イベント情報

【11/26(日)『殺し屋のマーケティング』劇場読書会】明日、11月26日(日)は演劇版『殺し屋のマーケティング』の上演日ですが、1回目の上演(14時開演)と2回目の上演(18時開演)の間に、『殺し屋のマーケティング』劇場読書会を開催します!


なんと、演劇の会場で、天狼院の最長寿大人気イベント「ファナティック読書会」を開催しちゃいます!

お題は、『殺し屋のマーケティング』!!!!!

著者の三浦も、参戦いたします!!!

*演劇は第一部、第二部とも、同じ演目を上演いたします。

MAX420名様、受け入れちゃいます!!!!
(*2人でもやります笑)

参加条件は、

1.演劇版『殺し屋のマーケティング』をご覧になる方
2.小説『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)をお持ちの方

であれば、参加費無料です!!!!
まだ、読んでいない方でも参加OKです!!
当日、会場では『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)も販売いたします。
演劇版も、当日券をご用意いたしております。

ぜひ、皆様、他に類を見ない、大きなホールでの読書会に参加してみてください。

*取次の皆様、書店の皆様は、名刺だけいただければ、無料で参加頂けるようにいたしますので、お時間があれば、ぜひ参加くださいませ。
*演劇は第一部(1回目の上演・14:00〜)、第二部(2回目の上演・18:00〜)とも、同じ演目を上演いたします。

 
*演劇一部、読書会、演劇二部は入れ替え制となっております。
チケットをお持ちの方も一度ご退席をいただきますので、予めご了承ください。

【概要】『殺し屋のマーケティング』劇場読書会
日時:11月26日(日)16:00〜17:20
*演劇版『殺し屋のマーケティング』をご覧になる方、小説『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)をお持ちの方は、参加費無料です。
*演劇版『殺し屋のマーケティング』は、第1部14:00〜/第2部18:00〜の上演となります。演劇版『殺し屋のマーケティング』チケットは、当ページ下部よりお求めいただけます。
会場:全電通労働会館・全電通ホール
住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目6
アクセス:
JR中央・総武線・御茶の水駅・聖橋口出口徒歩4分/東京メトロ千代田線・新御茶ノ水駅・B3出口徒歩2分/東京メトロ 丸の内線・淡路町駅・A5出口徒歩3分

【お申し込み方法】
*お電話・メールでもご予約承っております。東京天狼院(03-6914-3618)、までお電話いただくか、こちらの お問い合せフォーム から、タイトル【11/26 『殺し屋のマーケティング』劇場読書会 参加予約】、お名前、アドレスを明記の上、メールをお送りください。

 

 

■演劇版『殺し屋のマーケティング』

「受注数世界一の、殺しの会社を創りたいんです」

女子大生、桐生七海は本気だった。

七海はそんな無理難題を叶えるため『最強のマーケティング技巧』を持つ西城に弟子入りする。

 

『営業』ができない。

『広告』も打てない。

『PR』なんてもってのほか。

 

世界一売りづらい『殺し』をどう売るか…。

話題の書店経営者が自ら実践するマーケティングメソッドを惜しみなく公開した渾身のマーケティング小説を舞台化!

感動しながら勉強できる、全く新しいエンターテイメント!

 

【原作】
三浦崇典・著『殺し屋のマーケティング』
※2017年11月9日、ポプラ社より発売

 

【脚本/演出】
中村雪絵

 

【CAST】
結城莉奈/林雄大/糸数恵那/中﨑正人
ナナコ/佐藤奈織美/熊本彩/岡本陽子

 

【公演日時】
2017年11月26日(日)
第Ⅰ部 14:00 開演
第Ⅱ部 18:00 開演

【チケット料金】
前売り券:S席 4,000円(前売り限定)
A席 3,000円
当日券:3,500円

【会場】
全電通労働会館・全電通ホール
住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目6

アクセス:
JR中央・総武線・御茶の水駅・聖橋口出口徒歩4分/東京メトロ千代田線・新御茶ノ水駅・B3出口徒歩2分/東京メトロ 丸の内線・淡路町駅・A5出口徒歩3分

 

【著書プロフィール】

三浦崇典(Takanori Miura)

1977年宮城県生まれ。小説家。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。映画『世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~』監督。ライター・編集者。著者エージェント。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。

NHK「おはよう日本」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、雑誌『商業界』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。

 

【脚本/演出家プロフィール】

中村雪絵(Yukie Nakamura)

1985年福岡生まれ。脚本家・演出家・俳優。2002年に劇団ぎゃ。を旗揚げ。2014年解散まですべての作品の脚本と演出を手がけ、2014年以降はフリーランスとなり、放送局主催イベントや文化施設主催公演の演出など幅広く活動している。
(主な脚本・演出作品)
NHK福岡放送局主催「古代エジプトファッションショー」ショー構成・演出
アクロス福岡主催「 アクロス円形工房vol.17 Le Carnaval des Animaux~動物の謝肉祭~」脚本・演出
(主な出演歴)
ギンギラ太陽’s 2011~2015年までほぼすべての作品に出演
他九州圏内の多数の劇団・プロデュース公演に出演
(受賞歴)
E-1グランプリ2006 九州決勝大会 優勝 CoRich舞台芸術アワード!2007 第9位、福岡演劇フェスティバル FFAC企画 創作コンペティション『一つの戯曲からの創作をとおして語ろう!』Vol.1 観客賞

 

【チケットのご購入はこちら】

《インターネットチケットPeatixでのチケットお申し込み》

《Paypalでのチケットお申し込み》

◆第Ⅰ部/A席 14:00 開演




◆第Ⅱ部/A席 18:00 開演




 

【天狼院書店とは?】

天狼院書店が提供するのは、「READING LIFE」という新しいライフスタイル。「本」だけでなく、その先にある「体験」までを提供する次世代型書店です。2013年9月26日、1号店となる天狼院書店「東京天狼院」をオープン。その後、2015年9月26日に天狼院書店「福岡天狼院」(福岡天神)、2017年1月27日に天狼院書店「京都天狼院」(京都祇園)、さらに2017年8月26日には天狼院書店「池袋駅前点」をオープンいたしました。
「天狼院のゼミ」をはじめ「部活」や「ファナティック読書会」など、様々な「体験」を提供しています。

 

***

「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618(東京天狼院)

天狼院書店「池袋駅前店」 2017年8月26日(土)グランド・オープン
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 2F
営業時間:11:00〜21:00
電話:03−6812−1984
*「WACCA池袋」の2Fです。WACCA池袋へのアクセス

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


関連記事