fbpx
イベント情報

入社6ヶ月で雑誌編集長になった私が、質を保証することを諦めた話《『READING LIFE ─PROTOTYPE─』予約受付開始》


 
記事: 田岡尚子(READING LIFE ─PROTOTYPE─)
 
皆さまこんにちは。
天狼院書店スタッフ兼、READING LIFE ─PROTOTYPE─ 編集長の田岡です。
 
「この雑誌はプロトタイプなので、質は一切保証しません」
 
そんな一文から始まる雑誌、『READING LIFE ─PROTOTYPE─』。
手にとって1ページ目を開いたら、
「そんなもん、買うかーー!!」と、怒られるかもしれません。
 
そもそも、今まで「質、担保しませ〜ん」なんて言っている雑誌、見たことがありますか?!(私は無いです)
しかも作り手は素人。なんなら編集長の私なんて、入社1年も経っていないど素人。
 
もちろん、天狼院では「質を担保しない」コンテンツを出すことは一切ありません。
それはもう、誰よりも質にこだわり、「仕事は美しく、丁寧に」と耳にタコができるぐらいうるさくいう店主がいるのです。そんな質を担保しないコンテンツを出したら、即クビです。
 
でも、今回は、そんな店主が
「質は担保しない雑誌を作ったら、面白そうじゃない?」
と言うのです。
お? ついに色々どうでもよくなったのか? 投げやりになったのか?
と思うかもしれません。
かくいう私も、
「社長、何を言っているんだろう……」と思わなくもなかったのですが
きっと社長が言うのだから、何か企んでいることがあるはず。
 
首を傾げた状態で、社長が次に言う言葉を待っていました。すると、
「いや、お客さんの、アウトプットの場をもっと増やしたいんだよね」
とのこと。
 
そう、天狼院書店では、「READING LIFEの提供」といい、
本のその先の体験を提供することをコンセプトに、様々なイベントを行なっています。
ライティング・ゼミ、フォト部、デザイン・ゼミなどなど、いろいろなゼミでそれぞれの分野について学んでいるのですが、
「アウトプットする場所が……ない……」
せっかく得た知識が宙ぶらりんな状態になっている方が多いのではないかと思ったのです。
 
確かに。
2018年の4月に、私も天狼院のライティング・ゼミを受講していましたが、
受講期間を過ぎてから、特にブログなどもしていないし、受講していた時ほどの熱量もない。
 
思えば、就活していた時は、「雑誌とか書籍の編集やってみたいな〜」と軽い気持ちで出版社の面接を受けていましたが、頑張って2次面接までしかいかない状態。
やってみたいことがあっても、なかなか簡単にその環境は手に入りません。
ましてや、雑誌をつくったり、出版なんて、遠い雲の上のような存在に思っていました。
 
でも、実は、大学で所属していた研究室で「ZINE」について学び、制作もしていたことがあり、
もっと気軽に、個人で企画・制作をして、発信していけたらいいのに、という想いは、元から強くありました。
1ページが2ページになって、それがさらに4ページになって……と
みんなで意見を出し合いながら、それがうまく繋がって誌面になっていく楽しさ。
一人ひとりの意見で、化学反応が起こりまくるこの現象。
 
でもそれが、学生だからできるわけじゃなくて、大人になっても気軽にできたら。
 
今回の雑誌制作プロジェクトのメンバーの募集要項は、
「天狼院のゼミに参加したことがある方」ただそれだけ。
全国各地、お互いに知らない人が集まって協力して1つの雑誌をつくる。
年齢制限も、入試もありません。
 
そう、今回は、いい歳をした大人たちが、
毎週土曜日、19:30から2時間、
みんなで真面目に会議を続けたのです。
 
この、たまたま偶然集まった11人で、
この私たちだからこそ書けるテーマってなんだろう?
 
話し合いを重ねてできたテーマは、これからの「働き方」と「休み方」について。
 
私自身、社会人になってまだ1年も経っていない新入社員。
「特にやりたいことがない」
「休みの日は寝ていたい」
「できれば楽しいことだけして生活していきたい」
と、正直、正直に思います。
かといって、仕事はしていたいし、むしろ仕事を全力で楽しみたい!! とも思っています。
 
でも、それならどうすればいい?
趣味を仕事にしたら楽しい?
でも趣味を仕事になんて、簡単にできる?
お酒を一杯飲めば、仕事への不満なんてあれよあれよと出てくることでしょう。
 
そんな時、やっぱり聞きたいのです。
私よりも長く生きている先輩たちに、「これからどう進んでいけばいいの?」と。
 
今回は、たまたま偶然集まったメンバーたちは、
私よりも長く社会を生きている、頼りになる先輩たち。
 
中にはブラック企業で働いていて、何度か死にそうになった方がいれば、
私より2回りほど歳上の、巨匠のような方も。
 
それなら、
「令和を生きていく私たちに、アドバイスをください!」
長く生きてきたからこそわかる知恵がある。
今回はたくさんの先輩から、それぞれの観点でアドバイスをいただきました。
 
それも、
ある人は、地元のひそんでいるところにあるスポットに取材に行ったり、
ある人は、東京から大阪まで足を運んで憧れの人にお話を聞きに行ったり、
ある人は、「変な写真撮ってたよ(笑)」と言われるような写真を撮っていたり……(?!)
 
神社に猫カフェに、パリコレ参加の方、アイスクリーム屋さんのオーナーなどなど
まだ出会ったことがない、この企画がなければ出会うことのなかったかもしれない
たくさんの方の「働き方」や「考え方」について、お伺いすることができました。
 
皆さんが一から企画を考え、自分の足で探して、自分の手で進めていったこの記事は、
ネットで調べても出てきません。
 
企画も文章も写真も編集もデザインも、すべて一から。
このメンバーの中に、プロがいなくとも。
 
「質は一切保証しません」
その先をどう想像するかはあなた次第。
 
私自身も、今回取材・ライティング・写真・デザインと、
今までここ、天狼院で学んだことを活かして誌面にまとめました。
 
1年と少し、フォト部のマネージャーを務めさせていただき、
こっそりと、ひっそりと、プロのカメラマンの先生のお話やコツを聞き、
写真の撮り方、切り取り方を、スタッフでありつつも皆さまと一緒に学んでいきました。
 
そりゃあもう、今まで趣味で撮っていたので、
私が撮る写真なんてまだまだ1円にもなりませんが、
ただ好きなものを撮る、だけではなく、
誌面に載せるために「必要」な写真を撮る、
インタビューさせていただいた方の魅力が、読者に伝わるように撮りたい、と
普段とは違った思いで写真にも挑むことができました。
 
こうやって今回、皆さまと一緒につくる雑誌に、自分の作り出した写真や言葉が合わさっていくことが、
何よりも嬉しく、わくわくしております。
 
そんな、私たち11名で作成した雑誌「READING LIFE ─PROTOTYPE─」の先行予約が、本日から始まります!!
これから、発売日の28日まで、
制作者11名による、それぞれの雑誌に込めた想いをそれぞれ語ります。
 
また、28日は、朝10:00より、池袋にある「シアターカフェ天狼院」で即売会を始めます。(京都・福岡・土浦でも同時に販売いたします!)
数には限りがございますが
皆さまの手に届くことが、今からドキドキで待ち遠しくて、緊張です!!
 
そして、こちらのページからお申込みいただいた方には
28日発売日に、フォト部マネージャーとして、1枚あなたのお写真を撮らせていただきたい、と思っております!
(当日チェキで印刷してお渡しします!/ご希望の方にはデータもお送りします!)
 
11名の、まだまだ素人な私たちが、あの手この手で作り上げた雑誌。
きっと、「働き方」について悩んでいるのは、私と同世代の仲間たち、だけではないはず。
必要な方に、必要な情報が届きますように。
制作メンバー一同、皆の未来を見つめて書きました。
 
ここから広がっていく世界が、あなたの一部になれば、そんな嬉しいことはありません。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

雑誌『READING LIFE ─PROTOTYPE─』目次

■働き方再定義
バブル期及びバブル崩壊を経て、昭和生まれのサラリーマンが語る。
何のために? どう働く!? 自分に合った働き方の見つけ方

■大人の育て方 ─「ティール組織」から新しい働き方を考える─
ティール・エバンジェリスト 大森雄貴さんインタビュー

■「夢を持っている君も、夢を持っていない君も」
セントオーディン 代表・デザイナー 永井純さんインタビュー

【COLUMN 1】◯めフォト!

■「攻めスポ」VS「密スポ」
・婚活、マルシェ、肉フェス?! むすびの神「鳥飼八幡宮」さんの神主さんに突撃インタビュー!
・小さな命と人を繋ぐ、新しい支援のかたち ゲストハウス「ねこ蔵ホステル」
・池袋で攻めている急先鋒店舗と核弾頭店長「シアターカフェ天狼院」
・1週間で全てのメニューが入れ替わる?! 京都のアイスクリーム屋さん「PICARO EIS」

【COLUMN 2】◯めフォト!

■休日の再定義
1週間休みならどう過ごす? 天狼院書店「STYLE for Biz 」山中菜摘店長にインタビュー!

■日常Short Trip
・朝のひと時、帰りのひと時。街を歩いてみませんか?
・アフター5の過ごし方
・仕事帰りにホテル泊! ─街中ホテルステイ─
・そこまで行っちゃう?!編 ─1日で名古屋から北海道までの日帰り旅─

【COLUMN 3】◯めフォト!

■大人の教養シリーズ
・「二十代の内に読んでおくことをお勧めする《書籍編》」
・「二十代の内に観ておくことをお勧めする《映画編》」(もっと、映画を観て欲しい)

【COLUMN 4】いろいろある「紅白の由来」《レシピもご紹介!》
【COLUMN 5】◯めフォト!

【雑誌『READING LIFE ─PROTOTYPE─』予約する際の注意と通信販売について】
『READING LIFE ─PROTOTYPE─』は500部作成いたしますが、実際には390部販売いたします。限りがございます。確実に手に入れたい方はご予約をおすすめ致します。(予約順でのお渡しとなりますのでご了承くださいませ)
PayPalでの決済完了時間が予約受付時間となります。

◆通信販売をご利用の方
今回は通信販売も同時に受付開始します。通販での受付も予約受付順の発送となります。PayPalでの決済完了時間が予約受付時間となります。
通信販売の場合、送料・手数料として500円別途頂きますが、その代わりに天狼院書店でご利用頂ける「コーヒーチケット(410円相当)」をおつけしますので、東京に来る際に、ぜひ、天狼院でご利用頂ければと思います。
通信販売分は、12月28日より、予約順に順次発送致します。

先行販売について


【当日店頭受取】雑誌『READING LIFE ─PROTOTYPE─』1,000円+税/A5 全42P《東京・京都・福岡・土浦》
*28日当日、10:00〜14:00にシアターカフェ天狼院にお越しの方は、田岡が写真を撮らせていただき、その場でプレゼントいたします!

【通信販売】雑誌『READING LIFE ─PROTOTYPE─』1,500円+税/A5 全42P
*送料・手数料 500円含む(*410円相当コーヒーチケット×3枚つき)
*12月28日(土)より順次発送いたします。

お問い合わせ


 

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をして頂くだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。イベントの参加申し込みもこちらが便利です。


関連記事