イベント情報

【限定10→満席御礼/動画配信スタート】天狼院書店店主・三浦の「最強の本の読みつぶし術」〜読書を最大限に人生に生かす技術を徹底的に学ぶ「リーディング・ライティング講座」〜


❏12月8日(木)におこなわれた大好評の講座「店主・三浦の『最強の本の読みつぶし術』」
通信でも動画で受講いただけるようになりました!

天狼院書店の山本です。

天狼院書店・店主の三浦は、経営者であるかたわら、プロのライター・編集として、これまでビジネス書を何冊も手がけてきております。
6月には、雑誌『AERA』のコーナー「現代の肖像」で5ページにもわたって特集が組まれるなど、
3年前にオープンしたばかりの天狼院書店ですが、おかげさまで、取り組みが注目されています。

そんな店主・三浦は、長年、ビジネス書のプロとして、あらゆる本を読破してきました。
営業戦略では、ビジネス書の名編集者と言われる多くの方々とタッグを組み、ある特殊な販売方法で、驚異的な数値を叩き出してきました。
実際の経営においても、天狼院書店は、二次曲線的な成長を示しています。
メディアにも数多く取り上げていただいており、3年間で、メディア掲載回数は、実に162回を超えています。

《テレビ》
NHK、日テレ、フジテレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、BS11、NHKBSプレミアム、BS朝日、KBC放送ほか
《ラジオ》
NHKラジオ第一、文化放送、日本放送、J-WAVE、KBCラジオほか
《新聞》
日経新聞1面(春秋)、日経MJ、読売新聞、産経新聞、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、神戸新聞、日刊ゲンダイほか
《雑誌》
AERA「現代の肖像」、週刊文春、BRUTUS、FIGARO、Ozマガジン、散歩の達人、ダ・ヴィンチ、東京Walker、週刊ダイヤモンド、男の隠れ家、致知、GOETHE、女性セブン、週刊女性、ar、週刊ポスト、日経デザイン、&プレミアム、日経WOMAN、編集会議、日経トレンディ、vikka、GINGER、THE21ほか
《Web》
多数

》これまでのメディア掲載はこちら

 

「本の力を、どこまでも信じている」

と店主・三浦は言います。
ある分野で突き抜けたいというとき、本屋の棚の端から端まで大量の本を買い込み、片っぱしからそれを読んでいくといいます。

その読み方が、驚異的なのです。

ただ、読むだけではないのです。
本当に、文字通り、「読み潰すとは、こういうことか」と唸らざるをえないほど、徹底的に、本を理解し、実際に活用しているのです。

代表的なものが、こちら。

「マーケティングを極めたいなら、この本だけを、とことん読み込めばいい」という一冊。

『コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント』です。

967ページにもわたる分厚い本は、このようにボロボロ。著作の関係上残念ながらお見せすることができないのですが、びっしりとメモが書き込まれ、ふせんがこれでもかというほど貼ってあります。

現在のマーケティングや経営の手法の多くは、この本から基礎を学んできたといいます。

とにかく、あらゆるビジネス書の名著を読み込み、理解し、ビジネス書の何たるものかを知り尽くしている三浦は、ビジネス雑誌である『週刊ダイヤモンド』に「目利きのお気に入り」というコーナーを連載で持っていたり、さらに、とある大手ビジネス雑誌の新連載が決まっています。

また、直近では、12月23日・24日『ダイヤモンド・オンライン』にて、吉祥寺「小ざさ」についての名著『1坪の奇跡』の記事を連載しています。

■第2回 吉祥寺「小ざさ」は世界最強のビジネスである!1坪2品で3億円を売り上げ、40年間行列を途絶えさせない秘密

■第1回 僕が『1坪の奇跡』を読んで15坪の本屋を開いた理由

この記事はランキング1位を獲得し、公開されるやいなや、Amazon上の在庫が売り切れ、たちまち書籍の重版がかかりました。

なぜ、この小さな書店が、受講生1,600名を超えるゼミを生み出すことができているのか?
なぜ、この小さな書店に、メディア出演の依頼がひっきりなしに来るのか?

ただ闇雲にいろんな本を読み漁るのではなく、戦略的に読書をし、バイブルと言えるまで徹底的に読み込み、実践したからこそだと、三浦はいいます。

そんな、天狼院店主・三浦による

「最強の本の読みつぶし術」講座

が12月8日(木)に開催されました!
おかげさまで、こちらの講座はたいへんご好評をいただき、多くの方にお越しいただきました。

また、年末の今の時期、毎年恒例である天狼院の福袋2017も、多くの方にお買い求めいただき、たいへんご好評をいただいております。

そこで、本をゆっくり読む時期に合わせ、こちらの講座をよりご活用いただけるよう、店主三浦の「最強の本の読みつぶし術」の講座を、動画配信で受講いただけるようにいたしました!

今回の講座は、ビジネス書や実用書にポイントをフォーカスし、読みつぶし術を解説しております。

最近であれば、カメラを極めたいと思っている三浦は、実際に、ある日、カメラに関する大量の本を買い込んで、とにかく暇があれば読んでいました。
どこもかしこにも、技術を学ぶための本が置いてありました(なんと、トイレまでにも!)。そこにも、三浦の徹底した本の書の読み方が、隠されています。
単発講座としては、三浦が公に語る、初めてのインプット論かもしれません。

 

❏読んだあとは、アウトプットまでして初めて「読書」!
天狼院の読書メディア「リーディング・ハイ」の投稿権が得られます

今回の「最強の本の読みつぶし術」講座は、リーディング&ライティング講座の一環であり、参加していただいた方には、アウトプットの機会もご用意しております。
「読む」だけでなく、アウトプットして初めて「読・書」である。天狼院は、そう考えています。

天狼院が定義する読書とは、「書を読む」ではなく「読」んで「書」くこと。
つまり、読んだものを書くことではじめて、本の内容を最大限吸収できるのです。

ということで、受講生の方は、天狼院の読書メディア「リーディング・ハイ」を書いていただく権利を1ヶ月間(週に1回×4)、得ることができます。
これは、簡単に言うと「読書感想文」のようなもの。ただし、ひとつ違うのは、ただ「本の感想を書く」のではなく、「本を売ることを意識して書く」ということです。

過去のお客様のリーディング・ハイの記事も、こちら からぜひご参考ください。より、イメージがしやすくなると思います。

今回の「読みつぶし術」講座を通信でご受講いただいた方も、この「リーディング・ハイ」の投稿権が含まれておりますので、是非トライしてみてくださいね!

 

読書を最大限、人生に生かし、未来を切り拓く。

そんなきっかけの講座となること間違いありません。

今回、通信での講座配信ということで、【限定10名様】の募集とさせていただきます。
 → *最新(12/31 16:00):10名様満席になりました!

店主・三浦は、何度も言います。
今の天狼院を作り上げるのに勉強してきたことは、すべて本から学んできた、と。

ただ読むだけで終わるのではなく、実践につなげる読書術。ぜひこの年の初めのうちに体得いただければと思います。

 

【お申し込み方法】

*限定10 → 10名様満席になりました! ご好評をいただき、誠にありがとうございました。

◆【通信】天狼院書店店主・三浦の「最強の本の読みつぶし術」〜読書を最大限に人生に生かす技術を徹底的に学ぶ「リーディング・ライティング講座」〜 5,000円

*こちらは、動画配信による通信受講での講座となります。
*12月8日(木)に開催された
【12/8Thu 読/書部】天狼院書店店主・三浦による初講座「最強の本の読みつぶし術」!読書を最大限に人生に生かす「読んで書く」技術を徹底的に学ぶ「リーディング・ライティング講座」《初心者大歓迎!》
の講座を収録したものです。
*配信する動画は、当日会場でご参加いただいたお客様の発表の部分を省いたものとなっております。
*動画の視聴にあたって、Gmailのアドレスが必要になります(お持ちでない方は、お作りいただきますようお願いいたします)。
*お申し込み後、動画の視聴方法/リーディング・ハイ投稿にあたってのご案内のメールをお送りさせていただきます。

【講師プロフィール】三浦崇典(Takanori Miura)

1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。映画『世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~』監督。ライター・編集者。著者エージェント。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。

NHK「おはよう日本」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、雑誌『商業界』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場

 

【リーディング&ライティング講座とは?】

いつもありがとうございます。天狼院書店店主の三浦でございます。

本屋全体を雑誌にしてしまう前代未聞のプロジェクト「月刊天狼院書店」や、
読書会をエンターテイメントにまで高める「ファナティック・グランプリ」など、
新しい読書のかたちを提案している「月刊天狼院書店」編集部、通称「読/書部」で、ついに中核となる「体験(イベント)」がローンチされます。

それが、読/書部「リーディング&ライティング講座」です。

❏この”体験”があなたの中で一連の”ストーリー”となる

そもそも、読書という「体験」とはどういうものでしょうか?

まずは、書店やインターネット上で、あるいは人やメディアの紹介などによって、その本との「本」との出合いがあると思います。
「出合い」こそが読書のスタート地点になります。

皆様が本とのいい出合いができるように、天狼院では様々なイベントや仕組みを用意しました。

ファナティック読書会
夜ファナティック読書会
そして、ファナティックの最高峰「ファナティックGP」によって、参加者の皆様にご紹介いただいた本との数多くの「出合い」があることでしょう。

書店全体を雑誌にしてしまうという「月刊天狼院書店」でも、「月刊」ですから毎月入れ替わるので、ここでも本とのいい「出合い」が期待できます。

そして、読/書部「リーディング&ライティング講座」で、読んで、書くことの作法を習得していただき、単なる読書ではなくて、あなたの人生にとってかけがえない「体験」にまで昇華していただくのが目的です。

本と「出合い」、本を「読み」、そして「書く」。

この”体験”があなたの中で一連の”ストーリー”となります。

リーライ講座

 

❏読/書部「リーディング&ライティング講座」とは?

ところで、みなさま「読/書部」には「読」と「書」の間に「/(スラッシュ)」が入っていることに気づきましたでしょうか?

「読書」とは、通常、「書を読む」と漢文的にいえば「レ点」で返して読みますよね。

けれども、天狼院の「読/書」の定義は違うんです。

「読/書」=「読む」+「書く」

つまり、「読んで書く」ことによって、はじめて成立するのが「読/書」だと天狼院では考えます。

なぜなら、「読んで」インプットしただけでは、読書は十全ではないんですね。
せっかく、本を買うのにお金を費やし、本を読むのに時間を費やしたとしても、ただそれだけではその本の「エッセンス」を十分には吸収することができません。
「書いて」アウトプットすることは、読むことを「リフレーン(反復)」することであり、ポイントを絞り込んで自分と確認する作業であり、そうすることによってようやく「読/書」は完成するのだと思います。

ただ、我々は評論家でも、ましてや学者や博士でもないので、本を分析する必要はありません。

我々は、あくまで本が好きでしかたがない「読み人(よみびと)」です。

ある特定の一文やワン・シーンのみを「切り抜いて」、それを中核に据えてエッセンスを自分の中で再配列させる、新しい読書の仕方をここでは提唱いたします。

それが天狼院が考案した「プロジェクション方式」と呼ばれる独自の方法論です。

簡単にいえば、「本のエッセンスを自分の人生に”投影(プロジェクション)”する方法」のことです。

具体的に、どうやって、本のエッセンスを自分の人生に投影させるのか?

詳しくは、読/書部「リーディング&ライティング講座」の本講座でお教えすることに致しましょう!

それではなぜ、わざわざ天狼院書店は、読/書部「リーディング&ライティング講座」を開講するのでしょうか?

それは、天狼院肝いりの新しい読書メディア「リーディング・ハイ」を立ち上げようとしているからです。
そして、その新しいメディアに、皆様にも本格的に参加していただこうと思っているからです。

 

❏新しい読書メディア「リーディング・ハイ」

世の中は様々な「書評メディア」というものがあると思います。
大手の雑誌や新聞がやっているものもありますし、ブロガーさんがやっているブログ・メディアもあります。

実は、僕もとある大手週刊誌や月刊誌で書評の連載を持っていて、また、様々な雑誌やメディアで書評を頼まれることも多いのですが、実はこの「書評」という形式があまり好きではないんですね。

なんというか、この「評」する、というのが「上から目線」で苦手なんです、自分も連載を持っているくせに苦笑。

それですから、Webメディアでの発信力が強いと言われている(月間アクセス数平均50万PV)Web天狼院書店では、積極的には「書評」的な記事を上げて来なかったのです。

もし、天狼院がやるのなら、お客様に有益で、そして何より、本を上から目線で評するのではなく、むしろ逆に、いかにその本がすばらしいかという論点で記事を書き連ねよう、と考えてきました。

そして、この度、その準備が整いました。

ファナティック読書会とは、まさにそれを体現している読書会です。

本当に熱狂的(ファナティック)に好きな本を、熱狂的に他の参加者の方にすすめる会です。

これのメディア版が「リーディング・ハイ」なのです。

ここの「ハイ」は、ハイテンションの「ハイ」です。本を読んでハイテンションになった、その熱情をキーボードにぶつけて、熱量の高い記事なる。

それを理想としております。

天狼院でも、その形式で書かれた記事がございます。

大人気「天狼院秘本」に関する記事です。

いっそ、駄作ならよかったのに。【糸井重里秘本】

【四代目「天狼院秘本」】もしあなたが少しでも「生きづらい」と感じていたら、あるいはこの本が特効薬になるかもしれない

【五代目「天狼院秘本」】読み通すまでに3度泣き、静かに、1,000冊買い切る覚悟を決めた。

これらの記事は、本を多くのお客様に知ってもらう、きっかけとなった記事です。
「糸井重里秘本」は、30時間で1,000冊が売り切れました。主に通販での販売でした。
また、四代目秘本も、2冊セットが現在440セット以上売れています。
そして、五代目秘本は、発売前から特別に販売させてもらいましたが、おかげさまで現在11万部を超えるヒットとなっています。

大好きな本を、本当に多くの方に読まれています。

もっとも、これらの文章はすべて「秘本」という特性上、内容が明らかになるような記述は一切しておりません。
「リーディング・ハイ」では、もっと、自由な書き方をしてもいいでしょう。

たとえば、こんな記事です。

【おそ松さん】書店員が本気出して松野家の六つ子が読んでそうな本を選んでみた《あのキャラが読んでそうシリーズ》

これは、天狼院のスタッフ川代紗生が書いた記事ですが、twitterやFacebookなどで拡散に拡散を重ね、現在この記事だけで70,000PVを超えています。
こうした、遊びがある記事もいいでしょう。

また、こんな記事もいい。

あの日のぼくらの、キャッチボール《三宅の妄想京都天狼院》

新しい読書メディア「リーディング・ハイ」では、様々なかたちで、その「本」の魅力を伝えていきたいと思います。
そして、読/書部「リーディング&ライティング講座」では、読み方、書き方のみならず、どうやって伝えればその「本」がもっと多くの人に広がるかも研究したいと思います。

こういう流れで、月に1度、第二木曜日の夜に読/書部「リーディング&ライティング講座」を開催します。

 

【読/書部「リーディング&ライティング講座」の流れ】

《前半:講義》「プロジェクション方式」「ABCユニット」を身につけるための講義

【読】
1.読む中でノミネート《ドッグ・イヤー》
2.視覚化してエントリー《ハイライト》
3.1文(1シーン)を選ぶ《セレクション》

【書】
1.選んだ1文(1シーン)をキールに据える《キール》
2.自分の人生に投影させ、書くためのユニット(構成)を完成させる《プロジェクション》
3.即興で派生させながらコンテンツ(記事)に昇華させる《リリース》

(休憩)*課題文を個人で解析(課題文は当日発表します)

《後半:ワーク・ショップ》
・《ワーク・ショップ》課題文解析「その記事はなぜ多くの人の心に響いたのか?」など

《課題》ワーク・ショップで時間があれば、自分が紹介したい本の紹介をする場合があります。「リーディング・ハイ」を書きたいと思っている本をお持ちください。

毎回、盛りだくさんの講義となります。
ワーク・ショップがありますので、様々な方と交流し、楽しみながら学ぶことができます。
課題文は、毎回、違ったものを用意します。お客様の記事も、もちろん、課題文になる可能性がございます。

❏アクセス数でチャンピオンを目指す「リーディング・ハイGP(グランプリ)」に参戦できる!

そして、この講座に参加の皆様には、新しい読書メディア「リーディング・ハイ」に、毎週投稿チャレンジする権利があります。
(*直近の講座に参加されている方、「月刊天狼院書店」編集部の方にチャレンジ権が発生します)

同時に、毎週純粋にアクセス数(PV数)で競う「リーディング・ハイGP(グランプリ)」も参加していただくことができます。
1シーズン8戦(8週)戦い、順位に応じてポイントを獲得し、チャンピオン獲得を目指します。

1位 10ポイント
2位 8ポイント
3位 6ポイント
4位 5ポイント
5位 4ポイント
6位 3ポイント
7位 2ポイント
8位 1ポイント

また、「リーディング・ハイGP」で投稿したアクセス数は、変換(100pv=1ポイント)されて、「ファナティックGP」における永久不滅ポイントにも加算されていきます。
そして、「リーディング・ハイGP」は、Web天狼院書店全体でアクセス数を競う「メディア・グランプリ」のエントリーも兼ねておりますので、ここで総合チャンピオンを目指すこともできます。

ファナティック・グランプリ詳細
天狼院メディア・グランプリ詳細

そして、この中でも、素晴らしかった記事は7月20日に創刊予定の「月刊READING LIFE」に掲載されます。

と、盛りだくさんの読/書部「リーディング&ライティング講座」。

まずは皆様、ぜひ、お気軽に参加してみてください。
オープン講座なので、単講座での受講も可能です。
また、「月刊天狼院書店」編集部、通称「読/書部」に入部いただくと、大変、お得な価格で参加できますので、継続して参加したい方はそちらをおすすめいたします。

【注意事項】
・参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・投稿した文章、会において発言し、収録した内容については、東京プライズエージェンシー(天狼院書店の運営会社)がWeb、動画、音声、印刷物等として利用をすることを承諾したものとみなします。*掲載できない内容は、事前に「オフレコ」と担当者にお伝え下さい。本名での参加に不都合がある方は、ご自身で「ペンネーム」をご準備ください。


関連記事