fbpx
イベント情報

【0630(thu)東京 夜ファナティック読書会】テーマは「世界の都市(まち)」 ~『本の世界地図』、作ります!~


***

サチエはエテラ港で、足元を歩くころっころのかもめに向かっていった。かもめは、
「何やってんの」
という顔でサチエを振り返り、トコトコ歩いて行ってしまった。
「かもめ……ねえ」
日本でかもめというと、かわいい水兵さんか演歌の脇役だが、フィンランドのかもめはどことなく、のびのびとふてぶてしく、またひょっこりしていた。このひょっこり具合が、自分と似ているような気がしてきた。
「かもめ……、かもめ食堂……、でいきますか」
またやってきた別のかもめに声をかけると、かもめはくりっとした目をぱちぱちっとさせた。
「はい、かもめ食堂。決定しました!」
サチエは小さく拍手をして、ふうっと大きく息を吐いた。港のそばの市場には、色とりどりの野菜や果物が並んでいる。観光客も多い。ネコがいるので、あらっと思ったら、その子はイヌのようにリードをつけられていた。そのリードを手にしていたのは、老夫婦だった。二人はゆったりと並んで歩き、前を行くネコの尻尾はぴんぴんに立っている。サチエはフフッと笑って、南側の屋内市場に歩いていった。

***

こんばんは、東京天狼院スタッフの野呂です。

これは、群ようこさんの『かもめ食堂』(幻冬舎文庫)の一節です。
主人公のサチエが、自分の理想の食堂を作るため、
単身でフィンランドに渡り、開店の準備のために、街なかを歩いているシーンです。

私はフォンランドには行ったことはないですが、
このページを読むたび、
なんだか、港ののんびりした空気と、
潮の匂いを感じられる気がします。

ころっころのかもめ、
市場の野菜や果物、
尻尾をピンと立てたネコ、
ゆったりと並んで歩く老夫婦……

かわいらしい風景が目の前に立ち現われて、
開店準備を進めるサチエと一緒に、なんだかウキウキできるので、
私の大好きな本の一冊です。

今回の夜ファナティック読書会のテーマは、『世界の都市(まち)』。

こんな風に、
お話の舞台に着目して本を集めたら、
世界一周旅行の気分が味わえるかも?

そして、今回の夜ファナティック読書会でご紹介いただいた本は、
何らかの形で、こちらで世界地図のようにしてまとめられたら、と思っています!

……おっと、これでは「え、夜ファナティック……って何よ?」って方もいらっしゃいますよね(笑)

天狼院書店では、毎週日曜日の朝、「ファナティック(熱狂的な)読書会」という読書会を開催しております。
会の進行役(マスター)が、毎週異なるテーマを設定し、そのテーマに添ったおすすめ本をお客様に紹介していただいております。(お手元に現物がなくても大丈夫です。)

これまでには、2/22にちなんで「猫」、「もし世界一周の旅に出るなら、どの本を持って行くか?」、一度は諦めかけたけど……それも読みたい「挫折本」、自分の萌ポイントをディープに語れる「フェティシズム」……といったテーマでいろいろな本をご紹介いただきました。
お客様のテーマ解釈のひねりも面白く、「猫」ファナの際もは、「大熊猫(パンダ)」の本を紹介してくださった方もいました。

そして、この読書会のすごいところは、ただ紹介する会というだけでなく、なんと紹介いただいた本をその場で発注しちゃうんです!
そして、出版社に在庫のある場合(稀にない場合もあるのでその時はご了承ください)、ご紹介いただいた本は一時的に店頭の「ファナティック棚」に並びます。
つまり、自分の選書した本が、他のお客様に買われるかもしれない! ということです。
実際、天狼院に来たお客様で、この常に移り変わっていくファナティック棚を見て、「運命を感じた」と言って本を買っていかれる方もたくさんいます。素敵でしょ?

そんな素敵な「ファナティック読書会」ですが、なかには、「日曜の朝では予定がつかない」「どうしても起きられない(それは私か)」という方もいらっしゃるようで、興味はあるけど参加できないという声がちらほら上がっておりました。
そこで、不定期開催で行われているのが「夜ファナティック」です。平日の夜に、この素敵な読書会が行われるようになりました。
「夜ファナティック」、基本的なルールは通常ファナティックと同じなのですが、日曜朝のすがすがしいファナティックとは違い、お酒を飲みながら、ほろ酔い気分でよりファナティック(熱狂的)に、時にはディープに本を語ることができると、大変ご好評いただいております。

今回のテーマは「世界の都市(まち)」。

(今回はちょっと難しい? かもしれませんが、)テーマの拡大解釈万々歳です!

聞き専(紹介はせず、聞くだけの方)も大歓迎です!
きっと、一人で書店を歩くだけでは出会わなかったかもしれない、
素敵な本に出逢えると思います。

6月30日木曜日の夜、お酒を片手に、小さな本屋で「プチ世界旅行」を楽しみませんか?

【概要】
日時:6月30日(木)
19:30~21:30 (19:15受付開始)
定員:何人でも受け入れます!
参加費:1000円+1オーダー(ドリンクでもフードでも可。)
※プラチナクラスにご加入の方は、半額でご参加いただけます。
場所:東京天狼院

【天狼院書店とは】
現在、池袋、福岡に2店舗を構える書店。
本を読むだけでは得ることのできない体験や知識『READING LIFE』の提供をテーマに掲げ、イベントの開催、カフェ事業、映画館事業などを通して様々な体験を提供しています。

【ファナティック読書会とは】
ファナティック読書会とは、大好きな本を「ファナティック(熱狂的)」に紹介していただく、天狼院書店オリジナルの読書会です。思う存分、お好きな本をご紹介ください。それについて、語ってください。ジャンルは問いません。
また、ご紹介いただいた書籍をその場で発注し、店頭に並べるというしくみをとっている、書店だからこそできる読書会となっています。

【注意事項】
・参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。

【お申込は「Facebookページ」か「イベントお申込みフォーム」またはお電話でもお受けします】

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。




天狼院への行き方詳細はこちら


2016-06-16 | Posted in イベント情報

関連記事