イベント情報

【6/7(日)時ラボ】本当に有意義な生活とは?やりたいことを”全部”やりきる「時間上手」になろう!《時間と向き合うワークショップ》


ab4d85c7adc69bc96c439b2d0e3372c4_s

こんにちは!時ラボマネージャーのまみこです。

私はついこの間まで、とんだ勘違いをしていました。
私は週4~5でアルバイトをしていて、ゼミで主導的な立場をとっているのだから、当然大学生の中ではかなり忙しい方だと。課題の期限を過ぎてしまうのも「時間がないから仕方ない」と言い訳をしていました。

しかし前回の時ラボで初めて天狼院オリジナルの「サーキュレーション・シート」を使って1週間を振り返ってみたところ、気づいてしまったのです。

「……あれ?私、もしかして……
午前中めちゃくちゃ空いてんじゃん!」
そう、シートに書き出してみると、朝からお昼までの時間がほとんどスッカスカだったのです。
この時間、何に使っていたんだけ……?
あ、そうだ!記事!メディアグランプリに出す記事を書くために時間を費やしていたんだ!
うん、おそらくそれは自分のために良いこと。有意義な時間の使い方ではあるのだけれど、だからといって際限なく時間を費やしてしまっても、他のことに全く手が回らなくなってしまう。

じゃあ、課題をやる時間を先に持っていって、予定を組み立てなおしてみようかな……などなど、この2時間で私の中にハッとさせられる気づきと新たなアイディアがたくさん生まれてきたのです。

いやー、作業としては単純なことなのですが、これが、あなどれない。
「忙しい」が口癖になっているあなたに一度、試していただきたいのです!
時に、日々激務に追われる店主 三浦の仕事術なんてのもこぼしてもらいつつ、同じように時間の使い方に悩む仲間同士で、一緒に打開策を考えてみましょう。これ、なかなか頭が活性化して楽しいです!

そして継続的にラボにご参加いただければ、数か月後にあなたは「時間上手」になっているでしょう。
これは自信をもって言えます!

 

―――自分の生活をちょっと見つめなおしてみようかな。

まずはそんな気軽な、ふわっとした気持ちでご参加いただければ、と思います。

 

【時ラボとは】
時を科学して、時を司るのを目的としたラボです。

最終的な目標は、
「人生にゆたかな時間を増やすこと」
「ゆたかな時間」の定義はそれぞれでいいと思うんです。
休日、旅行に言ったり、本を読んだり(←ステキ笑)、スポーツをしたり、料理をしたり、家族と過ごしたり、または仕事をしたり。
人、それぞれだと思うのです。
「ゆたかな時間」が損なわれているから、「忙しく」なる。

これを取り戻すために、天狼院時ラボでは天狼院が独自に開発したオリジナル「サーキュレーション・シート」を使って、ワークショップを開催したいと思います。

手順は以下の通り。
1.1週間、実際にどう時間を使ったか、「サーキュレーション・シート」で振り返る。

2.あなたにとっての「時間泥棒」を特定する。

3.「しないこと」を決める。

これをワークショップでやり、みんなで発表しあって共有します。
これに参加するみんなは、「ゆたかな時間」を取り戻すための仲間になります。これ以降も、「ゆたかな時間」奪還作戦を時ラボでは実施して行きたいと思います。
まずは、日曜日の少しの時間を投資して、この第一回目に参加ください。
そして仲間と一緒に、より多くの「ゆたかな時間」を取り戻しましょう!

【時ラボ】「時間上手」になろう!
日時:6月7日(日)
11:15-13:15
参加費:1,000円+1ドリンク
定員:20名様
場所:天狼院書店「東京天狼院」
*「年間パスポート」をお持ちの方はドリンク代のみでご参加いただけます。

【注意事項】
・参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。

 

【お申込はFacebookページか問い合わせフォーム、もしくはお電話でもお受けします】

6/7 時ラボ〕Facebookイベントページ

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をして頂くだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。イベントの参加申し込みもこちらが便利です。
【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。


天狼院への行き方詳細はこちら


2015-06-06 | Posted in イベント情報, 天狼院ラボ, 時ラボ

関連記事