たち4人で、どこかに行こうということになった。

僕と足の速いケンちゃん、可愛くて喧嘩早いナオちゃん、温和しいけど怒ると恐いリエちゃんの四人だ。

 

北海道の田舎町、店が建ち並ぶ繁華街(!?)は、小学生が自転車で走っても、ものの5分もあれば終わりだ。

退屈していた。

 

「ちょっと、公園まで行かない」とケンちゃんが提案した。

町の外れにある公園、国定公園にもなっているところだ。

観光地で誰もが車で行くところ。

町の小学生は、自転車では行かないところだ。

まだ、昼前だった。

車なら20分くらい、自転車なら1時間もあればいけるかな。

そんな、気軽な感じで僕たちは走り出した。

 

しかし、道は遠かった。

こげどもこげども目的地は先にあった。

市街の境界を越えると、道は狭まり、車が勢いよく通り過ぎる。

田舎の道を歩く人はいない。

 

アスファルトが熱い。

リエちゃんの持ってきた水筒の水は、ほとんどなくなった。

 

帰りたくなったけれど、半分以上は来てしまった。

引き返すのは、なんだか悔しい。

 

坂道が見えてきた。

長い坂道だ。

この坂道の向こうには、小学校がある。

僕たちが通っているのとは違う小学校だ。

そこも境界線だ。

いつもの町から遠く離れたという境目だ。

 

長い坂道、途中で自転車を降りた。登り切れなかった。

ナオちゃんが文句を言う。

「こんなに遠いとは思わなかった」

リエちゃんが怒りながら泣き言を言う。

「疲れた! 喉渇いた! お腹空いた!」

ケンちゃんは不機嫌だ。

「あと少しなんだからさあ!」

僕は、太陽が眩しいなあ、と目を細めていた。

「あと少し、頑張ろう」

自分の自転車のハンドルの真ん中を持った。片手で押して、隣のリエちゃんの自転車のハンドルを持つ。

「少しは軽いかな」

ケンちゃんは、ナオちゃんの自転車も押す。

汗がとにかく流れた。

坂道はもう少しで終わりだ。

 

 

 

小学校の高学年のとき、小さな冒険をした。

あれから半世紀近く経ち、そろそろ従心も近くなってきた。

従心というのは、論語にある「心の欲する所に従いて矩(のり)を踰(こ)えず」からの言葉だ。

年代を表す、30代の而立、40代の不惑ときて、次が知命、そして耳順、その次が従心だ。

年を取ったら、やりたいことをやっても、規範を超えなくなる、ということだ。

でも、それではなんか詰まらない。

 

水平線と空が交わるところまでいってみたい。

 

冒険したい。

その向こうになにがあるのかはわからないけれど。

物わかりのいい大人になってしまったけれど、

その向こうにいってみたい気持ちは持ち続けたい。

 

子ども向けの映画だろうと侮っていた。

見ているうちに、気持ちが高ぶってきた。

 

隣に座る年若い友人、彼女の滑らかな手をみる。

膝の上に置かれた手、長い指が膝を掴んでいる。

なにかを堪えているのだろうか。

瞬きの間、その手が愛おしく思えた。

 

ああ、こちらの方面の冒険は慎もう。

冒険じゃなくて、不貞だからな、と思い直す。

軽く咳払いをして、クライマックスを迎えた画面に向き直る。

 

映画館の薄い闇の中で思った。

今の安寧に馴れすぎて、そこから出ることを恐れているのではないか。

出てみれば、別の何かに出会えるだろうに。

 

映画館が明るくなった。

年若い友人は、私を見て微笑んだ。

「いい映画でした」

私もうなずく、そして、あの頃の冒険を思い起こしていた。

 

 

 

長い長い坂道を上り、一息ついた。

いつも通うのとは違う小学校が見えた。

僕たちは、境界を越えてきたんだ。

あと少し、自転車をこぐ脚も少し軽くなる。

 

陽が少し傾きかけた頃、やっと公園に着いた。

公園の緑の丘の向こうは、オホーツク海だ。

疲れも吹き飛ぶ!

 

僕たちは、なんとか陽が沈みきる前に家に帰り着いた。

もちろん、散々叱られた。子どもだけで、どこに行くともいわないで……

けれど、苦にならなかった。

僕たちは遠い公園まで、自分たちの脚で辿り着き、そして帰ってきたのだから。

 

 

紹介したい映画:モアナと伝説の海

 

 

 

  

【天狼院書店へのお問い合わせ】

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【4月開講/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有/通信受講有》

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。




2017-04-28 | Posted in リーディング・ハイ, 記事

関連記事