fbpx
イベント情報

【10/21(日)11:00〜スタジオ天狼院】自分らしい写真って何だろう。 日常をSpecialにするプロカメラマン松本茜による写真ゼミ11月よりついに始動! 撮って、感じて、形にする。好きを見つめて、自分だけの色を見つけよう!「天狼院フォト部・茜ゼミ」オープン講座「使い捨てカメラ撮影会」開催いたします!


*こちらのお試し1DAY写真教室は11月より開講予定の『撮って、感じて、形にする。好きを見つめて、自分だけの色を見つけよう!日常をSpecialにするプロカメラマン松本茜による写真ゼミ』のオープン講座です。ゼミ講師から直に本講座の方針を聞いて頂くことで、本ゼミがどのようなものかを理解いただき受講を検討いただくことができます。
*ゼミの説明及び「使い捨てカメラの撮り方講座」の後は池袋の街を使い捨てカメラ(写ルンです)を持って実際にスナップ撮影して行きます。お楽しみに。

 

 

 

こんにちは。天狼院書店スタッフの山中です。
気がつけばカメラを始めてから4年になります。
撮影することはもちろんですが、この4年間は多くのイベントを開催する当店の中の写真部門、通称「フォト部」担当として多くのカメラ系イベントを企画運営してきました。

街に出てスナップ撮影会をしたり、モデルさんをスタジオで撮影したり。 レンズについて語らったり、バスをチャーターして旅に出たり。 気がつけばメンバーは748名(2018年10月11日現在)、累計参加人数は2600名様を超えました。

「フォト部」のテーマはとにかく写真を楽しむこと。 普段雑誌や広告など第一線で活躍されているプロのカメラマンの方に技術を教えていただくこともあれば、カメラが好き! 写真が好き!で集まってワイワイと語らうこともありました。
年齢、性別、経験、プロアマ問わず多くの方に写真を通して出会って行く中でこう思うようになりました。

「自分らしい写真」とは一体なんだろうかと。

確かにこの4年の間におかげさまで技術は上がってきたように思います。

カメラを買ったばかりの頃は常にオートモードに頼りっきりの初心者中の初心者でしたが、今となっては光や、構図や、被写体を前にこうすればこんな写真が撮れるというイメージを頭の中で思い描いてシャッターを切れるようにもなってきました。

 

しかし、撮影した写真を見ては
「まぁ、こんなもんじゃないかな」と思ってしまう自分がいました。

ピントも合っているし、写真の中の主役もしっかりわかる。 構図はこうした方がいい。光はこうした方がいい。カメラの設定はこうした方がいい。いわゆる“セオリー”を踏まえていって悪くない、納得のいく写真を撮るようになっていたのです。

写真を編集しようとパソコンの画面に撮った写真を並べて見ても何かつまらない。どれも似たような写真だなぁ。どこかで見たことあるなぁ。と思ってしまったのです。

と、そこで初めて気が付きました。そう、そこには「私らしさ」がなかったのです。

自分らしさってなんだろう。写真を見て「この人らしい写真だ」と言ってもらえたらどんなに嬉しいだろう。

 

「上手いね」だとか、「綺麗だね」よりも、「らしいね」と言われることが何倍何十倍も難しいことのように思えました。

自分は何が好きで、何を撮りたくて、何に感動して、どう表現したいのか。

 

自分らしい「写真」を。
自分の「色」を見つけていきたい……

今までの写真と、これからの写真。
今の自分と、撮りたいという気持ち。
一つ一つに感性を研ぎ澄まして、楽しむの一歩先へ、写真を深めていきたい。

 

「らしさ」について思い悩んでいるそんな時に、Facebookに、ぽんっと写真が上がってきました。 写っているのは何気ない日常。なのに、なぜか特別に感じてしまうような、キラキラしたどこか暖かい写真でした。 そして一目見て。「茜先生の写真だ」とわかりました。 プロカメラマンの松本茜先生は東京天狼院のフォト部の先生です。

 

ということで早速ご相談。

***

山中「あかね先生、自分らしい写真を撮れるようになるには一体どうしたら良いでしょうか」
あかね先生「うーん、難しいけれどまずは自分の写真を知ることかな。」
山中「自分の写真を知る……」
あかね先生「そう、そうすれば自分はこーゆー写真が得意だって胸を張って言えるようになって、自分の写真はこれだ! って表現できるようになる。そうすればそれは自分らしい写真って言えるよね」
山中「今までの写真を見つめ直すということですか」
あかね先生「もちろんそれもそうだし、自分は何が好きか感性やクセを知って、それを表現できるようになれるといいね! 写ルンですとか、みんなおんなじ条件で撮影して、その違いを考えてみるのもいいかもしれない。 あとはやっぱりいろんなものに出会って写真撮って好きを見つけていかないとかな」

山中「写真を撮って、それを見つめて、感じて、表現して、そうやって自分の色を見つけていく……」

あかね先生「そう、それの繰り返しだね」

***

今までの写真と、これからの写真。
今の自分と、撮りたいという気持ち。
一つ一つに感性を研ぎ澄まして、「楽しむ」の一歩先へ、写真を深めていきたい。

山中「先生! それ、やりたいです! 自分の感性を知って、自分の色を見つけて行きたい! 自分だけじゃなくて大勢でできればまた新たな感性が見えてくるかもしれないですし、合宿で星空撮影会とか普段個人ではなかなか挑戦できない写真も撮影できますし、新たな発見ができるかもしれない!」

あかね先生「いいね! 面白そう!! 」

と! いうわけで、

2018年11月より
日常をSpecialにするプロカメラマン松本茜による写真講座ついに始動いたします!
テーマは自分だけの色を見つける。

《カリキュラム予定》
第1回 自分のクセや感性を知る〜カメラ写真講評会&スナップ撮影会〜
11月18日(日) 11:00―14:00 @スタジオ天狼院 (講評&撮影会)

第2回 人を撮る、外を撮る、時間と光を撮る 〜屋外モデル撮影会〜
12月16日(日) 11:00―14:00(講評&撮影会)

第3回 写真を作り込む 〜写真編集会〜
1月20日(日) 11:00―14:00 (講評&編集会)

第4回 旅を撮る。 街と空気に自分らしさをのせて行く〜日光星空撮影の旅〜
2月2、3日(土日)(撮影合宿)

第5回 撮ったその後の表現を考える〜展示会準備〜
2月17日(日) 11:00―14:00 (講評&展示会準備)

第6回 自分の色を発表する〜スタジオ天狼院展示会〜
3月17日(日) 11:00―(展示会)

途中2月に星空撮影合宿も開催して、最後は3月にスタジオにて写真展を開催いたします!!

待ち遠しい11月の開講を前に、10月の第3日曜日、21日にオープン講座の開催が決定いたしました!

東京スタジオ天狼院集合で
11:00-14:00 自分の感性を見つける! 使い捨てカメラ撮影会を開催いたします。

ご参加の皆さんが「写ルンです」という同じカメラ条件で撮るとき、そこにどんな感性の違いが生まれるのか。

今回撮影された写真を11月の第1回の際に現像してお持ち寄りいただき、皆さんで見返して自分のクセを知って行く会を開催いたします。 そして、写真を考えることに慣れるため、他のメンバーの写真に感想を言う会にいたします。 言われた人は、それでまた自分の写真を知ることができるはず。

もちろん今回はオープン講座ですので、

ゼミに興味がある!! という方はもちろん、
撮影会楽しそう!

使い捨てカメラの仕組みを知って、撮影してみたい!
というみなさまもお気軽にご参加ください♪

 

また、10月の会に参加できないけれど、ゼミには参加したい! という方も
初回に使い捨てカメラで撮影したお写真を持ってきていただければご参加可能ですのでご安心ください♪

 

日常をSpecialにするプロカメラマン松本茜による写真ゼミ。いよいよ始動でございます。

皆様のご参加をお待ちしております!

【概要】日常をSpecialにするプロカメラマン松本茜による写真ゼミオープン講座
撮って、感じて、形にする。好きを見つめて、自分だけの色を見つけよう!「使い捨てカメラ撮影会」

日時:2018年10月21日(土)11:00~14:00(10:45受付開始)
11:00 使い捨てカメラ撮り方講座、ゼミ説明 開始
12:00 撮影開始
14:00 写真教室終了

メイン講師 松本茜氏
参加費:4500円(使い捨てカメラ代込み)
会場:スタジオ天狼院(池袋西口・C3出口より30秒)
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3丁目31−10 4F

TEL:03-6914-3618(東京天狼院)

*ドリームコーヒーの入っているビルの4階です。
(Googleマップ:https://goo.gl/maps/tGMnRRBb4oC2
 
定員:20名
*天狼院ファイナルクラブ会員の方は、本イベントに半額で参加いただけます。
「ファイナルクラブ価格」での受講をご希望の場合は別途「ファイナルクラブ天狼院」へのお申し込みが必要です。
*「ファイナルクラブ天狼院」にお申し込み頂きますと、半額ででお申し込みいただけます。「ファイナルクラブ天狼院」についてはこちらから→《5周年特別企画》「ファイナルクラブ天狼院」ついに開設!寿命100年時代の「オーダーメイド・ラーニング」を徹底サポート!天狼院のゼミなど主力のLIVEイベントが50%オフ!受講費月額1万円の『就活しない生き方〜21世紀の自助論〜』の受講特典!「ファイナルクラブ天狼院シークレットグループ」への招待!そのすべてを会費月額1万円で提供のお客様大還元企画!《全国100名様限定》

【講師プロフィール】
松本茜
プロカメラマン。天狼院フォト部顧問。プライベートで撮る風景写真を通して写真やイベントなど幅広い分野で活動を続けている。
何気ない日常をSPECIALな写真に切り取る類いまれなるスキルを有しており、将来を嘱望されるカメラマン。天狼院フォト部では、その瞬間の切り取り方を参加者に教えている。

松本茜 作品集

【参加方法】下記3ついずれかの方法でお申し込みください。
①下記リンク先からチケットをご購入
②お電話でのご予約:東京天狼院(03−6914−3618)受付時間:12:00〜22:00
③メールでのご予約:お問い合せフォーム より、件名に「10/21(日)使い捨てカメラ撮影会」とご記入の上、お名前とご連絡先をお送りください。

【チケット購入ページ】

*一般 4500円




*ファイナルクラブ天狼院会員価格 2250円




【注意事項】※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。
・許可なく、師匠の落語の録音録画は御遠慮ください。
・有料無料問わず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。 サービスの利用ができなくなる可能性があります。
ただし、当社の許可を得た限りはこの限りではありません。
・本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。

【天狼院書店へのお問い合わせ】

お問い合せフォーム

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

天狼院への行き方詳細はこちら

 


関連記事