【小説】どんなに彼が臭くても、それでも私は彼のことが好きだった。《川代ノート》

  記事:川代紗生(天狼院書店スタッフ)   *この記事はフィクションです。       恵の彼氏は、臭かった。   彼にぎゅっと強く抱きしめられると、脳天をつ … 続きを読む 【小説】どんなに彼が臭くても、それでも私は彼のことが好きだった。《川代ノート》