イベント情報

【7月開講】「本」で人生を変える「プロフェッショナル・リーディング」〜あらゆる分野の「プロ」になるための超読書術〜《東京・福岡・京都・全国通信受講》


《これからの時代の次世代型読書法「プロフェッショナル・リーディング」のポイント》
・「本」で「プロ」になるための知識を徹底的に身につける
・「本」の再定義〜紙の本は「本」の劣化版である〜
・本選びの「プロ」が教える”選書の作法”
・「プロ」になるための”読み潰し術”
・「プロ」になるための情報を徹底して”人生に活かす方法”
・「プロ」の実践的書評家が教える”実践的レビュー・ライティング”

こんにちは、天狼院書店の山本です。

「いったい、何屋さんなんですか?」

天狼院書店店主の三浦は、お客様に、そう尋ねられることがよくあります。

それもそのはず。
これほど多岐にわたる「プロ」の肩書きを持っている人は、なかなかいないのではないでしょうか。

 

三浦は、東京に3拠点、また、福岡と京都にも店を構える「天狼院書店」の経営者であるかたわら、
本格マーケティング小説である『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)を出版し、「小説家」という肩書きも持っています。
これは1ヶ月も経たないうちに3刷となりました。

また、プロのライター・編集として、これまでビジネス書を何冊も手がけてきており、『週刊ダイヤモンド』や『THE 21』などでも書評コーナーを担当(*4月から新しいビジネス誌でも書評を担当することが決定しています)。

 

実際の経営においても、天狼院書店はおかげさまで、二次曲線的な成長を示しています。
2017年1月には、京都・祇園に「京都天狼院」をオープン。同じ年の8月には、池袋に3拠点目となる「池袋駅前店」をオープンしました。また、現在は、東京エリアに新しい店舗を構える準備をしております。

 

最近では、「カメラマンになる!」と宣言すると、なんと7ヶ月で、認定された者しかなることのできない「SONYプロサポート」に認定され、本当にプロのカメラマンになってしまいました。
「秘めフォト部」というサービスを開始すると、今では満席の報告が全国の店舗から続々と上がり、次回の開催まで行列ができるようになっているほど!
さらには2018年1月14日、テレビ番組『モヤモヤさまぁ〜ず』に、カメラマンとして出演しました。

 

今でこそあまり使っていませんが、実は三浦は、国家資格である「行政書士」の資格も持っています。
天狼院書店を始業する前、法律を学んだこともなく、一切の知識のないところから勉強を開始し、
9ヶ月で、5%前後という合格率のところをなんと一発で受かってしまったという面もあります。

 

そんな、天狼院書店・店主の三浦の、現在のプロフィール情報は、こちら。

 

■講師プロフィール
三浦崇典(Takanori Miura)
1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。映画『世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~』監督。ライター・編集者。著者エージェント。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)を出版。
NHK「おはよう日本」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、雑誌『商業界』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。

 

これを見たお客様から、よく、「何屋なんですか?」と尋ねられます。

ですが、そんなときも必ず「本屋です」と答えるのです。

それは、なぜか?

三浦が数々の分野で「プロ」として食べていけるようになったのは、すべて「本」のおかげだからだと言います。

 

「本の力を、どこまでも信じている」

と店主・三浦は言います。
ある分野で突き抜けたいというとき、本屋の棚の端から端まで大量の本を買い込み、片っぱしからそれを読んでいくといいます。

 

その読み方が、驚異的なのです。 ただ、読むだけではないのです。

本当に、文字通り、「読み潰すとは、こういうことか」と唸らざるをえないほど、徹底的に、本を理解し、実際に活用しているのです。

代表的なものが、こちら。

「マーケティングを極めたいなら、この本だけを、とことん読み込めばいい」という一冊。

『コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント』です。

967ページにもわたる分厚い本は、このようにボロボロ。著作権の関係上残念ながらお見せすることができないのですが、びっしりと書き込みとふせんが貼ってあります。

現在のマーケティングや経営の手法の多くは、この本から基礎を学んできたといいます。

ビジネスを学ぶときと同じように、
小説家になるときも、
カメラマンになるときも、
行政書士になるときも、
三浦はとにかく「本」を徹底的に読みつぶすことで、さまざまな分野で「プロ化」してきました。

 

そんな天狼院店主・三浦による、
本をただ「買って終わり」ではなく、徹底的に読みつぶし、人生にきちんと活かすための読書術。
いったい、どのようにして「本」を読み、どのように「実践」して、さまざまな分野で「プロ化」できるほどまでに持っていくことができるのか?

今回、「プロフェッショナル・リーディング講座」として、その秘訣をついに明かしてしまいます!

ビジネス書はもちろん、
たとえばダイエットをしたいという方は、そのメソッドをいかに実践していくか、という風に使えますし、
カメラを極めたいという方は、本から学んだことを使って、どのように実際のスキルを高めていくかという部分に応用できます。
どのジャンルでも、この読書術は活用することが可能です。

 

さらに、三浦のように、本について、企画から編集・ライティング・営業戦略から販売まで、書籍に関する流通以外のすべての分野を網羅している人物は、他におりません。
今回の「プロフェッショナル・リーディング講座」では、そんな三浦だからこそ教えられる、
多角的な目線からの「本の選び方」から、「読みつぶし方」、それをどのように人生に活かしていくのか? という「実践」まで網羅できるカリキュラムを組み立てました。

 

本屋だからこそ教えられる、究極の本の読み方講座、いよいよ開講です。
もう、「買って終わり」だけの読書は、やめにしましょう。
3ヶ月間をかけて、読書を最大限、人生に活かす方法を、ぜひ、ご一緒に身につけていければと思います。

 

あ、そうそう、先日、池袋駅前店店長の川代から連絡がありました。

「三浦さん、今度はメイクの本、2万円分以上買ってるんだけど。何しようとしてるのかな?」

次に三浦が何を狙っているのか?
ゼミに参加して実際に聞いてみてください。

 


 

❏「本」で人生を変える「プロフェッショナル・リーディング」〜あらゆる分野の「プロ」になるための超読書術〜 カリキュラム

第1講 《7月前/東京・福岡・京都・通信 7月1日(日)10:00〜12:00》「本」の再定義/ABCユニット読書法〜どうすれば「本」でプロになれるのか?〜
・そもそも「本」とは、何なのか?〜「本」の再定義〜
・紙の書籍は「本」の劣化版である
・これからの時代の次世代型読書法「ABCユニット読書法」
・「読書」という行為のメカニズム
・すべては「読書」から始まる
・それでもなお「紙の書籍」が読書に有意な理由
・「本」について「盲信」すべき点/「諦める」べき点〜本の大前提〜
・「本」でどう変わりたいのか?/何になりたいのか?
・「プロフェッショナル・リーディング」を「ABCシート」で一元管理する方法
・「ABC」のそれぞれの「特性」を理解する
・「GAP」を制するものが「読書」を制する
・効率よく読書をするために学習法の「リサーチ」に時間を費やす
・「仮説設定→リサーチ→フィードバック→改変」サイクル
・フリーターの僕がたった9ヶ月で国家試験行政書士試験に合格した方法
・アマチュアだった僕がたった7ヶ月でプロカメラマンになった方法
・アルバイトしか経験したことのなかった僕が10年存続成長企業の経営者になった方法
〔ワークショップ〕「本」で人生を変える「ABCシート」を作ろう
〔課題〕「ABCシート」を完成させよう《習得方法のリサーチも含む》

第2講 《7月後/東京・福岡・京都・通信 7月15日(日)10:00〜12:00》プロの本屋が教える「選書の作法」〜どのように「プロ」になるための「本」を選ぶのか?〜
・ベストセラーは本当に今あなたが読むべき本なのか?〜「良書」の定義〜
・「本」を読む費用でもっとも大きいものはお金ではない〜選書の大前提〜
・天狼院書店オーナーの僕が全国の「ジュンク堂書店」に通う理由
・「ABCユニット読書法」において「Amazonのシステム」が必須である理由
・「Amazonレビュー」が当てにならない理由
・唯一信用できるのは「実践的書評家(実践者)」のレビュー(推薦文)である
・まずはどの分野でも「基本」を徹底して押さえる〜最大公約数を身につける〜
・「選書」は「ジャンル」まで絞れ〜ジャンル適正のセレクト〜
・「選書」は基本的に「リトルベッツ」でいくしかない
・「名著」を疑うべき理由
・本屋が教える「良書」に出合う「確率」を高める方法
・本を選ぶときに、必ず見るべき「3つのポイント」
・選び、読む中で自分の「軸」を創って「プロ」に育てる
・その道の「プロ」に推薦本を聞け!〜プロへの聞き方〜
・その分野が得意な「◯◯」に推薦本を聞け!〜「◯◯」への聞き方〜
・もしその分野で「良書」が見つからなかった場合、あなたは鉱脈を探り当てたかもしれない
・「選書眼」の養い方
・先達の「成功体験記」を徹底して「リサーチ」する方法
・先達の「成功体験記」のエッセンスを「本」で置き換える方法
〔ワークショップ〕「ABCシート」を参考に今あなたに必要な「エッセンス(棚ジャンル)」を特定しよう
〔課題〕「エッセンス(棚ジャンル)」ごとに「ABCリーディング・シート」を構築しよう/1枚の場合も可

第3講 《8月前/東京・福岡・京都・通信 8月5日(日)10:00〜12:00》プロが教える「初読の作法」〜選んだ本をまずはどう読むべきか?〜
・「本」を読むのは強烈な「ストレス」を伴う行為である〜読書の大前提〜
・「読書をしない理由」を徹底的に潰していく〜読書ストレス排除法〜
・具体的にどう読めばいいのか?〜ストレスフリーの読書術〜
・「初読」で唯一使う道具は「◯◯」である
・大切なのは「本」を「読む習慣」ではなく「買う習慣」である
・「初読」は「仕分け」るつもりで読む
・選書の段階では「速読」しても、初読でも「スロー・リーディング(心で音読)」を心がける
・理想は「幹本(トランク)」→「枝本(ブランチ)」→「葉本(リーフ)」を順に固めていくこと
・読んでいて、足りない部分はリストを「随時補強」する
・もし「読むべきでない本」に出合ったら
・物理的に「◯◯部分」が最も厚くなった本を機会的に「幹本(トランク)」に選出する
・たとえ電子で初読したとしても、最低でも「幹本(トランク)」は紙の本を用意する
・天狼院オリジナル「スパイラル・シート」で読書を習慣化する〜カスタム・マネジメント〜
・どこに選んだ「本」を「積み上げる」べきか?〜読書空間の設定法〜
〔ワークショップ〕あなただけの「スパイラル・シート」を創ろう
〔課題〕「プロフェッショナル・リーディング」のための「スパイラル・シート」

(休憩15分)

第4講 《8月後/東京・福岡・京都・通信 8月19日(日)10:00〜12:00》プロになるための「読み潰しの作法」〜どうすれば「本」からエッセンスを残すことなく「抽出」することができるのか?〜
・その分野の基礎を身につけるために徹底して「幹本(トランク)」を読み潰す
・理想は「幹本(トランク)」の内容を自著のように講義できること
・「知識」から「体得」へ、本の「エッセンス」を人生に染み込ませる方法
・「読む」というより、身体に染み込ませる
・「読者」から「当事者」に頭のスイッチを切り替える方法
・「読み潰し」の6つのフェーズ/「初読(幹本の選定)」→「アクティブ・メモ」→「エッセンス・シート」→「実践的レビュー」→「アクション」→「フィードバック」
・「初読」で「◯◯」した箇所を改めて「□□」する
・なぜ「◯◯」したか、その理由をスペースに「アクティブ・メモ」する
・「アクティブ・メモ」の作法
・「アクティブ・メモ」をエッセンス化させる
・本のエッセンスを自分用に徹底して「カスタマイズ」する方法
・「エッセンス・シート」を創る方法
・「エッセンス・シート」の項目には〆切を設定するのが望ましい理由
・「本」は汚くなればなるほど美しい
・人生で何冊の本を徹底的に読み潰し、本を「アート」に昇華することができるか?〜読み潰しの美学〜
〔ワークショップ〕まずは1冊「読み潰し」てみよう
〔課題〕1冊分の「エッセンス・シート」

第5講 《9月前/東京・福岡・京都・通信 9月2日(日)10:00〜12:00》実践的レビューの書き方〜「実践的レビュー」があなたを行動に駆り立てる〜
・「書評」のメカニズムと「実践的レビュー」のメカニズムの決定的な違い
・「実践的レビュー」があなたを行動に駆り立てる
・「実践的レビュー」は「書評」ではなく「アクション・リスト」である
・「実践的レビュー」に「公開宣言効果」の役割を担わせるのも1つの手である
・「実践的レビュー」に必要なのは抽象化ではなく、徹底した「具体化」である
・「エッセンス・シート」から「実践的レビュー」を起こす方法
・「実践的レビュー」の目的は、未来をより明瞭に想い描くことである
・「実践的レビュー」の構成している最中にあなたの思考は未来を想い描いている
・胸を踊らせながら書き、書き終えたときに顔が晴れやかになっているのが理想
・「企画の◯◯」を説明することに「エッセンス」を利用するというスタンス
・「実践的レビュー」に適した文字数はあるのか?
・徹底して読みやすく書けると、その分野の「◯◯」の大部分を理解できる
・最も理想的な「実践的レビュー」とは、「◯◯」になりすぎて、人に見せたくないものである
〔ワークショップ〕「実践的レビュー」の◯◯を考えてみよう
〔課題〕1冊分の「実践的レビュー」

(休憩10分)

第6講 《9月後/東京・福岡・京都・通信 9月16日(日)10:00〜12:00》「本」の更新〜プロの情報スパイラル術〜
・「葉本(リーフ)」を茂らさない限り「知的樹木」は育たない
・常に更新しなければ「本」は古くなる
・「本」を定期的に補完する方法〜「本」の更新〜
・Web記事と雑誌の活用方法
・YouTubeの活用方法
・良質の「本」を紹介する人をマークする
・最大公約数以外の部分でプロは「差別化」する
・最大公約数以外の部分をどう補完するのか?
・あなたの人生を「豊か」にするために必要なのは「読書」である
・「脳内ストック」の鮮度に常に臆病になれ
・テレビや映画、ドラマや演劇、そして旅という名の「本」が「プロフェッショナル・リーディング」を補完する
・もう本を読むことをやめることができない「リーディング・スパイラル」を完成させる方法
・「実践的レビュー」を元に、徹底的に「アクション」してみる
・行動から生まれるフィードバックが最高の「本」である
・誰にも盗用されない「本」は、あなたの「アクション」から生まれる。
・「失敗」こそが最高の「本」である理由
・「フィードバック」と今ある「本」を調合して新たな「本」を生む
・やがて、あなたはその分野の第一人者になる
・そして、あなたが「本」の作り手となる
〔ワークショップ〕「本」を更新するための「ABCシート」を作ってみよう
〔課題〕「本」を更新するための「ABCシート」
*内容が変更になる場合がございます。

 

❏2018年7月開講「天狼院 プロフェッショナル・リーディング」概要

■講義回数:月2回×3ヶ月(全6回)
*単講座のみの受講はできません。ただし、動画や音声のストックがありますので、定員に満たない場合(通信受講も含め)はどの時期からも受講開始することが可能です。
■定員:東京40名様/福岡40名様/京都40名様/通信受講40名様
■会場
・東京会場 東京天狼院
・福岡会場 福岡天狼院
・京都会場 京都天狼院
・通信受講 インターネットが整った環境であればお好きな時間にお好きな場所で受講頂けます。
*基本的に、東京・福岡・京都いずれかの店舗から全店舗へ同時中継し、大型スクリーンでの生放送受講となります。不明点などは店舗にいるスタッフにその場でご質問いただけます。
*ワークショップに関しては、店舗受講の方はそれぞれの店舗で行います。通信の方もFacebookのコメント欄でやりとりをすることができます。

■参加費
一般      10,000円×3ヶ月(全6講義ほか参加特典)
プラチナクラス 5,000円×3ヶ月(全6講義ほか参加特典)

■参加特典
講義受講権(全6回)/講師や他の受講生とコミュニケーションできる非公開のFacebookコミュニティ参加権/全講義動画視聴権/全講義音声ダウンロード権含

■参加条件
・Facebookアカウントをお持ちである、もしくはこれから登録予定であること。
(諸連絡や課題の投稿も全てFacebookを使用します)

*CLASS天狼院「プラチナクラス」の方は、本ゼミに半額で参加いただけます。CLASS天狼院「プラチナクラス」についてはこちら→【破格の割引サービス】「CLASS天狼院」誕生!~最上ランク「プラチナクラス」は全店合計150名様限定~《詳細・決済ページ》
*東京天狼院・福岡天狼院・京都天狼院では、受講毎に1ドリンクオーダー頂いています。
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*通信で生中継での講義を受講される際には、安定したインターネット環境でご視聴ください。
*決済後の返金はいたしかねますのでご了承ください。

 

【お申し込み方法】
こちらのお申し込みページ内のPayPalボタンより決済、または各店舗までお問い合わせください。
お支払いは、店頭ご一括、またはPayPalでの一括および「定期購読(月1万円×3回)」決済、りそなネットでの口座引き落とし、銀行振込みをご利用いただけます。
ページ下部の注意事項をよくお読みいただき、手続きにお進みください。

*お問い合わせ
東京天狼院:03-6914-3618
福岡天狼院:092-518-7435
京都天狼院:075-708-3930

■店頭支払い(一括):
全国の天狼院書店各店にて現金またはクレジットカードでお支払い頂けます。店舗スタッフまでお申し付けください。

■PayPal決済(一括・月々払い):
下記のPayPalボタンの中からご希望のコースを選び、決済を行なってください。
「プラチナクラス価格」での受講をご希望の場合は別途CLASS天狼院「プラチナクラス」へのお申し込みが必要です。
合わせて「プラチナクラス」のボタンから決済を行なってください→【破格の割引サービス】「CLASS天狼院」誕生!~最上ランク「プラチナクラス」は全店合計100名様限定~《詳細・決済ページ》

■口座引き落とし(月々払い):
店舗スタッフまでお問い合わせください。

■銀行振込み(一括):
メールやお電話にて銀行振込みでのお支払い希望の旨をお知らせください。手続き方法、振込み先口座をご案内させて頂きます。

【天狼院書店へのお問い合わせ】
TEL:03-6914-3618(東京天狼院)092-518-7435(福岡天狼院)075-708-3930(京都天狼院)

 

【PayPal決済】*「通信受講」およびPaypal経由での「クレジットカード」でのお支払いご希望の方はこちらから
*こちらは全6回の講座になります。途中解約はできません。また、ページ下記に記載されている「注意事項」をよく読み、同意いただける方のみ、決済ボタンからお申し込みいただくようお願いいたします。

◆【一般/一括払い】天狼院 プロフェッショナル・リーディング(生講義/通信受講)月額1万円×3ヶ月/一括




◆【一般/月々払い】天狼院 プロフェッショナル・リーディング(生講義/通信受講)一般価格・月額1万円×3ヶ月/月々払い




◆【プラチナ/一括払い】天狼院 プロフェッショナル・リーディング(生講義/通信受講)月額5,000円×3ヶ月/プラチナ一括
*CLASS天狼院「プラチナクラス」のお客様のみご購入可能です。
*CLASS天狼院「プラチナクラス」についてはこちらから→プラチナクラス《詳細・決済ページ》




◆【プラチナ/月々払い】天狼院 プロフェッショナル・リーディング(生講義/通信受講)月額5,000円×3ヶ月/プラチナ月々払い




【加入手続きのガイド】
今すぐ購入/購読ボタンを押しますと、PayPalの決済ページに飛びます。

《一括払いの方》
スクリーンショット 2015-12-30 2.04.50

《月々払いの方》

PayPalのアカウントをお持ちの方は「ログイン」ボタンを押してお進みください。
アカウントをお持ちでない場合は、必要情報を記入してください。


以後、案内に通りにお進みください。
決済が完了しましたら「自動配信メール」が登録のメールアドレスに配信されます。
そのほか、追って(お申し込みが殺到する場合、2、3日かかる場合もございます)、天狼院書店から登録完了のメールを差し上げます。

 

■講師プロフィール
三浦崇典(Takanori Miura)
1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。映画『世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~』監督。ライター・編集者。著者エージェント。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)を出版。

NHK「おはよう日本」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、雑誌『商業界』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場

 

【注意事項】
・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降の参加をお断りさせていただき、もしくは退会していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・全6回全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。

 


*こちらもお申し込み受付中!
過去の受講生3,200名様以上!「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」

【6月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜


 

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。




関連記事