イベント情報

【6/27(水)】仕事を遊びのように楽しむための「フルスロットル仕事術」1DAY講座〜《東京・福岡・京都・全国通信》


いつもありがとうございます。
天狼院書店スタッフの川代と申します。

天狼院には、「全く異なる3人のお客様から言われたことは、必ず実行せよ」というルールがあます。
のべ受講者数3,200名様以上になるライティング・ゼミも、お客様からのご要望から生まれたもの。
その他、様々な部活、トークイベント、ゼミも、お客様にいただいた声から育ってきたものがたくさんあるのです。

けれども、以前から、3名以上、あるいは、数え切れないくらいかもしれませんが、たくさんのお客様に「やってほしい」と言われているにもかかわらず、いまだ実行に至っていないものがありました。

それは、天狼院書店・店主三浦が、なぜあんなにも自由に、遊びのように仕事を楽しめるのかを教えて欲しいというもの。
そう、常に全力疾走の三浦の「フルスロットル仕事術」を伝授して欲しい、というお声をたくさんいただいていたのです。

天狼院書店は、2013年の9月26日に一号店である東京天狼院がオープンし、その後、ほぼ毎年店舗数を増やし続けています。
2015年の9月26日には、福岡天狼院。
2016年の12月23日には、スタジオ天狼院。
2017年の1月27日には、京都天狼院。8月26日には、池袋駅前店が、池袋東口の商業施設「WACCA IKEBUKURO」内にオープン。
2018年の4月24日には、池袋駅直結の駅ビル「Esola池袋」内に、ビジネス書専門書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」がオープンしました。

この5年弱の間に、スタジオを含めて6店舗をオープンしているベンチャー企業ということもあるのかもしれませんが、天狼院書店にいるスタッフは、三浦に限らず、仕事を楽しんでいる人間がとても多いです。

私自身、入社以来ほぼ毎日仕事のことばかりを考えている仕事大好き人間の一人で、常に「仕事、仕事」と目をギラギラさせています。

こういうことを話すと、たいていの人には「なんでそんなに仕事に夢中になれるの?」と驚かれるのですが、たしかに言われてみれば、不思議です。

なぜ、そう思うのか?
なぜ、働くことを楽しんでいられるのか?
なぜ、毎日仕事に全力投球できるのか?

それは、天狼院書店の店主であり、天狼院書店の運営会社である株式会社東京プライズエージェンシーの代表取締役である、三浦崇典の働いている姿を、常に側で見続けているからだと思います。

正直に言って、私は三浦よりも働く人間を見たことが人生で一度もありません。
三浦は休むのが苦痛な「休日難民」だと公言しており、なんと2016年の1月2日を最後に休みをとっておらず、881連勤中だそうです。

けれども、それだけ働いていても、三浦が「働きたくない」などと言っているところは、全く想像がつきません。
私が思い描くのは、常に働いていることを、まるで遊びのように楽しむ三浦の姿です。

常にフルスロットルで働き、人生のすべてを仕事にしてしまっている。
「なんでもプロにならないと気が済まない」と言う三浦は、なんと「プロのカメラマンを目指す」と宣言してから約9ヶ月で本当にプロのカメラマンになってしまいました。
さらには、天狼院書店の経営者をしている傍ら、2017年の11月にはポプラ社から「殺し屋のマーケティング」という小説を発売。小説家としても活動しています。
おまけに、大正大学表現学部の講師として教鞭をとったり、ライティング・ゼミやマーケティング・ゼミ、時間術ゼミ、小説家養成ゼミなどなど、多数のゼミの講師も務めています。

これだけたくさんの仕事を抱えていて、頭が混乱しないのだろうかとか、いつ寝ているのだろかとか、社員の私から見ていても不思議なのですが、それでも三浦は毎日楽しそうです。経営者としても、小説家としても、カメラマンとしても、全力で仕事に取り組んでいます。

そう、三浦が常に仕事をしていても疲れを見せないのは、三浦にとって、仕事が何よりの「娯楽」であり、そして「娯楽」として楽しめるようになるまでの努力を積み重ねてきたからなのだと思います。

「痛みを伴わずに、やりたいことなどできるはずがない」
「成果を残さなければそれは仕事ではない」
「置きに行ったボールは必ず痛打される。死んでも妥協するな」

社員として働いている私たちは、三浦から、厳しい言葉をかけられることも多々あります。
けれども、誰よりも真剣であるがゆえに、仕事を「遊び」のように楽しめるのだと思います。

私も今、この場所で働いていて、辛いこともきついことも多々有りますが、それでも、その「痛み」の先にしか、究極的に自由な働き方はないと思っているので、ここで働き続けようと思っています。

今回「フルスロットル仕事術」の1DAY講座、開催するかどうか、本当にすったもんだがありました。
たしかに、天狼院には「別の3名以上のお客様から言われたら、実行しなければならない」というルールがある。
けれども、この「フルスロットル仕事術」は、店主三浦の人生の核となるものであり、ということはつまり、天狼院という企業そのものの核にもなり得ます。
それを本当に明かしてしまってもいいのか。
社内だけの情報としてとどめておいたほうがいいんじゃないか。

この仕事術は、今まで三浦が誰にも明かしたことがなく、社員の研修時や、社員一人ひとりとご飯に行ったときなどに、個別に教えていた内容でした。

仕事をするうえで、どんなことを意識すればいいのか。
「痛み」があったとしても、それでも遊びのように仕事を楽しめる領域に至るまで、どのように働けばいいのか。

私も三浦も悩みましたが、けれども、天狼院にはクリエイターを世の中に送り出すというビジョンがあります。
まだ世の中に出ていない才能が活躍できるように、サポートする。
となれば、やはり、「フルスロットル」で仕事をすることで、全力で努力をすることで、自分の夢を叶える、という論点を語らないわけにはまいりません。

ということで、お客様からも「やってほしい」と熱いリクエストをいただいていたにもかかわらず、先送りにしていた「フルスロットル仕事術」1DAY講座、初開催でございます!

店主の三浦が、その仕事術について徹底的に解説します。
社員すら体系立てては聞いたことのない仕事論を、60分×2講義に詰め込みました。
また、ラストには実践的な40分のワークショップも用意しています。

働き方について、悩んでいる方。
仕事をもっと楽しみたいという方。
どんなジャンルでも「プロ」になる方法を知りたいという方。

どなたも大歓迎でございます。
私も三浦と出会い、仕事についての考え方がまるっきり変わりました。
「仕事は辛いものだ」「仕事=プライベートのために、我慢するもの」というネガティブなイメージが、「自分の人生を最高に楽しくしてくれるもの」というポジティブなイメージに変わりました。
仕事を全力でできるようになると、自分に対する肯定感が生まれます。
「自分大好き!」とまではいかなくとも、「自分のこと、嫌いじゃないな」くらいには、認めてあげられるよになります。

かつての私のように、仕事が嫌で嫌でたまらないとか、仕事が苦しいとか、そんなイメージがある方にとっては、新たなヒントが得られるきっかけの日になるのではないかと思います。

フルスロットルで仕事をするために、武器となる「仕事術」を人生に取り入れていきましょう!
みなさまのご参加、お待ちしております。
よろしくおねがいいたします。

【カリキュラム】
❑〔講義前半〕「フルスロットル仕事術」は仕事を遊びに変える~スタンス編~(60分)
・仕事をフルスロットルで「娯楽化」すれば、人生の悩みの多くは解決する!
・二兎追う者は一兎も得ないが、全兎追う者は全兎を得る!
・アクセルを全開に踏み込んだ「フルスロットル」が最強である理由!
・未来のためにフルスロットルで今”失敗”を繰り返す!
・フルスロットルで悔しがり、大人になっても幼稚園児のように大泣きしよう!
・「あいつはそういうやつだから仕方がないよな(笑)」的な「キャラクター」をフルスロットルでゲットする!
・フルスロットルで人生を「ゲーム化」すれば、逆境が楽しくなる!
・美しくなければ、仕事ではない!美しければ、仕事が効率化される!
・フルスロットルで「自己暗示」をかけて、自分を「ゲームの達人」だと信じ込ませる!
・フルスロットルで「自己暗示」をかけて、「〆切」を守らなければ即死すると思い込め!
・「何時間働いたか?」はなく、「どれくらい意義のある時間を過ごしたか?」で測定する!
・周りや変な流行に合わせて「休み」を多くする必要はない!
・フルスロットルで仕事をすると、人生がドラクエの800倍楽しくなる!
・暇人が集まる飲み会に行くくらいなら、堂々と「引きこもった」方が1,000倍ましだ!
・「遊びも知らないつまらない人間」を極めると、突き抜けて「最も面白い人間」になる!
・「嘘」ほど「コスパ」が悪いものはない!
・人は騙せても、自分を騙すことはできない!
・嫌な「営業」をするくらいなら、引きこもれ!
・嫌なやつとは、極力話さない!
・「嫌われる」ことを気にしなくなると、多くの時間を節約できる!
・フルスロットルで仕事を繰り返し、知らないうちに誰かの市場を奪えば、どうせ嫌われる!
・人から与えられるチャンスを当てにしないと、逆に困るほどにチャンスがすり寄ってくる!
・気が散っても、調子が悪くても、何としてもフルスロットルで仕事を終らせる!
・疲れたら「疲れた!」と、頭に来たら「頭にきた!」とフルスロットルで叫べ!
・「遊ぶ」ならフルスロットルで仕事を片付けて、堂々と気兼ねなくフルスロットルで遊べ!
・フルスロットル仕事術に「モチベーション」はいらない!
・フルスロットル仕事術に必要なのは「妄想力」である!
・フルスロットルな自分の「欲望」を大切にしよう!

(休憩10分)

❑〔講義後半〕「フルスロットル仕事術」は仕事を遊びに変える~実践編~(60分)
・稚拙な会議を繰り返すくらいなら、一人で集中してフルスロットルで考える
・「アイデア」は、自分を信じることからしか生まれない
・片っ端からフルスロットルに仕事をスイープする
・一つ一つは「攻略」すべき対象であり、フルスロットルで攻略して自らの旗を掲げよ
・脳の違う部位をつかう異なる3つの仕事を用意して、回転させてすべてをフルスロットルで終わらせる
・フルスロットルに仕事をこなし「スパイラル」な成長を実感する
・フルスロットルで寝て「睡眠時間」を死守せよ
・「糖質ダイエット」をしてフルスロットルで仕事をしているやつを見たことがない
・最新機器は、一刻も早く取り入れる「スタンス」でいる
・「ガジェット」を貪欲に導入し、徹底して使いこなす
・IT機器は、フルスロットル仕事術に不可欠な「モビルスーツ」である
・使いにくい機器やサービスは、すぐに捨てる
・仕事の環境は、常に「ストレスフリー」を心がける
・マナーや身なりがしっかりした人間よりも、人は「中身」がある人間と仕事をしたがる
・フルスロットルで仕事をしている姿を見せれば、自然と仲間ができる
・傷を舐め合う「友だち」ではなく、共に戦う「戦友」を求める
・自分が苦手なことは、得意な「戦友」に丸投げする
・部下に好かれようとすると、膨大や「労働工数」を要する
・時にはフルスロットルで「怒る」ことで、「労働工数」を大いに減らすことにつながる
・仕事は金額で選ぶのではなく、内容で選べ
・「モチベーション」が問題にしなくていいくらいに、「ルーチン」を極める
・定期的に「ルーチン」を見直す
・人生を「ゲーム化」するために、徹底的に自分の人生を「レコーディング」する
・常に「自己新記録」を目指し、更新し続ける
・相手の「インセンティブ」をフルスロットルで考え、「断れない条件」を提示する
・どんな大企業でも、目の前に座る人間は「1人」である
・SNSで宣言して「公開宣言効果」で自縄自縛する
・SNSでは「うるさがられる」くらいがちょうどいい
・フルスロットル仕事術を極めると、「自分を嫌い」ではなくなる
・「自分が嫌い」でなくなると、さらにフルスロットルで踏み込めるようになる
・さらに踏み込めるようになると、人生のことごとくが「娯楽」になる

❏〔ワークショップ〕明日からフルスロットルになるためのワークショップ(40分)
*本ワークは、当日明かされることによって最大限に効果を発揮します。
*紙やノート、筆記用具をご用意ください。
*講義の内容は変更になる可能性はありますが、その場合は講義の質を向上させるためです。

❏〔フルスロットル仕事術1DAY講座〕概要《1回5,000円×2コマ/コミュニティ参加権付/動画視聴権付》
【東京・福岡・京都・通信】
日時:2018年6月27(水)19:00〜21:50(18:30受付開始)
〔講義前半〕19:00〜20:00(60分)
〔休憩〕20:00〜20:10(10分)
〔講義後半〕20:10〜21:10(60分)
〔ワーク〕21:10〜21:50(40分)

参加条件:
Facebookアカウントをお持ちである、もしくはこれから登録予定であること。gmailアドレスをお持ちであること(動画視聴に必要です)。

会場:
■東京・・・東京天狼院
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京会場は、早めに席が埋まってしまう可能性がございます。定員(40名様)を越えた場合、スタジオ天狼院(西池袋)のサテライト会場にてスクリーンに生中継を投影しての受講か、「通信受講」のご案内をさせていただきますので、お早めにお申し込みくださいませ。
■福岡・・・福岡天狼院
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
■京都・・・京都天狼院
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
定員:東京会場40名/福岡会場25名/京都会場25名/通信受講30名

参加費:5,000円×2コマ
*プラチナクラス会員の方は半額で受講することができます。プラチナクラスについてはこちら
*1コマのみの受講はできません。
*各店で受講される場合は、別途1ドリンクオーダー以上いただきます。
*天狼院のゼミやイベントにご参加されたことがなくても、ご参加いただけます。
*講師の三浦は東京から登壇いたしますが、最新鋭の通信システムで京都、福岡にも生中継いたします。双方向にやりとりができますので、ご質問などもしていただけます。
*通信受講では、収録した動画をアップロードし後日共有いたします。また、生中継でも配信をいたします。

 

■講師プロフィール
三浦崇典(Takanori Miura)
1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。映画『世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~』監督。ライター・編集者。著者エージェント。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)を出版。
NHK「おはよう日本」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、雑誌『商業界』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。

 

 

【PayPal決済】*「通信受講」およびPaypal経由での「クレジットカード」でのお支払いご希望の方はこちらから
*決済完了後のキャンセルはできません。注意事項をよく読み、同意の上、先にお進みください。

《会場:東京天狼院の方》

東京会場は、早めに席が埋まってしまう可能性がございます。定員(40名様)を越えた場合、スタジオ天狼院(西池袋)のサテライト会場にてスクリーンに生中継を投影しての受講か、「通信受講」のご案内をさせていただきますので、お早めにお申し込みくださいませ。

▼一般5,000円×2コマ




▼プラチナ2,500円×2コマ




《会場:福岡天狼院の方》

▼一般5,000円×2コマ




▼プラチナ2,500円×2コマ




《会場:京都天狼院の方》

▼一般5,000円×2コマ




▼プラチナ2,500円×2コマ




《通信受講の方》

▼一般5,000円×2コマ




▼プラチナ2,500円×2コマ




*店頭でのお支払いをご希望される方は、 お問い合せフォーム からタイトル【6/27 フルスロットル仕事術1DAY講座参加希望】、お名前、ご連絡先、受講希望地(東京/福岡/京都/通信受講)を記入の上、メッセージをお送りください。

【注意事項】※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。
・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。
・有料無料問わず、講師、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。ただし、天狼院書店が許可した場合は、この限りではありません。
・最小敢行人数5名様(万が一中止の場合、前日までにお知らせ致します)。
・本イベントの内容の著作権は、講師および天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

天狼院への行き方詳細はこちら


関連記事