女を振るにもルールってものがあるだろ、バカ《川代ノート》

*この記事はフィクションです   「好き」の残骸が、まだあちらこちらに散らばっていた。とても寒い冬の夜だった。マンションの廊下から漏れる光で、薄ぼんやりと部屋の中が照らされているのが嫌で、ドアを閉める。蛍光灯の … 続きを読む 女を振るにもルールってものがあるだろ、バカ《川代ノート》