イベント情報

【3月開講/東京・福岡・通信/入試受付ページ】本気でプロを目指す「ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」入試要項発表!大人気「ライティング・ゼミ」の上級コース、第7期メンバー募集受付開始!


*入試は、PayPalもしくは店頭での事前決済制です。
*受験要項及び注意事項が書いてありますので、ご参加ご希望の方はかならず最後までお読みください。

【プロフェッショナルコース 概要】
❏新制度
1.審議委員会制度の導入
2.角番の導入
3.オープンソース式カリキュラムの導入
4.認定制度の導入
5.天狼院公認ライター制度の導入
6.雑誌『READING LIFE』掲載制度の導入

 

❏グレード
Ⅰ ライティング・ゼミ

Ⅱ ライティング・ゼミ〜プロフェッショナル

Ⅲ 雑誌『READING LIFE』ライター

Ⅳ 天狼院公認ライター(認定)

 

❏受講資格(お客様・天狼院スタッフ問わず)
・試験の合格者
・メディアグランプリ:週間1位獲得者
・メディアグランプリ:チャンピオン獲得者
↓*この中からさらに選抜
・審議委員会が強く推薦する者
・店主の三浦が強く推薦する者
*審議委員会はメンバーによって構成される。ただし、角番の場合はメンバーから外れる。
*角番(プロフェッショナルとしての掲載率が規定の50%以下)になった場合は、審議委員会あるいは店主の強い推薦を受けられない場合、在籍資格を失う。

 

❏講義の流れ/1日2講義制/120分+120分(小休憩含む)
前半講 17:00〜19:00(120分)
(大休憩)19:00〜19:30
後半講 19:30〜21:30(120分)

 

❏講座の内容*参考:講義の内容は必要に応じて大きく変わります。
*受講生からの要請によって、カリキュラムが組み変わります。
*オープンソース式カリキュラム:受講生が組み上げていく方式

理論編
1. 3月4日(日)17:00~19:00「即興」の科学
・「お笑い」を科学する
・決して「落語」を目指すな
・松本人志と明石家さんまの「伏線回収術」
・「即興」の型を身につける
・ABCユニットをどれだけ早く、正確に完成させるか?
・「A→C→B」ではなく「A→B→C」の順番で組み立てる方法
・「こじつけ」理論
・反対の論点を正当化させる
・「ありあわせ」調理法には「経験則」を用いよ
etc…

2. 3月4日(日)19:30~21:30「脳内ストック」と「感受性」の関係性
・「脳内ストック」の質と量の関係性
・「脳内ストック」と時間の関係性
・「脳内ストック」を創りあげる唯一の要素
・ライター思考をインストールする
・「感受性」のISO感度を高める
・「感受性」と解像度の相関関係
・「感受性」の最大値を維持できる
・「喜怒哀楽」に素直になり、感情の最大値を広げる
etc…

3. 4月1日(日)17:00~19:00「狂」の科学
・「祭り」を科学する~中央に存在する「炎」について~
・なぜ人は「祭り」が必要なのか?
・すべての根本になるのは「狂」である
・陽陰問わず、重要なのは「絶対値」である
・大脳新皮質ではなく、大脳旧皮質にアクセスする
・自分にとって最も強い感情とは何なのか
・最大値の化学反応を起こす対象はなにか
・「狂」を冷静にコントロールする方法
etc…

4. 4月1日(日)19:30~21:30「起きている事象」を言葉へと変換する方法
・目指すところは長嶋監督の指導方法を理論化する
・ある人にとっての当たり前は、自分にとっての当たり前とは限らない
・「起きている事象」を整理する
・「レイヤー」を分類する
・「ブラックボックス」を解明するために仮設を構築する
・「エピソード」で検証する
・「ワークショップ」で自ら検証する
・「仮説」を「理論」へと発展させる
etc…

5. 5月6日(日)17:00~19:00「10万字の全体像」をA3一枚で把握する
・まずはメモ一枚からはじめる
・どれだけ徹底して考えられるかが基本
・把握領域を拡大させていく
・A3一枚で本一冊を把握する
・「層」を3Dで重ねてコンテンツの密度を高める
・「3点フラクタル」徹底実戦
・「設計図」から即興でいかに飛躍できるか
・「A3一枚設計図」構築の奥義
etc…

6. 5月6日(日)19:30~21:30「MAX5,000字/40分」書く方法
・ゆっくりで良質のコンテンツを作れるのは頭がいい人に限られる
・体調を整える
・ストレスフリーの状態を創る
・ルーチンを決める「場所/飲み物/時間」
・音楽のプレイリストを構築する
・自己暗示をかける
・40分実作+20分インターバル
・インターバルにやらなければならない唯一のこと
・「スティント制」を取り入れる
・「〆切」至上主義者
・「修羅道」に入り「狂」を操る
・ライターズ・ハイ
etc…

解析編:ライティング・クラフト・ラボ
錯誤(ミスディレクション)
シャーロック方式
ヒーローズ・ジャーニー
列挙法
昔話
理論解析
カバーコンテンツ:ex.芥川龍之介『羅生門』森見登美彦『新釈走れメロス』
レビューコンテンツ:ex.バッテリー、シン・ゴジラ、秘本
etc…

 

❏「天狼院ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」概要
講義回数:(月2回×3ヶ月)全6回
*単講座のみの受講はできません。ただし、動画や音声のストックがありますので、定員に満たない場合(通信受講も含め)はどの時期からも受講開始することが可能です。
定員:東京15名様/福岡15名様/京都15名様/通信受講10名様
場所:東京・・・東京天狼院(南池袋)福岡・・・福岡天狼院(天神)京都・・・京都天狼院(祇園)通信受講・・・全国どこでも
参加費:毎月2講義 30,000円×3ヶ月(全6回)

参加条件
①人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」を受講中、または、すでに1期以上受講されたことのある方。
②Facebookアカウントをお持ちである、もしくはこれから登録予定であること。
③下記受講資格のいずれかに当てはまること。

 

❏受講資格(お客様・天狼院スタッフ問わず)
下記どれかに当てはまる人に、受講資格が与えられます。
・試験の合格者
・メディアグランプリ:週間1位獲得者
・メディアグランプリ:チャンピオン獲得者
↓*この中からさらに選抜
・審議委員会が強く推薦する者
・店主の三浦が強く推薦する者
*審議委員会はメンバーによって構成される。ただし、角番の場合はメンバーから外れる。
*角番(プロフェッショナルとしての掲載率が規定の50%以下)になった場合は、審議委員会あるいは店主の強い推薦を受けられない場合、在籍資格を失う。

 

*「天狼院ライティング・ゼミ」のお申し込みはこちらから↓

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

【2月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 

*コミュニティ参加料含む/動画視聴権付/音声ダウンロード権付
*CLASS天狼院「プラチナクラス」の方は、本イベントに半額で参加いただけます。CLASS天狼院「プラチナクラス」についてはこちらから→【破格の割引サービス】「CLASS天狼院」誕生!〜最上ランク「プラチナクラス」は全店合計100名様限定〜《詳細・決済ページ》
*お支払いは、銀行振込み(ご一括)、店頭ご一括、またはPayPalでの一括および「定期購読(月3万円×3回)」決済をご利用いただけます。
*東京天狼院、福岡天狼院、京都天狼院では、受付の際に1ドリンクオーダーをいただいております。
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*今回不合格となった方も、再受験が可能です。また、ライティング・ゼミを再受講されることをおすすめします。
*返金はいたしかねますのでご了承ください。

 

■講師プロフィール
三浦崇典(Takanori Miura)
1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。小説『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)著者。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。映画『世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~』監督。ライター・編集者。著者エージェント。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。

NHK「おはよう日本」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、雑誌『商業界』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場

 

【試験概要】
この試験は、下記3点をはかる試験です。
・プロとしてやっていくだけのモチベーションやスタミナが見受けられるかどうか。
・5000字という長い射程を書ける見込みがあるか。
・ライティング・ゼミで勉強したABCユニットやリーダビリティなどの基本が身についているかどうか。

【試験内容】
・2時間で記事を書いていただきます。
・テーマがあるので、それに沿って書いてください。テーマは試験当日に発表いたします。
・ライティング・ゼミの課題を提出するときと同様、タイトルと名前(普段メディアグランプリで使っているペンネーム)の記載を忘れないようにお願いします。
・携帯電話使用禁止などの縛りはありません。いつも書いているときと同じ環境で書いていただければと思います。
・手書きの場合は、試験用紙をお預かりさせていただきます。返却はできませんのでご了承ください。
・通信で受けられる場合は、電話で試験開始の合図をさせていただき、その後、メールでファイルを提出していただく形になります。

【注意事項】
・試験結果は、合否に関わらず1週間から10日を目安に、下記にご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
・入学試験に合格された方にのみ、「ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」の申し込みページのリンクをお送りいたします。
・自分の提出された課題に納得できなかった場合、再受験が可能です。その場合は再度お申し込みが必要となります。
・ご自身の受験後に試験内容や試験テーマを他受験生に伝達する行為は、一切禁止とさせていただいております。

受験料:3,000円+1オーダー
*ペイパルおよび店頭での事前決済制となります。
*CLASS天狼院「プラチナクラス」に加入されている方は、半額で受験いただけます。

入試定員:15名
*定員になり次第、締め切らせていただきます。

持ち物:パソコン(お持ちの方)、筆記用具、時計、イヤホン、耳栓など(必要であれば)
*当日は文章を書いていただきますので、いつもパソコンなどを使って書かれている方はなるべくお持ちください。
持ってこられない方は手書きでも大丈夫です。

場所:天狼院書店「東京天狼院」「福岡天狼院」「京都天狼院」またはご自宅

 

【受験お申し込み方法】
下記3ついずれかの方法でお申し込みください。
①お電話でのご予約(受付時間12時〜22時)
東京:03−6914−3618

②メールでのご予約:下記の「問い合わせフォーム」より 件名に「プロゼミ入試予約」とご記入の上、下記必要事項をお送りください。
・お名前
・メールアドレス
・お電話番号
・受講されていた時期とコース(例:8月開講ライティング・ゼミ日曜コース)
・受験希望場所:店舗もしくは自宅(*店舗で受験される場合は、場所代として1ドリンクいただきます)
・受験希望日時:第1希望から第3希望まで(受験最終締切日:2月28日)

 

③チケットのご購入*お申し込み確認後2日〜3日以内に、スタッフからご案内のメールをお送りさせていただきます。

❏一般3,000円




❏プラチナ1,500円




 

TEL:03-6914-3618

【注意事項】
・有料、無料問わず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・プロゼミは、全6回全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618
FAX:03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021

福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


関連記事