fbpx
イベント情報

6/1(金)【京都天狼院にて開催決定!】大島てるさんと語る、「事故物件」から読み解くニッポンの末路《『宝くじで1億円当たった人の末路』連続ドラマ化記念!》


『宝くじで1億円当たった人の末路(日経BP)』連続テレビドラマ化記念イベント、京都天狼院にて開催決定!8名様限定でご参加いただけます!
*ゲストは東京会場にて登壇いたしますが、最新鋭の通信システムで京都にも生中継いたします。双方向にやりとりができますので、ご質問などもしていただけます。

 

いつもありがとうございます。天狼院書店の木村です。
4月24日にオープンしました天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Bizでは、ビジネスパーソンに向けたバラエティ豊かなイベントを開催しております。

今回は日経BPさんとコラボさせていただき、あの話題の書籍『宝くじで1億円当たった人の末路』のトークイベントを開催することになりました!

——あんなことをしたらどうなるの?
——こんな選択をした人の行く末は?

「宝くじで1億円当たった人」のほかにも、「事故物件を借りちゃった人」「キラキラネームの人」「友達ゼロの人」「電車で中程まで進まない人」「外国人観光客が嫌いな人」など、ビジネスパーソンにとって気になる23の“末路”を調べて、1冊の本にまとめた書籍『宝くじで1億円当たった人の末路』。
本書は2017年春に発売されて以降、大きなブームとなり、今では15万部を突破しました。
今年4月からは、日本テレビ「○○な人の末路」として連続ドラマ化!
「仮想通貨で思わず大金を手に入れちゃった人」「日本一顧客思いのクリーニング店を経営する人」「疲れた。田舎でのんびり暮らしたいと思った人」「事故物件を借りちゃった人」の4人の末路を、Kis-My-Ft2の4人が演じて、大きな注目を集めています。

本書で反響が大きかったのが、「事故物件を借りちゃった人」の末路です。
そこで今回は、本書でも登場する「事故物件」専門家、事故物件公示サイト『大島てる』を運営する大島てるさんと、
末路本の著者である日経ビジネス副編集長の鈴木信行さんをお招きし、トークセッションを開催します。

テーマは、「事故物件」から読み解くニッポンの末路
「事故物件」とは、殺人や自殺などの“事故”があった住宅を指します。
一見すると、普通の人には縁遠いように感じる「事故物件」ですが、実はそうでもありません。
何より日本の行く末を見る限り、事故物件は着実に皆さんの身近な存在になりつつあるのです。
急速に進む高齢化によって、自宅で孤独死するシニア層は確実に増えていきます。
単身世帯の高齢者が増えるほど、「事故物件」も比例して増加するはずです。
人口減による空き家の増加も、「事故物件」の有効活用策も喫緊の課題となるでしょう。
こうした「事故物件」をどうするのか。
民泊に活用する? 資産運用する?
仮に資産運用するとしたら、「安全な事故物件」と「NGの事故物件」の見分け方は?

最近、世の中を賑わせたような事故物件などにも触れながら、事故物件専門家の大島てるさんと著者の鈴木信行さんが、事故物件とニッポンの末路について、語り尽くします。

本当は教えて欲しいのに、なかなか公に聞く機会のない「事故物件」。
果たして、「事故物件」から読み解くニッポンの末路とは?!

天狼院書店でお待ちしております。

【概要】大島てるさんと語る、「事故物件」から読み解くニッポンの末路《『宝くじで1億円当たった人の末路』連続ドラマ化記念!》
日時:2018年6月1日(金)19:30〜21:00
19:00 受付開始
19:30 イベント開始
20:30 サイン会(京都にもお送りいただけます)
21:00 終了予定
21:30 閉店

場所:天狼院書店「京都天狼院」
*ゲストは東京会場にて登壇いたしますが、最新鋭の通信システムで京都にも生中継いたします。双方向にやりとりができますので、ご質問などもしていただけます。

参加費:2,000円(税込)+書籍『宝くじで1億円当たった人の末路』(1512円〈税込〉)のご購入
※書籍をすでにお持ちの方は当日お持ちください。
※プラチナクラスの方は半額でご参加いただけます。
くわしくはこちらhttp://tenro-in.com/tsushin/15866

【プロフィール】
大島てる(おおしま・てる)
2005年9月に、事故物件サイト「大島てる」を開設。当初は東京23区のみの事故物件情報を公示していたが、徐々に対象エリアを拡大し、現在では日本全国のみならず、外国の事故物件も対象としている。書籍は『大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました』(彩図社)など。「事故物件ナイト」などを開催中。事故物件サイトには、英語版も存在する。

鈴木信行(すずき・のぶゆき)
日経ビジネス副編集長。1991年慶応義塾大学経済学部卒業、同年日経BP社に入社。「日経ビジネス」、日本経済新聞産業部、「日経エンターテインメント!」「日経トップリーダー」を経て、2011年1月より現職。中小企業経営、製造業全般、事業承継、相続税制度、資産運用などを中心に取材。

 

【お申し込み】
以下のPaypalボタンから、または店頭での事前決裁制となります。
※必ず、ページ下部の注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。

▪一般2,000円(書籍代別途)




プラチナクラス 1,000円(書籍代別途)




【注意事項】*必ずお読みください。読んだ上で購入手続きに進んでください。
・勧誘、営業活動を目的とされる方のご参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されていることが発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただくことがあります(その場合でも、参加費の返金は致しません)ので、ご了承ください。
・有料、無料問わず、講師・参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。ただし、天狼院書店が許可した場合は、この限りではありません。
・最少敢行人数5名様(万が一中止の場合、前日までにお知らせいたします)。
・本イベントの内容の著作権は、講師及び天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で固く禁じます。
・回及びコミュニティの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会していただく場合がございます。

【ご予約】
*お電話・メールでもご予約承っております。
京都天狼院(075-708-3930)までお電話いただくか、またはこちらの お問い合せフォーム から、タイトル【6/1『宝くじで1億円当たった人の末路』参加予約】、お名前、アドレスを明記の上、メールをお送りください。

 

ー書籍紹介(日経BP ホームページより)ー
紹介ページ

「宝くじで1億円当たったら……」。
こんな淡い期待を胸に、宝くじ売り場につい並んでしまうビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。
果たして、「宝くじで1億円当てた」後に待ち受ける末路とはどんなものなのでしょうか。

「大学時代からバックパッカーを続けて、20代を放浪の旅人として過ごせば、どんな人生が待ち受けているのか」
「30~40代で友達がゼロの会社員が孤独な生活を続けていったら、最終的に人生はどうなるのか」
「キラキラネームを子供に付けてしまったら、その子の将来はどうなってしまうのか」--。
いずれも、何となく”やばいこと”になりそうなのは分かります。

でも、その先の人生がどうなるか、正確に教えてくれる人はなかなかいません。
こうした疑問に、しっかり答えられる人も少ないはずです。
グローバル化とITの革新によって、私たちの人生の選択肢は、飛躍的に広がりました。
誰もが、その気になれば、大抵の挑戦はできる。そんな時代に私たちは生きています。
でもその割には、「いろいろ挑戦して人生を楽しんでいる人」って少ないと思いませんか?
みんな実は、人生で一つの「選択」をした後、どんな「末路」が待ち受けているかよく分からなくて、不安なのだと思います。
だったら、気になる様々な人生の「末路」を、専門家や経験者に取材してしまえばどうか。

本書で紹介するのは、「結婚」「マイホーム購入」「進路」といった、自分の意思で決められる選択だけではありません。
「宝くじ当選」のような受動的な選択も含まれます。
それはそれで、その末路を知っておくことは、思わぬ幸運(不運)が舞い込んだ際の心構えになると思います。
いろいろな「末路」を知れば、きっとあなたの心は解き放たれます。

「好きなように生きていい」。

専門家と著者が導き出す多様な「末路」が、そんなふうに、そっとあなたの背中を押すはずです。

≪主な内容≫
宝くじで1億円当たった人の末路/事故物件借りちゃった人の末路/キラキラネームの人の末路/
「友達ゼロ」の人の末路/子供を作らなかった人の末路/賃貸派の末路/
自分を探し続けた人(バックパッカー)の末路/電車で「中ほど」まで進まない人の末路/
外国人観光客が嫌いな人の末路/8時間以上寝る人の末路/体が硬い人の末路/
ワイシャツのしたに何を着るか悩む人の末路…など、多様な「末路」を23本収録!

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:075-708-3930(京都天狼院)

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


関連記事