fbpx
READING LIFE EXTRA

『ガイアの夜明け』セブンイレブンの大攻勢/年間1500店舗の出店計画

thumbnail


セブンイレブン、と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、創業者である鈴木敏文さんのことでございます。

鈴木さんといえば、天狼院書店がお世話になります、取次大手のトーハンさん出身であります。

もしかして、全国津々浦々まで書籍を流すことができる、実に緻密な取次の流通システムを学んだからこそ、セブンイレブンを成功させることができたのではないかと思うこともありました。

真実は、どうなのでしょうか。今回の番組でそれを解き明かしてくれるのでしょうか。

 

さて、『ガイアの夜明け』でございます。

 

今、セブンイレブンは大構成をかけています。今期、全国でこれから1,500店舗出店する予定があるといいます。8月だけでなんと305店舗出店予定でした。

しかも、単に規模を拡大しているだけではありません。

 

1日の生活を振り返ってみると、まず、僕は6時から仕事を始めて、NHKの『あまちゃん』が始まる10分前に近くのセブン-イレブンに行き、サンドイッチとコーヒーを買いに行き、『あまちゃん』をみながら朝食をとります。

 

自分で機械で入れるタイプのこのコーヒーが、実にコストパフォーマンスが高い。

しかも、サンドイッチもこれに合わせて食べるとやみつきになるくらいにうまい。

 

コーヒーは、挽きたてで香りがたち、ヘタなコーヒーショップよりもうまいのではないかと思うくらいです。これは前にはなかったメニューです。

また、仕事でどうしてもA3の資料がほしいときには、これまでA4までのプリンターしかなかったので、ネットプリントでデータを吸い上げ、登録番号だけを控えて、セブン-イレブンに向かいます。そこで、登録していたデータを引き出して、印刷できるのです。しかも、この複合機の印刷レベルが高い。

そして、仕事帰りにはやはり、セブン-イレブンに寄って、デザートを買って帰ります。

 

そうして生活に浸透して、なくてはならなくなっているのは、セブン-イレブンが常に進化しているからです。

それでは、セブン-イレブンを創業した鈴木敏文という人はいったいどういう人なんでしょうか。

鈴木敏文さん、御歳八十歳なんですね。一見すると上品で穏やかな人に見えますが、決してそうではないのでしょう。

飽くなき上昇志向を胸に抱いた方のなのではないかと思います。

 

それを、飽くなき「欲望」と言い換えてしまっても、あるいはいいのかも知れません。

 

年齢は関係なく、誰よりも情熱をもったリーダーが最前線にいれば、やはり、組織は締まります。

やるべきことが明確になります。

 

番組を観ているうちに、あるいは、と思うところがありました。

 

鈴木さんは出版流通の中枢にいたので、精緻な流通のシステムの構築のしかたも知っていたのではないでしょうか。

そのシステムを最大限に活用して、「精緻なダイナミズム」を実現するためには何をすればいいかと考えた時に、もしかして、こうした結論に至ったのかも知れません。

 

室の高い商品を作り上げれば、それを全国津々浦々まで正確に届けることができる。もちろん、そこには大きな需要が誕生し、消費が発生し、それは莫大な利益を生むだろう。

 

それでは、質の高い商品を作り上げるためにどうすればいいか。

正しい戦略がなければならない。

 

そして、まずは「優れた流通の仕組み」ありきで、逆算的に生まれたのが、セブン-イレブンだったのではないでしょうか。

 

つまり、その「種」になったのは、トーハンさんの仕組み、つまりは全国津々浦々まで雑誌や書籍を流すことができる出版流通の仕組みだった。そのシステムを最大限に活かす仕組みが、セブン-イレブンというビジネスモデルだった――。

 

幸い、僕は業界において、「特異点」的に書店、営業、編集など、幅広い分野で仕事をして、この業界をきっと他の人よりも俯瞰的に見ることができる立場にあります。つまり、それはこの精緻かつ優秀なシステムからビジネスモデルを抽出できる立場にあると言っていいかもしれません。

 

あるいは、これから生まれる天狼院書店とは、この業界の弱点を克服し、かつ、この業界のモデルの最もいいところをエッセンスとして抽出して実現する仕組みとなりえるかも知れません。

 

9月26日についに天狼院書店の一店舗目「東京天狼院」が池袋にオープンします。

はたして、東京天狼院はどんなかたちになるのでしょうか。

 

実は、僕自信が最もその誕生を楽しみにしております。

 

皆様のお力を拝借しながら、面白いことにしていこうと思っております。

乞うご期待でございます。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

【東京天狼院オープンニング情報】

天狼院書店が9月26日(木)に、ついにリアル書店をオープンさせます!

場所は池袋です。

オープニング関連イベントのスケジュールは以下のとおりです。

9/12 天狼院プレリュード in OCEAN Casita〜書店と出版の未来を「超」前向きに考える会SPECIAL〜

☆プレリュードはご盛況により一旦お申し込みを締めきっております。

ご参加希望の方は、sakaeda@tokyoprizeagency.comまでご相談ください。

9/20 「黒船来航」出航除幕式〜プレオープン〜

9/26 東京天狼院プレミア〜オープン〜

皆様のご来店、心からお待ちしております。

 


2013-09-10 | Posted in READING LIFE EXTRA, ガイアの夜明け

関連記事