TOEICパーフェクトゼミ

【2月開講】TOEICスコア伸び悩みの壁を破る!「天狼院 TOEICゼミ」2ヶ月間の集中講座で、新年度ベストスコアでスタートを切ろう!《東京/京都/全国通信対応》


こんにちは、英語学習コンシェルジュの porpor こと渡邉淳です。

「TOEICのベストスコアを、なかなか更新できない……」
「スコアが頭打ちで、どう勉強すれば上のスコアが出るのかわからない」

天狼院書店にいると、そんな英語のスキルアップを望む多くのお客様、特に「TOEIC の点数を伸ばしたい」という声を、多く耳にします。そこで、私は心の中でいつも問いかける質問があります。

あなたのTOEIC学習法は、スコアアップへの最短の道ですか?

巷には、さまざまな TOEIC 学習法が溢れてかえっています。どの方法もスコアアップに役立つことは間違いありませんが、その方法が自分にとって最適なのかはわかりません。

そこで、たくさんのお悩みの声にお応えして開講するのが、「天狼院TOEICゼミ」です。

このゼミでは、私が TOEICでパーフェクトスコアラー(990点満点)になるに至った《秘伝のタレ》となるスコアアップの方法論をお伝えし、体験していただきたいと思っております。

TOEICを受けられる理由は、人それぞれ、無限にあると思います。しかし、勉強にかけられる時間は、残念ながら無限ではありません。

私は現在、TOEIC 学習を 10 年以上継続し、満点を7回取得しています。新形式になった5月の試験でも 990 点満点を取得することができました。

日々の TOEIC 学習を積み重ね、満点を取ることができたおかげか、できることや仕事の幅も広がり、英語関連書籍やコラムの編集・執筆、大学や専門学校で講師を務める機会にも恵まれています。皆さんもTOEICのスコアを取得することによって、自分の可能性を広げてみませんか?

私は実際に学習者と会うことを通してわかったことがあります。それは、多くの方が、共通の壁につまずいている、ということです。

「730点を突破する」

スコアによって、壁が存在するのです。「これらの壁をなかなか突破できない」という悩みをお持ちの方は、共通のポイントでつまずいてしまっているようです。

共通のポイントとは、

「『公式問題集』をやりこむ」ことができているか?」

と同時に、

「『公式問題集』だけでは補えない部分を補完できているか?」

ということなのです。

「そんなの当たり前でしょう、『公式問題集』はやっているよ」
「学習本は何回も繰り返しやっているよ」
「自分でTOEIC本を使って、学習を進めているよ」

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

……が、本当に、そうでしょうか?

本当に、その学習法で、『公式問題集』を「やりこんでいる」と言い切れるでしょうか?
本当に、自分で選んだ学習本を用いて、「『公式問題集』を補完できる学習をしている」と言い切れるでしょうか?

スコアアップの壁を突破するためには、問題を解いた回数が多ければ良いというわけでもありません。マークの番号を覚えてしまえば、何回だって解くことは可能なのです。

『公式問題集』やTOEIC本を解く際には、「質」を突き詰めること。

これが必要となってきます。逆に、「質」が担保されていなければ、何回取り組んでも、意味がない学習となると言っても過言ではありません。

そこで、「天狼院 TOEICゼミ」では、以下の3点を守ったご提案をします。

・効率のよさ
・誰でも真似できる
・ハイスコアを追求する

TOEIC の各 Part の学習法を、事細かにご説明いたします。これまで、TOEIC 学習を10年以上継続し、100冊以上のTOEIC本に目を通してきた私が得た、スコアアップのための近道をお伝えします。
みなさんがその日から取り入れられるものになっていると自負します。

今回は、「730点の壁を越える」ための集中型ゼミということで、〔全4回・2カ月〕で、効率よくスコアアップを叶えるための、短期集中の講座をご用意いたしました。

■ 第1講:3カ月後のラストシーンを描こう(目標設定編)&マルチタスクを当たり前にしよう(Part 3,4 編)《2017年2月6日(月)19:30〜21:30》
■ 第2講:英語の文章に溺れよう(Part 7 編)&英語の語順に逆らわない(Part 5, 6 編)《2017年2月20日(月)19:30〜21:30》
■ 第3講:英語と映像(イメージ)をつなごう(Part 1,2 編)《2017年3月6日(月)19:30〜21:30》
■ 第4講:受験前に最高の準備をしよう(直前対策編)《2017年3月20日(月)19:30〜21:30》

最終講義は、【4月9日(日)】に開催される TOEIC の直前です。この日を目標とし、点数を越えられるよう2カ月間、集中して学習してまいりましょう。

さらに、「講義を聞いて終わり」の状態になるのではなく、講義と講義の間にも、ゼミという学習に最適な環境を最大限活用していただけるよう、さらなるコンテンツをご用意しております。

 

❏WORKの「2週間の学習計画」+「宣言道場」でPDCAサイクルを作れ!

「時間ができたらやろう」では TOEIC の学習は進みません。そのような考え方の人の元に時間はやってきません。

そこで、WORK の時間にご自身の「学習計画」を立てていただきます。具体的に計画を作成し、その通りに過ごしていただきます。

ですが、こっそり目標を立てるだけではインパクトに欠けますよね。そこで、他のゼミ生に向かって宣言をしていただきます。WORKの時間に発表をしてもらうことに加えて、Facebook グループ上で「宣言道場」を開きます。他人に「自分のやろうとすること」を明かすことによって、自分を追い込むのです。やると決めたのであれば、とことんやりましょう。それくらいをしないと、短期間でハイスコアを狙うことはできません。公開宣言効果を有効活用しましょう。

また、ビジネスでは有名な PDCA サイクルを回していただきます。

P:2週間の学習計画(=学習計画)
D:計画に対する独学(=2週間の自習)
C:学習計画や弱点の分析(=7つの質問)
A:CHECK に対する独学(=7つの質問)

毎回、ぼくからゼミ生に「7つの質問」を投げかけます。みなさんはそれにお答えいただく形で、PDCA サイクルを回す準備が整っていきます。

 

❏課題図書という名の「宿題」で独学を身につけよ!

私は独学の方法を講義でお伝えいたしますが、その内容を一人で実施するのはなかなか大変なことであります。というのも、家に帰れば、お尻を叩いてくれる人がいないからです。私も独学で990点に至るまで、この点は非常に悩みました。自分から湧き上がるモチベーションだけを頼りにするのは心もとないんですね。ですから、外部に頼るわけです。

そこで、このゼミを徹底活用してください。講師の私が徹底的に監視をいたします。

今回のゼミでは、「宿題」を出します。個々が必要な学習をやっていただくのはもちろん、ゼミの参加者全体で必要な同じ課題に取り組んでいただきます。課題があることで、日々の学習のリズムを構築するきっかけとなっていくのです。

 

❏Facebook グループでの「学習記録」で火をつけよ!

もう一つ「宿題」を出させていただきます。それは、日々の学習の記録です。

皆さんには、非公開の Facebook グループに日々の学習記録を書いていただきます。自分の学習を可視化でき、次への原動力になります。書き込んでいただいた学習記録には、私が適宜、コメントをつけさせていただきますので、積極的にご活用ください。

この「学習記録」は、高い効果があることが証明されています。これまで、天狼院の「TOIECゼミ」を受けた方は、「やったことをすべて記録したことが学習の推進力になった」と強くおっしゃっていました。そして実際に、TOEIC 本番で、最高得点を叩き出したのです。

記録することは面倒なのではないかと思われるかもしれません。けれど、自分の学習が積み重ねっていく様子を見るのは効果的ですし、モチベーションにつながります。一方、何も学習をやらなければ書くことはありませんから、それもモチベーションに変えることはできるでしょう。

また、他のゼミ生の様子を見ることによって、学習意欲に火がつくことは間違いありません。「負けていられない」という気持ちを使えるのも、ゼミというグループとして受験するメリットです。

 

❏100冊以上の対策本から選定した「最強のレコメンド本」リスト

私はこれまで 100 冊以上の TOEIC 対策本に目を通しました。自分が実験台となることによって、非効率な学習方法を見極めました。そして、「何が最も効果的なのか」を発見できたと感じています。

今回、スコアアップに直結する本を厳選し、ご紹介します。初回の授業にリストをお渡しし、学習イメージを作っていただきます。英語学習本の編集者であり、著者である私が自信を持って選定した本たちです。これに加えて、私自身が実際に使って効果の出た本ですから、必ず結果につながります。

 

新形式対策を知りたいという方にも、最新の情報をお伝えします。
また、TOEIC と向き合う上で、さまざまな悩みや問題と直面するでしょう。

「新形式の問題への対策に苦しんでいる」
「遠回りな学習をしたくない」
「学習仲間を作りたい」
「お尻を叩いてくれる存在が欲しい」
「講師に加え、他の学習者の学習法を知りたい」

このような悩みや問題を抱えている方も、ぜひいらしてください。
私が、その場でお答えいたします。

なお、今回は一人一人ときっちりと向き合うため、人数制限も設けさせていただきます。
本気で「TOEICスコアの壁を突破したい」という方は、奮ってお申し込みください。

今回は、東京天狼院、そして1月27日にオープンする天狼院書店「京都天狼院」の2店舗で、開催いたします。

「遠方にいて、東京もしくは京都にて参加するのが難しい……」
「けれどTOEICスコアの壁を突破するコツを知りたい!」

という方でも、通信受講として収録した内容を配信いたしますので、いつでも好きな時間にご受講頂くことができます。
店舗受講の方で、どうしても店舗に来られないという日程が出た場合でも、動画と音声を毎回配信しておりますので、お好きなタイミングで視聴が可能です。

講師の私は、一人でも多くの方が自分の目標に到達できるよう全力で支援します。

TOEIC の勉強に、無限の時間を費やすことはできません。

次こそ、目標とするスコアを取れるようになりたい!
スコア停滞の壁を突破したい!
TOEIC学習のための習慣ができる環境がほしい!

そんな想いをお持ちの方。
学習に集中して取り組める、最高の環境が、ここに整っております。

2カ月間の集中講座で、効率よく、スコアアップのスキルを手にいれる天狼院「TOEICゼミ」をきっかけに、4月のTOEICをベストスコアでスタートを切りましょう!

ワンランク上のスコアを取った先に見える景色を、見に行きましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

 


❏講義スケジュール《2ヶ月全4回/月1万円×2ヶ月/通信受講可/コミュニティ参加権付/動画視聴権付/音声ダウンロード権付》
【講義】60分【休憩】10分【WORK】50分

■ 第1講:3カ月後のラストシーンを描こう(目標設定編)&マルチタスクを当たり前にしよう(Part 3,4 編)《2017年2月6日(月)19:30〜21:30》
【講義】(目標設定編)
<自分コンサル>
*自分にコンサルティングをしよう
*目標(ラストシーン)に最大限のリアリティを持たせよう
*SWOT 分析で TOEIC と向き合おう
*目標(ラストシーン)を明確にするための5つの質問に答えよう

<学習内容>
*自分に必要な学習内容を洗い出そう
*単語(ボキャブラリー)と(基礎)文法という両輪を作ろう
*問題演習を増やそう
*自分の苦手なところと向きあおう
*1週間1模試。最低、2週間1模試。
*同じ問題を繰り返そう

<習慣化>
*習慣化を実現させよう
*学習時間のハードルを下げよう
*未来レコーディングをしよう
*時間と場所をセットにしよう
*過去レコーディングをしよう
*教材選びは自分の感覚を大事にしよう
*PDCA サイクルで習慣化を狙おう

【講義】(Part 3, 4 編)
*Listening で450点を奪取する

<解き方>
*自分だけの聞き「型」を作る
*設問の先読みをする
*「聞く」ことに徹する
*先読みのリズムが崩れた想定をする

<問題別>
*話の展開パターンを増やす
*「公式本」で話の展開パターンをストックする

<復習方法>
*旧形式の問題を完璧にする
*先読みの練習だけをする
*負荷をかけて聞く
*イヤホンで聞かない
*ディクテーションをするかしないか
*音読をするかしないか
*暗唱をするかしないか

【WORK】
*自分コンサルの一歩として「SWOT 分析」をしよう(SWOT)
*目標設定シートを使って、自分だけのラストシーンを作ろう(目標設定)
*この2週間の勉強計画を立てよう(学習内容/期限設定)

*パーフェクトスコアラー思考になる7つの質問
*復習方法を共有しよう
*登場人物(ナレーター)になって演じよう

■ 第2講:英語の文章に溺れよう(Part 7 編)&英語の語順に逆らわない(Part 5, 6 編)《2017年2月20日(月)19:30〜21:30》
【講義】(Part 7 編)
<コアアイデア>
*長い文章を読む自分に慣れる
*パラグラフごとの展開に敏感になる

<解き方>
*リーディングセクション(75分)での時間配分を決める
*設問を読むタイミングを知る
*設問が終わるまで内容をリテンションする
*「設問/選択肢>本文」の意識で読む
*複数の文章の接点をつかまえる

<勉強方法>
*苦手な文章形式(種類)はなくす
*Part 3, 4 のスクリプトを読む
*英文だけを読み進めてみる(設問は抜き)
*何度でも読み直す

【講義(Part 5, 6 編)】
<共通>
*圧倒的な数をこなす
*全問正解できるセット数を増やす
*速さを求めるなら、じっくり攻める
*文法問題はパーフェクトを目指す
*語彙問題は最後の詰めだと考えよう

<解き方>
(共通)
*時間配分を短縮しよう
*全文を読む

(Part 6)
*全文を読む
*文同士のつながり(パラグラフごとの展開)に敏感になる
*文挿入問題は先に読まない

<復習方法>
*思考プロセスを言語化しよう
*選択肢がなくとも、正解を言えるようにしよう
*音声や音読で耳を使って英語勘を鍛えてみよう
*TOEIC の英文であれば「知らない言い回しはない」となるまで触れよう

【WORK】(Part 7)
*パーフェクトスコアラー思考になる7つの質問(PDCAサイクル)
*常に手がかりを見つけよう(ペアワークで根拠を説明する)
*復習方法を共有しよう

【WORK】(Part 5, 6)
*パーフェクトスコアラー思考になる7つの質問(PDCAサイクル)
*「5分/4分で何問解けるか」をチャレンジしよう(個人ワーク)
*常に手がかりを見つけよう(ペアワーク)

■ 第3講:英語と映像(イメージ)をつなごう(Part 1,2 編)《2017年3月6日(月)19:30〜21:30》

【講義】
<コアアイデア>
*「1問も落とさない」「1語も聞き逃さない」という精神でいこう

<Part 1>
*結局、語彙が決め手になる
*不正解の選択肢まで活用する
*イメージ検索をする
*遅れてリピートをする
*脳内ビジュアライズをする
*厄介な音は「音真似」でつぶす
*ディクテーションで細部まで聞き取る

<Part 2>
*会話パターンのストックを増やす
*なりきって疑似体験をする
*自分だけの100本ノックを作る
*ディクテーションで細部まで聞き取る

【WORK】
*パーフェクトスコアラー思考になる7つの質問(PDCAサイクル)

【Part 1 WORK】
*すべての選択肢をビジュアライズしよう(6)
*すべての選択肢をリテンションしよう(5)
*すべての選択肢をディクテーションしよう(4)

【Part 2 WORK】
*Part 2 の会話パターンをつかもう
*登場人物(ナレーター)になって演じよう

■ 第4講:受験前に最高の準備をしよう(直前対策編)《2017年3月20日(月)19:30〜21:30》

【講義】
*試験直前期は「TOEIC 中心の生活」を送る
*試験2週間前から「TOEIC」に焦点を絞る
*試験直前は「解いたことのある問題」で TOEIC 勘を鋭くする
*試験前日から「TOEIC 時間」で過ごさない
*試験前日はあってないようなもの。
*試験前日にやってほしい3つのこと
*試験当日は「速音読」「Part 5」「黙読」でチューニングを合わせる
*試験当日に浮かぶかもしれない疑問に答えよう

【WORK】
*パーフェクトスコアラー思考になる7つの質問(PDCAサイクル)
*試験1週間前の学習スケジュールを立てよう
*自分にとって最高の当日をイメージしよう(発表形式)
*全員で「指定教材」を本番をイメージして解こう

*講義内容は、変更になる可能性があります。

❏「天狼院 TOEIC パーフェクト・ゼミ」概要
講義回数:全4回
◆第1講:3カ月後のラストシーンを描こう(目標設定編)《2017年2月6日(月)19:30〜21:30》
◆第2講:マルチタスクを当たり前にしよう(Part 3, 4 編)《2017年2月20日(月)19:30〜21:30》
◆第3講:英語の文章に溺れよう(Part 7 編)《2017年3月6日(月)19:30〜21:30》
◆第4講:英語の語順に逆らわない(Part 5, 6 編)《2017年3月20日(月)19:30〜21:30》
*単講座のみの受講はできません。ただし、動画や音声のストックがありますので、どの時期からも受講開始することが可能です。
定員:東京20名様/京都20名様/通信10名様
場所:天狼院書店「東京天狼院」/天狼院書店「京都天狼院」
参加費:月額10,000円×2ヶ月
*コミュニティ参加料含む/動画視聴権付/音声ダウンロード権付
*CLASS天狼院「プラチナクラス」の方は、本イベントに半額で参加いただけます。CLASS天狼院「プラチナクラス」についてはこちらから→【破格の割引サービス】「CLASS天狼院」誕生!〜最上ランク「プラチナクラス」は全店合計100名様限定〜《詳細・決済ページ》
*お支払いは、店頭ご一括、またはPayPalでの一括、および「定期購読(月1万円×2回)」決済をご利用いただけます。
*全4回で1セットとなっており、途中での解約は致しかねますのでご注意ください。
*京都天狼院では、スクリーン上映によるLIVE講義となります。
*講座ご来店毎に1ドリンクオーダーいただきます。
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*お客様都合による返金はいたしかねますのでご了承ください。

【天狼院のゼミ受講の特権】
*天狼院「TOEICゼミ」コミュニティで先生にアドバイスがもらえる。
*学び足りなかった回、どうしても出席できなかった回は、動画/音声で何度でも学習。
Web(動画/音声)で受講し、コミュニティに参加することで、天狼院がない地域でも通信受講が可能。動画/音声の配信は、基本的に講義日の1週間以内に行います。
*通信講座で、全国のどこでも受講可能。

【通信受講の方】
・各講終了後、動画/音声を配信いたします。
・天狼院「TOEICパーフェクト・ゼミ」コミュニティにもご参加いただき、次回の講義まで全ゼミ生とのシェアや学習報告、先生とコンタクトを取ることができます。

【講師】渡邉 淳/Atsushi Watanabe

13720524_1220458751318824_671695845_o13689389_1220459367985429_686736109_n.gif
1984年、千葉県富津市生まれ。東京外国語大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。
留学なしで TOEIC 990点満点、英検1級を取得。
教材制作会社を経て、現在、フリーランスの編集者・ライターをしながら、
神田外語学院と東京海洋大学で非常勤講師を務めている。
担当は TOEIC。自身の学習経験をもとにした授業を展開しており、TOEIC の最新傾向はもちろんのこと、学習者目線を忘れない指導に定評がある。
雑誌「PRESIDENT」や「東洋経済」、「日経WOMAN」での掲載実績あり。

著書に『1日5分からはじめる! 英語学習手帳』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、共著に『毎日の英単語』(朝日新聞出版)がある。

porpor(ぽるぽる)という名前で、ブログやTwitterを中心に、日々 TOEIC に関する情報を発信している。
Blog:http://www.toeic990er-for-learners.com/blog/
Twitter:https://twitter.com/porpor35

 

【PayPal決済】「通信受講」および「クレジットカード」での決済をご希望の方はこちらから
*こちらは全4回の講座になります。途中解約はできません。同意の上、先にお進みください。

◆【2017年2月開講】天狼院「TOEICゼミ」(生講義/通信受講)月額1万円×2ヶ月/一括払い





◆【2017年2月開講】天狼院「TOEICゼミ」(生講義/通信受講)プラチナ価格月額5,000円×2ヶ月/一括払い
*CLASS天狼院「プラチナクラス」のお客様のみご購入可能です。
*CLASS天狼院「プラチナクラス」についてはこちらから→プラチナクラス《詳細・決済ページ》





◆【2017年2月開講】天狼院「TOEICゼミ」(生講義/通信受講)月額1万円×2ヶ月/月々払い
*月々払いご希望の方は下の「購読」ボタンから決済ページにお進みください。





◆【2017年2月開講】天狼院「TOEICゼミ」(生講義/通信受講)プラチナ価格月額5,000円×2ヶ月/月々払い
*CLASS天狼院「プラチナクラス」のお客様のみご購入可能です。
*プラチナ価格での月々払いご希望の方は下の「購読」ボタンから決済ページにお進みください。
*CLASS天狼院「プラチナクラス」についてはこちらから→プラチナクラス《詳細・決済ページ》





【加入手続きのガイド】
今すぐ購入/購読ボタンを押しますと、PayPalの決済ページに飛びます。

《一括払いの方》
スクリーンショット 2015-12-30 2.04.50

《月々払いの方》

PayPalのアカウントをお持ちの方は「ログイン」ボタンを押してお進みください。
アカウントをお持ちでない場合は、必要情報を記入してください。


以後、案内に通りにお進みください。
決済が完了しましたら「自動配信メール」が登録のメールアドレスに配信されます。
そのほか、追って(お申し込みが殺到する場合、2、3日かかる場合もございます)、天狼院書店から登録完了のメールを差し上げます。


【注意事項】
・参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・全4回全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL 03-6914-3618 FAX 03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN

〒605-0805
京都府京都市東山区博多町112-5

TEL 075-708-3930 FAX 075-708-3931
kyotomap

【天狼院書店へのお問い合わせ】

〔TEL〕
東京天狼院:03-6914-3618
福岡天狼院:092-518-7435
京都天狼院:075-708-3930

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


関連記事