fbpx
2020年4月Esola開催イベント

【4/19(日)11:00】自分を「ビジネス書」化する作法〜初開催!「自伝」をつくる1日集中講座〜ビジネス書編集者が教えるコンテンツのつくり方《はじめての方大歓迎/全国通信受講対応》


 

 

□新登場「天狼院マルチディスプレイ」で全国通信受講完全対応!


また、会場のみならず、全国で通信受講できるように、今回、天狼院では「天狼院マルチディスプレイ」というシステムを新たに構築しました。
会場の様子だけでなく、先生がお使いのパソコンの画面や参考資料など、必要に応じて適宜瞬時に切り替えて表示することができるシステムです。

これを通して、通信や動画で受講いただく皆様は、もしかして現地受講の方よりも見やすい状況で受講いただけるかもしれません。
もちろん、会場受講の皆様も、動画を講義の後にもご視聴いただけます。

リアルタイム受講だけでなく、インターネットのある環境で、動画や音声でいつでも受講できます。また、理解が足りなかった回は、何度でも受講できます。



いつもありがとうございます。
 
天狼院書店スタッフの川代です。
 
私は大学生の頃、合計約8万字の自伝を書いたことがあります。
 
アメリカに1年間、留学したことがきっかけでした。海外の文化に触れ、「自分とは何か?」「自分はこれから何をしていきたいのか?」と自問自答せざるを得ない環境に身を置かれていたため、過去の自分について掘り起こし、書いてみることにしたのです。
 
はじめは軽い気持ちでスタートした自伝の執筆でしたが、進めてみると、思わぬメリットがたくさんありました。
 
たとえば、時系列に沿って書いていくことで、自分でも忘れていたコンプレックスや、あるいは転機がどんどん掘り起こされていったのです。
 
点と点が繋がる感覚、というのでしょうか。
 
とにかく、その自伝を書く、という行為に、私はのめりこんでいきました。
 
周りからは、なんでわざわざそんなことするの、と白い目で見られたこともありましたが、私はあのときに自伝を書いていなければ、今でも人生に迷いを持ったままだったのではないか、と思います。
 
私の人生において、8万字もかけて自分自身について研究し続けた経験は、大きな自信になりました。今後何か迷うことがあったら、あの自伝を読み返してみよう、という心の支えができたような感覚でした。
 
そういった経緯もあり、今回、このような企画をさせていただきました。
 
政府から緊急事態宣言が発令され、これからどうなるかわからないなかで、不安を抱えている方も多いだろうと思います。
 
私も同じです。
 
すごく不安だらけで日々を過ごしています。
 
1人で家にこもって作業をしていると、気持ちも暗くなって、これから何をしていきたいのかわからなくなる。
 
そんなとき、約7年前、自伝書いたときのことを思い出したんです。
 
あのときも、同じ気持ちでした。
 
「私」という存在がどんどん分解されていって、捉え所がなくなってしまう、漠然とした不安。
 
その不安を解消してくれたのは、「自伝を書く」という行為でした。
 
こんなときだからこそ、「自分」という人間についてとことん研究してみるというのも、アリだと思うんです。
 
だから、今回は、
 

自分を「ビジネス書」化する作法

 
と題して、もし、自分が生きてきた人生のなかからコンテンツを生み出すとしたら何ができるか?
 
という視点で、講座を組み立ててみました。
 
「自伝」とはいえ、どうせやるならば、自己満足ではなく、人に読まれる「自伝」がいい。
 
書き終えたらそれを発信して、誰かに価値を提供できるようなものにしたい。
 
そう思い、ビジネス書の編集者に、講師をお願いすることにしました。
 
現役の書籍編集者であり、フリーランスのライターとしても活動されている、池口祥司さんにご担当いただきます。

【講師プロフィール】池口祥司(いけぐち・しょうじ)
1984年、山口県生まれ。早稲田大学法学部卒。2008年、株式会社PHP研究所入所。第一普及本部東京普及一部(書店営業)、企画部、特販普及部を経験後、ビジネス出版部にて7年間で累計100冊以上のビジネス書の編集に携わる。2018年、天狼院書店に参画。担当した書籍に『経営者になるためのノート』(柳井正著)、『YKKの流儀』(吉田忠裕著、出町譲取材・構成)、『アマゾンが描く2022年の世界』(田中道昭著)、『大人はもっと遊びなさい』(成毛眞著)、『挫折力——一流になれる50の思考・行動術』(冨山和彦著)、『史上最強のメンタル・タフネス』(棚橋弘至著)などがある。現在は、天狼院書店の「取材ライティングゼミ」講師の他に、書籍や企業会報誌の編集、企業広報誌、雑誌『Voice』『THE21』、ウェブメディア「CoinDesk Japan」などでライターとしても活動中。

7年間累計100冊以上のビジネス書の編集に携わってきた池口さん。
 
いわゆる「素人」だった人を著者にする経験もお持ちですので、どんな要素を、どんな切り口で企画していけば「ビジネス書」として成立するのか? という論点で講義をしていただきたいと思っています。
 
家でじっくり、自分と向き合う期間なんて、なかなかありません。
 
せっかくなら、暗く、重苦しい気持ちで過ごすよりも、何かアウトプットする期間にしてみませんか?
 
私もこの機会に、きちんと「ビジネス書」化できる自伝を書き直してみようと思っています。
 
みなさまのご参加、お待ちしております!
 

<講師・池口さんよりメッセージ>

優れた日記が「文学」と呼ばれるように、優れた自伝は「ビジネス書」になり得る――。

ビジネス書を100冊以上編集してそう感じるようになりました。

個人的な自伝も、ビジネス書も、「表現する」という点は同じで、発表するか、しないかの違いでしかありません。

しかし、その違いが大きく、「読まれる」ことを意識したとたん、クオリティは劇的に上がります。

ですから、本講座では、読者を想定した「編集者の視点」を意識し、クオリティを担保することを目的としています。

「商品」として成立するか否か。そのための要点さえ押さえれば、あなたの自伝が、誰かを励まし、誰かの背中を押す「ビジネス書」になるのです。

バリエーション豊かな「ビジネス書」が揃うことを、楽しみにしています!

 

スケジュール


2020年4月19日(日)11:00〜13:30

前半:11:00〜12:00(60分)
休憩:12:00〜12:10(10分)
後半:12:10〜13:00(50分)

ワーク:13:00〜13:20(20分)

まとめ:13:20〜13:30(10分)

 

コンテンツ


  • 文章を自分で書くことの効用

・書籍は10万部売れなくていいのかもしれない
・「日記」から「自伝」へ
・太宰治に学ぶ「他者のまなざし」
・「ポジティブ」な点に光を当てる
・ビジネス書編集者とジャーナリストの違い
・なぜ『半沢直樹』はファンを魅了するのか
・『HARD THIBGS』をザッカーバーグ氏が絶賛する理由とは?
 

  • 企画の作法

・ウィンウィンが企画書の鉄則
・基本スタンスは「ヒーローズジャーニー」
・あなたの人生の真実は1つではない
・企画趣旨に入れたい3つの要素
・自己満足の壁を越える
・「誇張」と「嘘」の絶妙なバランス
・タイトルにはじまり、タイトルに終わる
・あえて「売れるか」を考える
 

  • 自分に取材をしてみる

・自分年表をつくる
・世の中の出来事と重ねる
・トピックを際立たせる
・自分の価値観に気づく
・人前で話してみる
・なぜ、第三者の昔話は退屈なのか
・材料を「目次」に変える
 

  • 執筆の作法

・描きたいことは1つでいい
・文体の雰囲気を定める
・並べる、捨てる、やり直す、整える
・自分にツッコミを入れる
・実生活と執筆活動を逆転させない
・判断基準は「イタくないか」
・伴奏者としての編集者
 
【ワークショップ】
「ビジネス書」化したい要素を洗い出してみよう
 
【講座終了後課題】
・「目次」(1,000文字〜2,000文字程度)の投稿
・週1本提出×4回(締め切りは毎週月曜日:4月27日、5月4日、5月11日、5月18日)
 

イベント概要


参加条件:
Facebookアカウントをお持ちである、もしくはこれから登録予定であること。
gmailアドレスをお持ちであること(動画視聴に必要です)。
Wordファイルでの記事投稿ができる環境にあること(課題の提出に必要です)。

会場:

※本講座は、通信限定開催となります。

■通信受講・・・インターネットの安定した環境であれば全国どこでも
リアルタイムでの生中継・もしくは収録しアップロードした動画にてご視聴いただけます。

定員:20名

参加費:5,000円×2コマ(税別)
*ファイナルクラブ会員の方・プラチナクラス会員の方は半額で受講することができます。
*1コマのみの受講はできません。
*アウトプットとして、講座のほか、課題に対してのフィードバックがついてきます。
*天狼院のゼミにご参加されたことがなくても、ご参加いただけます。

参加方法


下記いずれかの方法でお申し込みください。

①メールでのご予約:お問い合わせフォーム より 件名に「4/19(日)企画講座 参加予約」とご記入の上、お名前とご連絡先)をお送りください。

②【チケット購入ページ】
※必ず、ページ下部の注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。

《PayPalでのお支払い》

*「会員価格」は、「ファイナルクラブ天狼院」会員の方がご利用いただけます。
*学割は25歳以下の方に適用させていただきます。(当日は学生証をご提示ください)

 

■支払区分(下記のドロップダウンメニューからお選びください)
■受講地



【注意事項】※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。
・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。
・有料無料問わず、講師、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。ただし、天狼院書店が許可した場合は、この限りではありません。
・最小敢行人数5名様(万が一中止の場合、前日までにお知らせ致します)。
・本イベントと類似するイベントを現に開催しているか、またはその予定のある方及びその関係者のご参加を、固くお断りします。当該事実が発覚した場合、お申込み受付後であっても、申込受付を取り消させていただく場合がございますので、ご注意ください。
・本イベントの内容の著作権は、講師および天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
 

お問い合わせ


お問い合わせフォーム
【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


関連記事