fbpx
2020年4月京都イベント

満員御礼!【4/5(日)9:00〜 京都フォト部】ドラマチックに京都を撮る!プロカメラマン清水泰人氏による写真教室。テーマ:「桜の名所で、色を極める」@妙心寺退蔵院《初めての方大歓迎!!》


天狼院書店は、「READINGLIFE〜本のその先の体験〜」をテーマに掲げ、本の販売だけでなく、

本に書かれた知識を実践を通して学ぶことで、よりその内容を深く学んでいこうと多くのイベントを開催しております。

その中でも、大人気なのが、部活と呼ばれるイベント。

部員はお客様。顧問の先生はその道のプロフェッショナルをお呼びして、さながら中学高校の部活のように楽しみながら実践的な技術を学んでいます。
落語部では実際に現役でご活躍の師匠が落語を披露してくださったり、女子部では、モデルさんがウォーキングや食生活など美しくなるための指導をされたりしています。
中でも大人気なのが「フォト部」。

その名の通り、プロのカメラマンが講義やワークショップを通してカメラの使い方はもちろん、瞬間の切り取り方や物の見方など、本を読むだけではわからないことを直接指導する「本屋の写真教室」です。
本屋が行う!というくらい敷居の低いイベントであり
テーマは「写真を楽しむこと」東京、福岡、京都の店舗ではオープン当初より毎月開催しており、その累計参加人数は2800人以上!毎回3割以上は初参加の方で、写真を撮るだけでなく、お互いの写真を見せ合うなど、楽しく部活動をしております。

みなさま、こんにちは! 京都天狼院の池田です!

フォトグラファーの清水泰人さんをお呼びして行う「ドラマチックに京都を撮る!」撮影教室。

4月のテーマはこちらです!

テーマ:「桜の名所で、色を極める」@妙心寺退蔵院

京都の桜は、どこも名所だらけ!

嵐山の山桜も、祇園円山公園の有名な夜桜も美しいですが、

今回舞台に選ぶのは、妙心寺・退蔵院さんの枝垂れ桜です!

でもただ桜を撮るだけではありません。

今回は、「色」を意識して撮る、ということに焦点を置いてみようと思います。

人間の目というのは、太陽の光の下、蛍光灯の下、曇り空の下……それぞれ全く性質の違う光の中でも、自分自身で色を調整して、自分の思う色を見ています。

でもカメラで撮った時の「色」は、ちょっと違う。

ただ撮っているだけでは、自分が思っている「色」のイメージと解離してしまうことも多いのです!

今回は自分の思う「色」のイメージを意識して、カメラの設定を変えて楽しむ、ということを中心に、みなさまと京都の桜を楽しめたらと思っております♪

(当日は色温度についてなど、先生に簡単にレクチャーもいただきます!)

みなさまの描く様々な「桜」の写真が今から楽しみです!!

そう、なにより一番は、写真を楽しむこと!

初参加の方も大歓迎!

一眼カメラを買ったけど、使い方がよくわからない。
いつもスマートフォンで写真を撮ってるけど、カメラを買うことを検討している。
写真を習いたいけれど、写真教室はちょっと敷居が高い
なんて方も大歓迎でございます!
分からないことは気軽に聞いて、フォトライフをもっともっと楽しんでいきましょう!

みなさまのご参加お待ちしております!!

京都天狼院 池田瑠里子

講師プロフィール


Photographer
清水 泰人(Yasuhito Shimizu)

大阪出身、亀岡市在住のフォトグラファー。
地元亀岡市など、京都の魅力をさらに発信すべくフリーランスとして活動。企業や個人・行政案件の様々な分野で撮影を担当。京都いいとこフォト(@kyoto_iitoko)の写真を改めて編集した共著『絶景を巡る京都』が絶賛販売中。

Instagram:@yah_s
Twitter:@yah_s_

作品集


 

清水さんの写真を目にしたとき、「あぁ、なんてドラマチックなんだ!」と
まるで映画の中のシーンのように切り取られているように感じました。
写真で風景を切り取るとき、どうしても色々詰め込みたくなったり
教科書とか、テレビで見たような画と同じになってしまい
なかなか「自分らしさ」を表現できず悩んでしまうことがよくあります。

 
なので、「どうやって撮ればいいんですか?」「何か意識していることってありますか??」
と聞いてみると、
「風景を楽しむ!」とのこと。
風景、楽しんでるつもりだけど……とも思いつつ、
あぁ、でも確かに。
最近は、「SNSで映えそう」という気持ちが先行して、
風や匂いを感じる前に、すぐにカメラを風景に向けてしまうことが多く感じます。
「お父さんずっとビデオで撮ってたから、あんまりちゃんと見てないんだよね」
小学校や中学校の運動会で、よく父が言っていた言葉がわかるような気が。

 
そして、「清水さんと撮影に行きたい!!」と思わせられた言葉が
「その時のコンディションを楽しむ」
ということ。
「実はこれ、雨の中で撮ってるんです」
と見せていただいた写真が。
雨が降っていると、「この曇り空の中か……」
と、撮影に行くのが億劫に感じられることもあるかと思います。
でも、この清水さんの写真を見たら、「雨の中、どこに行こうかな」と楽しみになる。

 

「ネガティブをいかにラッキーに感じられるか」
それが、風景を楽しむ上で大切なことなんだそう。

 

一体清水さんはその時その瞬間を、どのように捉えて自分の表現に変えていっているのか
もう、隣で教えていただきたい! と思うばかり。
京都の風景を、目と頭と体で、思いっきり楽しんだのちに、シャッターを切る。
観光地から、ちょっと足を伸ばしたところまで
一緒にシャッターを切りに行きませんか?
カメラ初心者の方でも、ぜひお気軽にご参加いただければと思います!

 

イベント概要


日時:4月5日(日)9:00-11:00

8:45 受付開始 ※集合場所は2日前までにご参加者の方に個別にご連絡いたします

9:00 イベント開始

・自己紹介

・色についての講義

・撮影開始

11:00 部活終了

撮影場所:退蔵院、妙心寺

持ち物:・カメラ(iphoneでの参加も可能です)

※三脚はご遠慮ください。

定員:12名

部費:一般3,500円(税別)/学生2,625円(税別)/会員1,750円(税別)

*拝観料はお客様ご負担になります。

※学割は25歳以下の方に適用させていただきます。(受付にて学生証のご提示をお願いいたします)

ファイナルクラブ天狼院/プラチナクラスにご加入のお客様は参加費半額で参加できます。 

 

参加方法


*本イベントはこちらのHPからPayPal(クレジットカード)、または店頭での事前お申し込み制となっております。座席が残っている場合は当日店頭にてもお支払いいただけます。お席に限りがありますので、どうぞお早めにお申し込みください。

満席です!

 

 
【ご参加予約】
当日お支払いご希望の場合はお電話・メールでもご予約承っております。
京都天狼院(075-708-3930)までお電話いただくか、またはこちらの お問い合せフォームから、タイトル【4/5(日)京都ドラマチックフォト部参加予約】、お名前、アドレスを明記の上、メールをお送りください。

 

 

 

 

注意事項


※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。
《講座について》
・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。
・有料無料問わず、講師、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。ただし、天狼院書店が許可した場合は、この限りではありません。
・最小催行人数4名様(万が一中止の場合、3日前までにお知らせ致します)
・本イベントの内容の著作権は、講師および天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。

《撮影について》

・撮影は、マナーを守って行ってください。撮影の際に他のお客様のご迷惑になると判断した場合、退室いただく場合がございます。

 

お問い合わせ


天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
お問い合せフォーム
TEL:075-708-3930(京都天狼院)

 

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


関連記事