fbpx

「個人」が集まったものが「社会」なのか、「社会」があってはじめて「個人」が生まれるのかーー。

いずれにしても言えることは、自分(個人)は社会とつながっている存在であるということ。
そこには葛藤があったり、理不尽なこともあったり、解決できないような壁にぶち当たったり、そして、時には素晴らしい出来事が発生したり……。

社会と個人を考えることは人生を生きることなのかもしれません。

What’s New?

2019-06-24

会社以外の関係性を通じて見える、新しい社会《週刊READING LIFE Vol

2019-06-24

個が確立しなけりゃ成り立たない《週刊READING LIFE Vol.38「社会

2019-06-24

ワンフォアオール、オール・フォー・ワン《週刊READING LIFE Vol.3

2019-06-24

あの日の、忘れられない出会い《週刊READING LIFE Vol.38「社会と

2019-06-24

ダウン症のリクが教えてくれた、幸せな社会との関わり方《週刊READING LIF

2019-06-24

夫婦とは最小の社会《週刊READING LIFE Vol.38「社会と個人」》

2019-06-24

「社会」という言葉が、「個人の想い」でできているんだとしたら。《週刊READIN

2019-06-24

「自分に何が出来るのか?」と不安に思ったら《週刊READING LIFE Vol

2019-06-24

やりがいを感じたことがありません《週刊READING LIFE Vol.38「社

2019-06-24

考えることで、個人は社会よりも優先される《週刊READING LIFE Vol.