イベント情報

【11/29sun ファナティック読書会】天狼院は旅部ムード一色!今回は、「聖地巡礼したくなる本」を教えてください!


DSC_0015

こんにちは。スタッフ小島です。

これは、京都の遠隔スタッフ、三宅さんとも意見が一致するところなのですが。

土方歳三って、ちょーーーかっこよくないですか。

「燃えよ剣」を手に取ったのが、もはや運の尽きですよ。ここまでほれ込むことになろうとはね。もうこの際、明治政府に敵対したとか、教科書にはあまり取り上げられていないとか、そんなことはどうでもいいんです。すべては小説のクライマックス、彼が函館で命を落とす直前に放ったセリフのせい。このセリフ一つに、彼のすべてが込められています。そしてこれを聞いたら、彼のその当時の立場なんてどうでもよくなるに違いないですよ。

旧幕府軍は新政府軍に押され、戦いの流れは新政府軍のほうに傾いてゆきます。次々と味方の主要人物が命を落としていく中で、新政府軍の参謀府に一人で乗り込む歳三。参謀府の門番に引き止められ、降伏ならばそれなりの作法があろうと促された歳三は、何と言ったか?

「何を言う。新選組副長自ら参謀府に乗り込むとあらば、斬りこみにゆくだけよ」

どうですか。もう、全身の毛という毛が逆立ちませんか。かっこよすぎやしませんか。最後まで自分の生きざまを貫き通した土方歳三。彼がたった一騎で進んでいく姿に恐れおののき、本気で矢じりを向けられるものなどいなかった。狂気を感じるまでに自分の生き方に忠実だった彼に、私はすっかり魅了されてしまったのです。

そして、そんな私がこれを読み終わった後、どうしたか?

ええ、行きましたよ、函館に!!彼が新選組として活躍した京都に行くのもいいと思ったんですが、どうしても彼の最期の地を訪れたかったんです。近藤勇も沖田総司も、新選組の仲間とも離別してなお戦い続けた函館の地、どうしても行ってみたかったんです。

彼が命を落としたと言われている場所は何か所かあったんですが、一番有力な場所は「十字街」と呼ばれる場所でした。現在では路面電車の駅があり、大きな交差点を中心とした地域の名前。その朝クライマックスのシーンを読み返してきた私は、駅のホームで目を潤ませながら感慨にふけって突っ立っておりました(傍から見たら不審者ですが)。歳三は、五稜郭からここまで駆けてきたのかと。この場所で、まっすぐだった短い一生を終えたのかと。一緒に行った母からはかなり気味悪がられましたけど、やっぱり小説ゆかりの地を訪れるのには、ただふらりと寄っただけの時とはまた違った感動がありました。

アニメやマンガに登場する土地を訪れてみるという「聖地巡礼」、あまりにも作品が有名だとファンが殺到してときたま問題になることもありますが、これってやっぱりある作品が好きな人にとっては当然の心理ですよね。登場人物と同じものを見たいと思って、何が悪い。その世界観が実際に自分の周りに広がっていたなら、もっとその作品を深く知っていける糸口にもなる。さらに、本とその先の体験が、新たな体験を呼び寄せるきっかけにもなる。

だから実は、本と旅はとても相性の良い2人なんです。お互いに影響し合って、私たちの体験をどんどん押し広げていってくれる。天狼院書店が旅部を開催するのも、そんな蜜月があってこそ。そんなわけで今週のファナティック読書会のテーマ、決めました。本と旅のつながりを感じるテーマ、それは、

「聖地巡礼したくなる本」!!

読んでみて、この地を実際に訪れてみたい!旅行に行ってみたい!!そう思ったことのある本をお待ちしています!国内、海外は問いません。もちろん、SFやファンタジーとか、今現在は訪れることのできない場所でも構いませんよ(笑)。
私は「燃えよ剣」は今紹介しちゃったので、プリンスエドワード島が舞台の「赤毛のアン」と、ロンドンのビッグベンで起こる殺人事件のお話「帽子収集狂事件」を持っていきましょうかね……!

いつものように、初参加の方や聞き専の方のご参加お待ちしています!事前予約不要としておりますので、どうぞお気軽にいらしてくださいね。

それでは今週日曜日も朝9時より、皆様のお越しを心よりお待ちしております!

 

【概要】
日時:11月29日(日)
8:45 開場・受付開始
9:00 ファナティック読書会開始
*Ustreamでも配信いたしますが、ぜひ、来られる方は店にお越しくださいね。
定員:何人でも受け入れます!
参加費:1000円+1オーダー(ドリンクでもフードでも可)
*「年間パスポート」をお持ちの方は参加費が無料となりますので、1オーダーのみで参加いただけます。
場所:天狼院書店「東京天狼院」

【ファナティック読書会3.0について】ファナティック読書会とは、大好きな本を「ファナティック(熱狂的)」に紹介していただく、天狼院書店オリジナルの読書会です。思う存分、お好きな本をご紹介ください。それについて、語ってください。ジャンルは問いません。

【注意事項】
・参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。

 

【お申込は「Facebookページ」か「イベントお申込みフォーム」またはお電話でもお受けします】

【11/29sun ファナティック読書会】天狼院は旅部ムード一色!今回は、「聖地巡礼したくなる本」を教えてください!facebookイベントページ

イベント申し込みフォーム*こちらから直接お申し込みができます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

参加したいイベントの名前(必須)

イベントの日付(必須)

メッセージ本文

なにかご不明点あれば
お電話、お問い合わせをフォームにて承っております。

TEL:03-6914-3618

【お問い合せ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をして頂くだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方


関連記事