チーム天狼院

げみさんの絵本『檸檬』は、私が監禁されていた部屋から脱出する鍵だった。


届け物のダンボールを開いた瞬間、鳥肌がぶわっと立ち尽くした。

中身を開き、並べているうちに、 「これはとんでもないものが届いてしまったぞ」と、歴史的な瞬間に立ち会っているような気さえしていた。

並べられたイラストを眺めながら、まだ鳥肌は収まりそうになかった。

そしてそれは、私が監禁されていた部屋から脱出するための鍵でもあったのだ。

 

今、私は京都・祇園にある「京都天狼院」にいる。河原町駅から、徒歩ですぐ。祇園四条駅からは、徒歩3分程度で着いてしまう。

京都天狼院がオープンした、2017年1月から京都に住みはじめた。

高校生のとき修学旅行で来てからというもの、京都の象徴として憧れつづけている四条大橋も、通勤路の風景のひとつになった。

京都最古の禅寺・建仁寺さんももう目の前の距離という、観光地のどまんなかに、私はいる。

 

7月の京都は、祇園祭のために、休憩時間に外を歩いていると、なんども行列に遭遇した。

ちょっと夜ご飯の買い物に出ているあいだにも、炎が燃えさかる松明を持った男たちが、掛け声をあげながら行列をつくるところに鉢合わせた。

神輿がお店の前を通るタイミングを、窓から眺めていた。

NHKが祭りのようすを生中継放送しているのを横目に、出勤のためその側を自転車で通り過ぎた。

ここは、まさに観光地どまんなかなのだということを、ひしひしと感じる日々。

だが、それが悩みになるだろうなんて、考えてもいなかった。

あまりに観光地にいるからゆえに、逆に外に出て行かなくなってしまったのだ。

そういえば東北の実家に住んでいたころ、市内の観光地によくバスが大勢止まっているのを「どうやらここは観光地らしい」と、ぼんやりと見ているだけだった。その建物に入ったのは、ようやく高校生になるくらいのときが初めてだった。

住んでいると、あまりにも地元すぎて、逆に観光地といわれる場所には行かなくなるらしい。

その現象が、同じように京都でも起こってしまっているのだった。

「いつでも行けるだろう」と、忙しさを言い訳にする日々。

早くやること終わらせて、隙間時間にぶらりと外に出るほうが、気分転換にもなるし新しいインプットも入る。そっちのほうが効率が良いことは分かりきっている。だけれど、出て行くことがいつのまにか億劫になっていた。家と職場の往復の日々が続いてしまっていた。

はじめての京都の夏。じっとりとへばりつくような夏の暑さに、気分がなかなか優れない。
グレーな気持ちが、ぼんやりと続いていたところだった。

私は開いてしまったのだ。あのダンボールを。

 

そこに入っていたのは、げみさんの『檸檬』だった。

梶井基次郎の名作『檸檬』に合わせ、イラストレーターげみさんがイラストをすべて描き下ろした絵本である。

げみさんは、昨年作品集を出版された際に、展示やサイン本など、大きく展開をさせていただいた。

そのげみさんの次回作が出ると聞くと、なんと文学作品とのコラボレーションという。

実をいうと、梶井基次郎の『檸檬』は、それまでなんとなくパラパラと流し読みをした程度だった。主人公は檸檬を爆弾だと想像し、それを丸善に置いてくる、という大まかな記憶しか、残っていなかった。

だから、絵本『檸檬』が出ると聞いて、あらためて久しぶりに、梶井基次郎の『檸檬』をしっかりと読んでみた。

そして、絵本が発売前にもかかわらず、私は興奮が抑えられなくなってしまった。

これ以上の最高の組み合わせはない、と確信してしまったからである。

そして案の定、その興奮は現実のものとなった。
私は、ついに届いた『檸檬』を手に、いても立ってもいられなくなってしまった。

『檸檬』を持って、自転車を走らせた。走り出さずには、いられなかった。胸のワクワクに、ほとんど衝動をつき動かされた形だった。

まずは上がって、祇園白川へ。
さらに上がって、二条まで行った。
途中、わざと裏道を通って行った。昔からあるであろう家のそばを通って、洗濯物がはためいていないか、のぞきこんだ。
そして、2回移転したという、丸善の歴史の場所に、想いを馳せた。

げみさんのイラストによって仕上げられた『檸檬』を見て思わず、この舞台へ繰り出したくて仕方なくなってしまったのだ。

絵本を読む前にも、梶井基次郎の『檸檬』の良さを知っていた。
さらに、げみさんのイラストが加わることで、世界は何倍にも広がった。

書体や、行間のテンポと、挿絵の加減が心地よく、映画を見ているように現実の時が止まり、一瞬で物語にトリップできた。

どこか影のある退廃的な雰囲気と、カラフルなオードコロンや香水の瓶、オレンジのランプ。
相反する2つの組み合わせが最高に美しく、今度は自分の目で確かめようと、主人公の歩いた道を、たどってみたくなる。

ここのところ篭りがちだった私は、この絵本の美しさに、突き動かされた。

京都の一角に、監禁されたようなものだった私が、外へと脱出する鍵こそが、げみさんの『檸檬』だった。

 

京都に来るときは、こてこてのガイドブックを共にするもいいけれど。

この絵本の美しさに動かされるまま、京都の街を歩いてみるという、とっておきの秘密コースがあるということを、ここだけでコッソリ、教えておきたいと思う。

(記事:天狼院スタッフ山本)

 

・イラストレーターげみ×梶井基次郎『檸檬』(立東舎)は、天狼院書店・各店(東京/福岡/京都)で、お買い求めいただけます。数量限定サイン本もご用意しておりますが、こちらは先着順となりますのでお早めにお買い求めください!
・お取り置きはこちらの お問い合せフォーム から、タイトル【げみ『檸檬』取り置き】、名前、メールアドレス、取り置き希望店舗をご記入の上メッセージをお送りください。
・京都天狼院では、7/30(日)までパネル展を実施しております。この機会に、ぜひご来店くださいませ。

* * * * *

▼これまで2000人近くの方が受講。
人生を変える天狼院「ライティング・ゼミ」、8月開講コースのお申込受付中!

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜イベント参加チケットとオリジナルグッズ(¥7,916相当)プレゼント!《7/30まで早期特典有り!》

【天狼院書店へのお問い合わせ】

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。




関連記事