チーム天狼院

【なぜ、あの人には色気があるのか?】これだけ気をつければ一気に色っぽくなる!ダンスに学ぶ「大人の色気のまとい方」《海鈴のアイデア帳》


photo

天狼院スタッフの山本です。

ミョーに色気のある女性って、いますよね。

色気というか、雰囲気というか。
その人しか持っていない独特のオーラがにじみ出ていて、いちど見てしまうと、理由はわからなけれど目を離せなくなっちゃうんです。

街中でも、そういう人をたまに見かけませんか。
よくわからないけれど、カッコよくて、でも色っぽくて、何か他の人と違うと思わせちゃうような人。

日本の芸能人でいうと、たとえば小松菜奈ちゃんみたいな感じ。
あのミステリアスな雰囲気は、纏おうと思って身につけられるものではないと思うんです。

だって自分が厚めのぱっつん前髪にしたところで「え、いきなりどうしたん。こけし?」と苦笑されるだろうし、心の奥底を見透かすような怪しい目線をつくってみたって「寝不足? 死んだ魚の目してる(笑)」と人外認定されてしまうことは明白です。

違うんだよなあ。外見だけ真似したって、なんか違う。
外見だけでいいんなら、そりゃ肩出しの服を着るだの短いスカートを履くだの、とりあえず出してりゃいいんです。

でも最高の色気っていうのは、「猛毒」みたいなものだと思うんです。

周りの人は一瞬で釘付けになっているのに、その人たちは自分が虜になっていることにその場では気付かない。後になって、ああ、いいもの見たような気がする。そういえば、さっきあのカフェにいたあの人、なんだか不思議な雰囲気だったなあ、と思い出す。
後日またそのカフェを通る時に、別段用事もないのにちょっと寄ってみようかなと思って、あれ、そもそもなんで今わたしこのカフェに寄ってみようと思ったんだと疑問が湧く。
この前ここにいたあの人がいたせいだな、と気づいて、「あれ、なんか私、あの人のことばっかり考えてるんじゃない?」ということを、後になってようやく自覚してくる。

まるで女忍者ですよ。相手はまきびしが足元に散らばっているのも気づかず徐々にダメージを食らうんですよ。
体からにじみ出てくるオーラで、落とすんですよ。
いやあ、むちゃくちゃカッコイイじゃないですか。

しかし、やはり、忍者には忍者たる所以があります。
何がその人に色気をもたらしているのか、一見しただけではわからない!

もちろん理由がわからないからこそミステリアスで、惹かれちゃうんですけれども。
けれどそれでは、色気は「生まれつき」持った者のみが発揮できるということになってしまう!

そんなはずはないと思います。ある期を境にミョーに色っぽくなる人、結構いるじゃないですか。
経験によって中身が成長したり、痩せて変わるなんてこともありますが、時間がかかるし、その過程は個人差がありますが。

けれど、きっと何か共通点があるはず。
そう、色気には「再現性」つまり「型」があるのではないか?

一見よくわからないこの「色気」というものを、誰でも真似すればすぐできるようになる方法があるのではないか。ずっとずっと、探していました。

そうしたら、ある日、突然出会ってしまったんです。

歩く色気」に。

私の趣味はYoutubeで踊るアーティストのPVをひたすら見てダンスを覚えることで、女子が踊っているとあれば日本人だろうが外国人だろうが、国も関係なくとりあえず見て

「この人の踊り方すごい華があるなあ〜! 身体の使い方がこうだからか」

とか、

「この曲のこの振り付けの部分がたまんなくキャッチーで頭に残るのは、どうして!?」

と暇さえあれば考えているのですが、ここはアカン! 気づけば再生100回しとった! というくらい胸をくすぐられてたまらない振り付けポイントが、1曲につき必ず数ヶ所あるんですね。いやあ、ボディパーツと同じように、振り付けにもフェチみたいなものがあるんだなあ。

けれど裏を返せば、その「グッ」と来るポイントを探っていけば、どういう動作をもって色気を出すことができるのか分かるということです。

さまざまな踊り方を見てきましたが、私がその「歩く色気」と呼んでいる人は、異様なまでの色気を持ち合わせてるのです。なんかもう、次元が違う。別格。とあるPVを見てしまったが最後、その人のことが頭から離れなくなってしまいました。
最初は「おお、こんな人がいるのか」程度だったのですが、時間が経つにつれ「なんか、気になる存在だなあ」となっていき、仕舞いには「暇さえあれば彼女の踊り方を見てしまう」「定期的に摂取しないと禁断症状が出てしまう」状態にまでなってしまいました。本当に、致死毒ですよ、ありゃあ。気まぐれに見ちゃあかんよ!

「歩く色気」の正体。

その彼女とは……
『AOA』というグループのメインボーカル・チョアというメンバーです。

知ってる人も、知らない人も。
まずは何も言わずにこちらのダンスプラクティス動画、金髪ショートヘアの子をご覧ください。

はい。
全身から溢れてる色気に、戦慄しませんか?

ダンスはみんな同じ振りを踊っているはず!
それなのに、どうしてこんなにも彼女は目立つんだ!

彼女はメンバーの中でもおそらく一番背が低いです。
他のメンバーは見るからにモデル並みの身長を持ってるようなので、最大でも10センチ近くは背丈に差がありそう。
けれどその身長差・手足の長さをものともしない、圧倒的な存在感。圧倒的な色気。

同じ振り付けでも、ここまで差を出せるものなのか……!

初めてこの人を見たときの衝撃は、忘れられないですよ。
生まれ持った身長とか、手足の長さとか、関係ないんだ! って。
見栄えでは、生まれつき高身長に生まれ、長い手足を持って生まれた人には身体的特徴では勝つことはできない。スタイルに恵まれたわけではない分、きっと「いかに見せるか」を彼女はこだわっているのだと思います。

本来、同じ動作であるはずの振り付け。
同じ踊りを踊っているはずなのに、ここまで出せる色気に差をつけられるということは、きっと彼女は彼女なりのダンスの「型」があるのです。つまりは、その「型」さえ真似てしまえば、彼女のような圧倒的な色気をまとうことは可能なのです!!

 

ということで、この曲の中で「グッ」ときた振り付けの部分に、「色気」をかもしだすヒントが隠されているはずです。
私のリピート再生回数が多かった振り付けから見ていきましょう。

まずはこちら!

《グッと来る振り付けポイント①》

▼再生すると、その振り付けの箇所から始まります。

(3:18〜3:22)

……アカン。アカンわ。もうここ最高すぎるわ。惚れ惚れしすぎてため息しか出ない。
腕をぐっと上げてから、右手・左手を髪の毛に触れながら腰に持っていき、そのあいだ左右のステップを踏んでいる。センターにいる彼女の魅力が、この振り付けのときに10〜100倍くらいにアップしているのが分かりますか?

リズムも刻んでるので、これは踊ってて楽しい箇所です。「Short Hair」という曲を印象付けるような振り付けで、1曲の中でもアクセントになっているところだと思うのですが、注目すべきは彼女の「肩」と「あご」の距離です。

腕を上げ頭を抱えるような動作をしたあと、右手・左手の順で髪をバサッ、バサッと振り上げながら手を下ろしていくのですが、右手・左手と持っていくときの、彼女の「肩」と「あご」の距離が、他のメンバーに比べて近くなっているのです。

肩の可動域も大きいんですね! 体重を右左と持っていくのに合わせて、右肩・左肩それぞれあごと肩の距離を、素早く近いところまで持って行ってます。これが、今回のポイントですよ! テストに出ます! 重要な部分です!

次はこちらも行ってみましょう!

 

《グッと来る振り付けポイント②》

▼再生すると、その振り付けの箇所から始まります。

(0:30〜0:36)

うおーーー!!! これは踊ってて最高な爽快感のはずですよ!!
AメロからBメロへの切り替えですが、振り付け的にもここで軽い見せ場を持ってきてるんじゃないでしょうか! 1曲の中でかなりアクセントになってます!

太ももを撫でるようにする動きですが、このときも肩の上下左右前後の動きのダイナミックさが一人だけ違う。しっかり肩を後ろにも回してます。

決め手は、0:33〜0:36ですね。ああ、ここの振り付けが好きすぎる。これ考えた人は、天才か? 天才なのか?

ここでの彼女の、顔の使い方がたまんないんです!!!
手を腰にやるポーズ→左手を頭の後ろに、右手を太ももに持っていくポーズですが、ここでもやはり「肩」と「あご」の距離がめちゃ近い!! あごを引いて、少し顔を斜めにしたまま、目線だけは正面をとらえる……これです。この瞬間、彼女の踊り方に「グッ」ときてしまうんです!
ストップモーションで、「魅せる」。あーーー、カッコイイなーーーもーーーーー。

さらに、こんな細かいところでも!!!

 

《グッと来る振り付けポイント③》

▼再生すると、その振り付けの箇所から始まります。

(1:42〜1:44)

腰を落とすときに、ちょっとだけ左斜め下を向いているのが分かりますか?
ほかのメンバーは、顔が正面を向いたままだったりするのですが、彼女だけは、ここでやはり「肩」と「あご」の距離を近くしている

さらに、この箇所ですごくわかりやすいポイントが、彼女は目線もあえて少し外しているということです。
以前、テレビ番組でも、日本のアイドルがステージ上であるテクニックを使っていると言っていました。そこでも、この「あえて一瞬目線を外す」をやってるんだとか。

この「一瞬だけ」というのが絶妙で、見ている人からすると、視線を一瞬外されると、気になって仕方なくなっちゃうんだとか。これって小学校のとき、気になってる男子と目が一瞬合うんだけれど、ふっと逸らされて、それ以降ますます気になっちゃう現象だわ。あのふと逸らされる感じ、されたらたまんないやつだわ。

この目線外し、正面のみを向いていたら効果的にできません。顔の角度が少し斜めを向いていることで、うまく目線外しの機会をつくってると思います。これで、次正面を向いたときの目線がさらに印象強くなるという寸法ですね。
いやはや、なんだこの計算し尽くされた演出は。これはきっと彼女が踊り方をひらすら研究した賜物でしょう。

 

いやーすごい。すごすぎるよ!
ただ単にPV見てただけじゃあ「なんとなく色気のある踊り方だな〜」としか思ってなかったですけど、スローモーションで見たり、コマ送りしながら見てくと、肩のパーツを大きく動かしていて、同じ振り付けでもぜんぜん違う動きに見えます!

今回の、彼女の色っぽく見られる動作のポイントとは、「肩」と「あご」の距離を近づけること!

ここに、「色気」のヒミツが隠されてたんですね!
日常生活で踊る場面はないにしろ、一つ一つの小さい動きで、このコツを取り入れることができそう!
机に頬杖をつくとき、ちょっと顔を斜めにして肩と顔を近づけ伏し目がちにしてみるとか。
「あーつかれたー!」って伸びをするとき、あごをどちらかの肩に近づけてみるとか。
身一つあれば、どこでもできます。いたるところにトラップ仕掛けられそう。

私は、ともすると色気とは「生まれつき」のものではないかとすら思っていました。
世間が黙っちゃくれない、生まれつきの華を持っている人って稀にいると思います。周りがどう足掻いたって、追いつけやしない華。それと同じ部類で、色気というものも、後天的に得られるものではないと思っていました。

けれど、違いました。
「色気」は「型」だったんです。
努力次第でなんとかなるもんです。

そうは言えど、私は最近パソコンばっかりカタカタ打って同じ姿勢でいるので肩まわりがガッチガチに固まっちゃってます。まじで本気で肩剥がさねば!!
いつ、絶好の機会がやってくるかわかりませんからね!
首まわり、肩まわり柔軟にしておいて、ここぞというときに、こう……クイッとね。

この「肩」と「あご」のテクを利用して、一撃必殺・致死毒をいつでも打ち込める女でありたいものです。

ただ、あまりあご引きすぎて、二重顎にならないようにだけ、皆様もお気をつけください!笑

 

*「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【10月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

【東京/通信】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》
【9月開講/東京・通信/入試受付ページ】本気でプロを目指す「ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」入試要項発表!大人気「ライティング・ゼミ」の上級コースが9月ついに開講!

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618
FAX:03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021

福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


関連記事