イベント情報

【9/11 ファナティック読書会】「女と男」の神秘に迫る!いくら考えてもわからない、わかりあえない女と男!恋でも専門書でも新書でもエッセイでも!男女の違いって面白い!と思える本について語ろう!《初心者/一人参加大歓迎》


13988901_1187451567996446_781189375_n

*このイベントは、「読/書部」の部員になると、無料で参加できるようになります。
「読/書部」について詳しくはこちら

★ファナティック読書会では「ハラハラドキドキ月間」開催中です
【天狼院ファナティック読書会「ハラハラドキドキ」月間スケジュール】
8月14日 ファナティック読書会 テーマ:「グサグサ胸に刺さる本」
8月21日 ファナティックGP テーマ:「ベスト・オブ・ミステリー」
8月28日 ファナティック読書会 テーマ:「片思い」(*ファナティックGPチャンピオンになったお客様がマスターの読書会です)
9月4日 ファナティックGP テーマ:「徹夜必至の一気読み本」
9月11日 ファナティック読書会 テーマ:「女と男」
*内容は、予告なく変更する場合がございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、ファナティック読書会マスターの川代です。

私は、もともと、男と女の「性の違い」みたいなことを考えるのがとても好きです。

ジェンダー論を専攻していましたとかそういうことではなく、ただ、単純に、ああ男ってこういうところがあるんだなとか、女ってこういうところが男とは違うんだなとか、そういう傾向みたいなものを見つけるのがとても面白いのです。

たとえば、私は女ですが、男とわかりあえないことがあると、腹がたつのと同時に、「面白い!」という感情が湧き上がってきます。

「話を聞かない男、地図が読めない女」という本も随分熱心二読みました。単純に、男脳、女脳の違いを知ること、女としての自分にはない感覚を持っている、男の人の考え方を、もっと知りたいといつも思うのです。

たとえば、私が理解できないのは、高校生や大学生などの若い男の子が、笑いに対してあまりに真剣すぎること!!

女子にも笑いを取りにいく文化はありますが、男子は本当に命をかけるように笑いを取りに行く。
自分が本当はやりたくないことでも、それで周りに受けるのであればすすんでやる。
こりゃ、どういうことなのでしょうか?
一度、あまりに不思議だったので、同級生の男の子に「なんでそんなに笑いに走るの?」と聞いたら、
「俺は本当はやりたくないし、いじられキャラって柄じゃないけど、それでみんなが笑ってくれるなら、犠牲になる」と言ってたのです。

いやいや、そんなに嫌ならやめればいいのに……。
と思ったのですが、その男の子の笑いに対するプライドは半端じゃなく、うーん、どういうこっちゃと、男と女の違いを実感したのでした。

ということで、今回の読書会のテーマは「女と男」!

「これって女って生き物を表してるよなあ」
「そうそう! 男ってこういうところが面白いんだよ!」

そんな本をお持ちいただければと思います!
もちろん、女と男の関係性をうまく表している小説でもいいですし、
はたまた性の違いを学術的に説明してくれる本でもいいですし、
エッセイでも、漫画でも、なんでも大丈夫です。

「そうだよなあ、女と男ってこうなんだよなあ」と思わされる本をお持ちいただければと思います。

女と男の違いについて、この読書会を通して面白い発見があればいいなあと思っています!

この「女と男」、研究テーマとしては、かなり面白いのではないかと!! 

女の恐ろしさがわかる本でも、
男のアホさ加減に大笑いする本でも、なんでも大丈夫です。

楽しみにしております!

【ファナティック読書会とは】
天狼院書店で毎週日曜日の朝と、不定期で平日の夜に開催されている、ファナティックに(熱狂的に)好きな本を語り、紹介するという賑やかな読書会です。

会の進行役(マスター)が、毎回異なるテーマを設定し、そのテーマに添ったおすすめ本をお客様に紹介していただいております。(お手元に現物がなくても大丈夫です。)
過去のテーマですと、主人公・ストーリーが「狂」っている本、2/22にちなんで「猫」、「もし世界一周の旅に出るなら、どの本を持って行くか?」、一度は諦めかけたけど……それも読みたい「挫折本」、自分の萌ポイントをディープに語れる「フェティシズム」といったテーマでいろいろな本をご紹介いただきました。
お客様のテーマ解釈のひねりも見どころのひとつで、先日の「猫」ファナの際、「パンダ」の本を紹介された方もいました。(パンダは大猫熊と書くそうです)
一つのテーマで、多種多様な本が一堂に会するので、普段一人で書店をふらついているのでは出会わないような素敵な本にたくさん出会えます。

そして、この読書会のすごいところは、ただ紹介する会というだけでなく、なんと紹介いただいた本はその場で発注され、店頭の「ファナティック棚」に並んでしまうということです。
つまり、自分の選書した本が、他のお客様に買われるかもしれない! ということです。
実際、天狼院に来たお客様で、この常に移り変わっていくファナティック棚を見て、「運命を感じた」と言って本を買っていかれる方もたくさんいます。

毎回3割前後は初めてのお客様ですが、「その本知ってるー! 私も好き!!」「あ、それずっと気になってた! そんなお話なんだ、いいな!!」「そんな本があるんだ! すっごく気になる!!」などと、一見さんも常連さんも関係なく盛り上がります。
その熱気は、何年来の同窓会のよう。

そんな、ゆるく賑やかな読書会に、あなたも参加してみませんか?

【参加方法】
天狼院書店にお電話でお申し込みいただくか、こちらのフェイスブックページから参加ボタンを押してください。

■イベント概要:
日時:9月11日(日)
8:45 開場・受付開始
9:00 ファナティック読書会開始
定員:何人でも受け入れます!
参加費:1000円+1オーダー(ドリンクでもフードでも可)
*CLASS天狼院「プラチナクラス」にご加入の方は「半額」で参加できます(*1オーダーのみ)
*「月刊天狼院書店」編集部(読/書部)の方は「無料」で参加できます(*1オーダーのみ)
*「天狼院のスタッフ」および「学生読み人」も参加いたします。

■注意事項:
参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
場所:東京天狼院(東京池袋)/福岡天狼院(福岡天神)

【「月刊天狼院書店」編集部(読/書部)について】
リーディング系の全てのイベントに大変お得な値段で参加できる「パーフェクトセット」です。
「月刊天狼院書店」編集部編集会議(1回¥3,000×2回=¥6,000)
読/書部リーディング&ライティング講座(1回¥5,000)
ファナティック読書会(朝1回¥1,000×2回=¥2,000・夜1回¥1,000×2回=¥2,000)
ファナティックGP(朝1回¥1,000×2回=¥2,000)
文ラボ(1回¥1,000)
著者1日店長イベント(1回¥2,000)
=合計11イベント通常¥20,000/月(¥1,818/1イベント)
⇒パーフェクトセット特別価格¥10,000/月(¥909/1イベント)
⇒プラチナクラス価格¥5,000/月(¥454/1イベント)
詳しくはこちら

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618
FAX:03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021

福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


関連記事