fbpx
チーム天狼院

イギリスとフランスの国境で昔愛した男に出会った話《茜のつれづれ》


13015402_1703013473291070_3068973832036000974_n

記事:山口茜(ライティング・ゼミ)

それは、たった一瞬。
聞いた瞬間に彼の声だとわかった。
その声はまるで夜を引き裂く朝日のように、不安に満ちていた私の心を瞬く間に明るく照らした。
まさか、まさか、まさか。
彼の声をこんなところで聞けるなんて。
……大丈夫。もう大丈夫だ。

怖いものは、何もない。

それは、さかのぼること1年前。
諸事情により、大学を卒業してから働いていた職場を3月いっぱいで辞めた私は、イギリス、フランス、イタリアを回る3週間の一人旅にでかけていた。

初めての海外旅行なうえに、一人旅。しかも英語は中学生レベル。
今考えると、我ながらよく行ったなと思う。
初日に泊まったホテルではうまく英語が伝わらなくて、「寂しい! もう無理! 早く帰りたい!」と涙で枕を濡らしていた。

しかし、2日目にロンドンの名所、ビッグベンを見た瞬間に自分の中の何かがはじけ、アドレナリン大放出。
それからは何を見てもどこに行っても「ひゃっほー! たのしー! もう帰りたくなーい!」てな感じで、一人だとか英語が話せないとかは完全に忘れていた。

最初の滞在国がイギリスであったことも良かったのだと思う。
街は整備されていて過ごしやすいし、人も親切だ。
ホテルやカフェではフリーWiFiがとんでいるので、前日に次の日の予定をだいたい決めておけば、私の拙い英語でもそこまで困ることはなかった。

そんな感じで一人旅も慣れてきた6日目。
イギリスからフランスへと移動する日だ。

イギリスからフランスへの移動は、ドーバー海峡の海底トンネルを通る、ユーロスターとい高速鉄道を利用した。ロンドンからパリまでは2時間ほどで着くことができる。

検問を越えて待合スペースに行くと、大勢の人々が電車の出発を待っていた。
日本人らしき人たちもチラホラいるが、だいたいが新婚旅行らしきカップルだ。軽率に声をかけることはできない。
広いスペースにたくさんの人。しかし私は一人。
急に孤独と不安が襲ってくる。

イギリスは英語圏だったから何とかなった。
でもフランスでは、現地の人はフランス語しか話さないと聞く。
スリやひったくりも多いらしい。
果たして、無事に過ごせるのだろうか。

電車到着のアナウンスがなり、待合室からホームへと向かう。
最新技術のつまった黄色い電車に乗り込む。
もう引き返せない。あと2時間もすればパリだ。
不安は徐々に増大していった。

海外に行こうと決めた時に、最初に思い浮かべたのはフランスだった。
エッフェル塔、凱旋門、ヴェルサイユ宮殿にルーブル美術館。
一番楽しみにしていた憧れのパリの街。
なのに、今はこんなにも行くのが怖い。

お願い。
誰でもいいからこの不安をどうにかして!!!

その時、誰かの携帯電話の着信音がなった。

さわやかなイントロに合わせて流れてきたその声を聞いた瞬間、まるで時が止まったように感じた。

跡部様!?

※説明しよう!
『跡部様』とは週刊少年ジャンプに連載されていた「テニスの王子様」(通称テニプリ)に登場するキャラクター、跡部景吾のことである! バレンタインには全国の「王国民(跡部ファンの総称)」から数千個のチョコレートが届き、誕生日の10月4日には「跡部景吾生誕祭」として、一般のファンだけでなく企業の公式ツイッターアカウントからもお祝いされ、さらにそのニュースがNHKで放送されるという怪物的人気キャラクターなのだ! そして私自身、中学時代にどハマりしていたのだ!

えええええああああああ跡部様?
跡部様のキャラソン? (※キャラクターソングの略。担当の声優さんが歌っているのだ!)
久々に聞く日本語が跡部様の声? っていうか、え? 今の誰が? 誰がならしたの?

座席は日本の新幹線と同じような並び方なので、前後の席の確認は難しい。

日本人? いやでも乗るときに近くに日本人らしき人はいなかった。
ていうことは外国人? 外国人のテニプリファン?
イギリスに、いやフランスにかな、そういや今どの辺? いやそんなのどうでもいいんだけど!
海外にテニプリファンがいて跡部様のキャラクターソングを携帯の着信にしてるの?

イギリスとフランスの間で
大好きなテニスの王子様の
その中でも一番大好きなキャラクターの
跡部様の歌声が流れてくるなんて、

それ、なんてミラクル?

ふ、と息がもれた。

あー、あ。
なんか、もう。
大丈夫だ。

言葉がわからないとか、治安が悪いとか。
多分大丈夫。どうにかなる。

だって世界中にテニプリファンがいるんだもの。
大好きなものをわかりあえる人がいるんだもの。

不思議なくらいにさっきまでの不安がどこかに行ってしまった。
それどころか先ほどの出来事を思い出すと、ついつい口元には笑みが浮かんでしまう。
隣の人が訝しげにチラリとこちらを見ている。

ふふ。変なアジア人だと思われてるかな。
でもどうでもいいや。
逆にちょっと話しかけてみる?
意外と話があっちゃったりしてね。

そうこうしているうちに、車内に間もなく到着のアナウンスが響く。

さあ、ついに着いてしまった。
憧れの街、パリ。

空は晴天。
気候も良好。

めいっぱい、楽しみましょうかね。

 

***

「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【通信受講/日本全国対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ2.0」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《この春、大人気ライティング・ゼミが大きく進化します/初回振替講座有/全国通信対応》

 

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


関連記事