fbpx
Esola池袋店 STYLE for Biz

【11/22(木)〜11/25(日)】天狼院の大文化祭〜the Greatest Show〜天狼院書店5周年記念!ライター、カメラマン、役者、編集者……全クリエイターよ、池袋に集え!クリエイターのための4日間限定の「祭り」がはじまる!《池袋HUMAXシネマズコラボ企画》


いつもありがとうございます。
天狼院スタッフの川代です。

2018年9月26日に、天狼院書店はオープン5周年を迎えます。
これはひとえに、いつも天狼院書店をご利用いただき、支えてくださっているみなさまがいらっしゃるからです。本当に、どうもありがとうございます。

東京、池袋駅から徒歩10分。
12坪の小さな書店、天狼院書店「東京天狼院」ができたのは、2013年の9月26日のことでした。

当時、学生だった私も、気がつけばもう4年以上天狼院と関わり続けていることになります。

5周年という節目の年を迎えるにあたって、やはり天狼院ならば、天狼院らしい「何か」をするべきではないかと、店主・三浦と相談していました。

この5年間で、さまざまなことがありました。
店舗は東京、福岡、京都に、スタジオも含め6店舗。
2014年の春にデビューした「天狼院秘本」シリーズは、8代目まで登場。そして今、9代目天狼院秘本の発売も確定しています。
部活が生まれ、ラボが生まれ、ゼミが生まれ。
演劇をやり、映画をつくり、雑誌をつくり。
2017年の11月には、三浦の小説『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)が出版されました。

私自身、スタッフとして働きつつも、急ピッチで進んでいくこの小さな船から振り落とされないようにと必死なのですが。
最近三浦と話していて、一つひっかかったことがありました。

「最近、『狂(きょう)』が足りてないよね」

それは、私と三浦、お互いに感じていたことでした。もしかすると、昔からいる全スタッフが感じていたことかもしれません。
「狂」というのは、天狼院における共通言語で、人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」などに参加されたことのある方は、あるいは、聞いたことがあるかもしれません。
「狂」とは、「狂うほどの熱量」。コンテンツ制作において、私たちは何よりもこれを大切にしてきました。

好きで好きで、死ぬほど好きでたまらないんだという、熱狂的なエネルギーをそそぐこと。
はたから見れば、「頭がおかしい」と思われてしまいかねないほどの「狂」こそが、本当に面白いコンテンツを生み出すのだという定義を、オープン当初から私たちは持っていました。

12坪の小さな書店をオープンさせた頃、私たちは、まさに「狂」の塊でした。
戦力がないからこそ、頭を限界まで捻らせて徹底的に面白いものを提供しようとしていました。今までに誰も見たことがないような、「異常」とも言えるほどの面白さを追求して、日々コンテンツ制作に挑んでいました。この書店業界で生き残っていくのに必死だったからこそ、一つ一つのコンテンツに対して、全力で当たらざるを得なかったのだと思います。

「あの頃に比べて、今の僕らは、なんて落ち着いてしまったんだろう」

先日、動画や写真で、過去私たちが取り組んできた活動を振り返っていたとき、三浦がそう呟きました。

「なんか、お行儀よくなっちゃって、遠慮してしまっているような気がする」

たしかに、と私も頷きました。
規模は大きくなり、社員の数も増え、戦力も増えました。ゼミや部活など、お客様にご提供できるコンテンツの規模も大きくなってきたと思います。
けれども、たしかに、ずいぶんとお行儀が良い。

誰も見たことのないような、やったことのないような、超絶面白いものを作ってみんなを驚かせてやるという気合いは、どこか遠くに置き去ってしまったような気がしました。
何がなんでも絶対にみんなを驚かせてやるという「狂」が、今の私たちには、あるだろうか。

どうだろう。答えられない。
そう思いました。気がついたとき、背筋が震えました。

そうして、私たちは考えました。

この5周年記念でできることがあるとすれば、その「狂」を取り戻すことではないのか。

いや、「取り戻す」なんて言ってはいられません。これまでの天狼院の何よりも、圧倒的な「狂」をこめたコンテンツを作る必要がある。
天狼院らしく、何ものにも遠慮せず、全力で、フルスロットルで、このプロジェクトに取り組まなければならない。

ということで、決めました。
私たちは、これまでにないような「祭り」を起こすことに、決めました。

この2018年11月22日~25日の4日間、天狼院の大文化祭を行います。

これまでの天狼院史上、もっとも熱く、そしてもっとも大きなプロジェクトになると思います。
ある意味、この5年間の集大成になると思います。

そして重要なのは、今回の大文化祭は、お客様が主役になるということです。
のべ3,800名様以上にご参加いただいている「ライティング・ゼミ」などのゼミや、毎月各店で開催し、大人気の「フォト部」「秘めフォト部」「落語部」などの部活、ファナティック読書会や映画ラボなどの同好会。天狼院にある、ありとあらゆるコミュニティに所属されているみなさまに、「発表」していただく場にしたいと思っています。

なぜなら、天狼院書店はオープン当初から「お客様と一緒に作る書店」であり、これまで、お客様のリクエストを経て、iPS細胞のように変化し続けてきたからです。であるにもかかわらず、明確な「発表」の場は、これまでほとんどなかった。ならばこの文化祭でやらない手はない。

ということで、今回の文化祭は、天狼院史上最大のプロジェクトになります。
店主の三浦も、全社員スタッフも、総力をあげて取り組む予定です。

これは個人的な予感に過ぎませんが、今回の大文化祭が、天狼院にとって一つの大きな「スイッチ」になるだろうという予感がしています。

主電源のスイッチを押すように、これまで溜めていた天狼院の「狂」のエネルギーが、ここで一気に爆発するような気がしているのです。

もちろん、これはあくまでも私個人の推測にすぎません。
けれども、理性ではなく、私の動物本能的な部分が、「狂」のスイッチが入る予感を嗅ぎ取っているように思えてなりません。

天狼院はこの2018年に、大文化祭をきっかけとして、新たなステージへと突入します。
天狼院が持っている「狂」と、これまで天狼院にご参加いただいたみなさまの「狂」がリンクして、最高の化学反応を起こせるのではないかと思っています。

今回の文化祭で、さまざまなクリエイターの力が一挙に集まることになり、そして同時に、どんな人でもクリエイターになれるチャンスがあるのだと実感できるだろうと思います。

いよいよ、です。
大変長らく、お待たせいたしました。

天狼院の「狂」が爆発するときがきます。やってきます。

未成熟な部分も多々ありながら、みなさまに支えていただいた5周年のこの節目に、こういった「祭り」を起こせることを、本当に嬉しく思っています。

そしてなんと。
今回の大文化祭は、池袋の街全体を巻き込んでいこうということで、スペシャルなコラボをさせていただけることになりました!

それが、「池袋HUMAXシネマズ」さんです。
JR池袋駅東口より徒歩5分。サンシャイン60通り東急ハンズ手前にある映画館といったら、池袋によく来る人ならばどなたも一度は前を通ったことがあるのではないでしょうか。

大文化祭のコラボということで、「池袋HUMAXシネマズ」さんの映画館で、イベントを開催できることになりました!

天狼院書店では、自店舗はもちろん、イベントスペース、貸し会議室、屋外、劇場など、さまざまな場所でイベントを開催してきましたが、映画館を貸し切ってのイベントは、史上初です!

映画館でやるからこそのコンテンツをさまざま、用意しておりますので、どうぞ、お楽しみに!

天狼院の大文化祭のイベントチケットは、HUMAXシネマズさんのオンラインサイトでもご購入いただけるだけでなく、HUMAXシネマズさんの窓口でもご購入いただけます。

映画館で映画のチケットを買うように、「天狼院の大文化祭のチケットをください」とお伝えいただければ、そのままチケットを発行してくださるのです!

それぞれのコンテンツに単発で参加するもよし、
全イベントに参加するもよし。

11月のお祭り騒ぎ。
いよいよ、2018年最後の祭りがはじまります!

乞うご期待でございます!
 

天狼院の大文化祭スケジュール


11/22(木)
19:15~20:45 落語部+こたつ劇 発表会/シネマ6
参加費:1,800円

【11/22(木)19:15 天狼院の大文化祭〜the Greatest Show〜/落語部特講】舞台で落語を1本披露できるようになろう!プロの噺家に直接教わる、1ヶ月集中「落語部」特別講座プロジェクト公演発表会!《初参加の方も大歓迎!》


 


11/22(木)
21:15~22:45 フォト部 フォトグランプリ/シネマ6
参加費:1,800円

東京【11/22(木)21:15 天狼院の大文化祭〜the Greatest Show〜/天狼院フォトグランプリ 〔photo GRAND Prix〕】参加者全員で一位を決める!もっとも人々の心動かす写真とはどんな写真?天狼院店主、プロカメラマンの榊智朗氏、松本茜氏との対談形式!


11/23(金)
14:15~15:45 ※女性限定
秘めフォト/シネマ6
参加費:3,500円


11/23(金)
16:15~17:45 柳瀬教授トークショー/シネマ6
参加費:5,000円
ゲスト:
柳瀬博一様(東京工業大学 メディア論 教授)
川崎貴子様(経営者/コラムニスト リントス株式会社代表)

【東京11/23(金)16:15~天狼院の大文化祭〜the Greatest Show〜】天狼院・働き方サミット 柳瀬博一さんプロデュース! スマートニュースメディア研究所所長の瀬尾傑さん、 働く女性を応援してきた川崎貴子さんと語る! これから、どう働く? 人生100年時代、ライフシフトをぶっとばせ! ――クリエイター、ビジネスパーソン、経営者たちの「転職後」――


11/24(土)
19:15~20:45 シネマリーディング/シネマ1
参加費:5,000円


11/24(土)
21:15~22:45 映画部ムービー放映/シネマ1
参加費:1,800円


11/25(日)
14:15~17:15 ライティング・ゼミスペシャル/シネマ1
参加費:1,800円

東京【11/25(日) 14:15天狼院の大文化祭〜the Greatest Show〜/ライティング・ゼミspecial】『メディアグランプリthe Live』開幕!映画館のスクリーンに作成原稿がそのまま放映されるライティング舞踏会!店主三浦がその場でフィードバック解説!「書く」を体験しながら学ぶ、特別講座!


 
【お申し込み方法】※必ず、ページ下部の注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。
HUMAXシネマズオンラインサイトまたは、池袋HUMAXシネマズさんの窓口にてお買い求めいただけます。

【チケット購入ページ】
池袋HUMAXシネマズ公式サイト:
http://www.humax-cinema.co.jp/cinema/ikebukuro/index.html#tenro-in_tgs

 

【会場】
池袋HUMAXシネマズ

東京都豊島区東池袋1-22-10
ヒューマックスパビリオン 池袋サンシャイン60通り6F・8F・B2F
TEL:03-5979-1660
(24時間番組案内・お客様お問い合せ)


**電車をご利用の場合**
JR池袋駅
東口より徒歩5分
サンシャイン60通り東急ハンズ手前

地下鉄有楽町線 東池袋駅
2番出口より徒歩5分。
池袋駅方面に進み、東池袋交差点を右折。
300m先サンシャイン60通り東急ハンズを左折し100m。

**お車をご利用の場合**
東池袋一丁目パーキングのご案内
通常料金 30分300円、12時間毎1200円
営業時間 8:00~翌5:00
詳細はホームページをご確認ください。
http://higashiike.han-be.com

出庫精算時に池袋HUMAXシネマズ映画鑑賞券の当日分の半券提示で、通常12時間毎1200円 → 1000円に値引き
※当日に限り有効。
※その他は通常料金になりますのでご注意ください。

 

【注意事項】

・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。
・有料無料問わず、講師、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。ただし、天狼院書店が許可した場合は、この限りではありません。
・本イベントの内容の著作権は、講師および天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。

【天狼院書店へのお問い合わせ】

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。




関連記事