ゼミ

【追記:4/16(土)に開講日変更】人生に必要なことを劇団で学ぶ!「劇団天狼院〜FUKUOKA〜」4月本格始動!演技・表現・朗読だけじゃない!演劇を通して、マーケティング・読解力・ライティング(文章力)・自分ブランディング・プロのマインドを実践的に学ぶ!


【4/7変更点追記】
皆様に入団、継続して頂きやすくする為料金体系など下記の点を変更・追記しました!
本文にも反映しておりますのでご確認くださいませ!
・開講日が4/9(土)から4/16(土)に開講日変更になりました。
・月額受講料と稽古回数が変更になりました。
12000円(稽古月3回+特別講義)→ 8000円(稽古月2回+特別講義)*プラチナクラス会員は50%OFF。
→1回あたりの稽古の金額がお安くなりました!
・定期公演出演者は別途特別補講あり
→2016年7月の定期公演に向けては最大4回実施予定です。
 別途参加費が必要になりますが、それを含めても以前の料金体系と比べて4ヶ月単位で最低6000円〜最大16,000円お安くなりました!
・支払い方法はレジにて毎月1回目の稽古時に当月分を支払い。(現金・クレジットカード可)

12935413_1083674888374115_164959370_n

 

天狼院書店店主および劇団天狼院主宰の三浦でございます。

2014年11月に旗揚げ公演をした劇団天狼院も、旗揚げ公演から早くも1年4ヶ月が経とうとしております。

これまで、劇団天狼院は、

舞台『膝上29センチ以下の彼女』(劇団天狼院オリジナル)
映画・舞台『世界で一番美しい死体〜天狼院殺人事件〜』(劇団天狼院オリジナル)
舞台『殺し屋のマーケティング』(劇団天狼院オリジナル)
舞台『コーヒーが冷めないうちに』(川口俊和原作/サンマーク出版刊)
双方向朗読劇『コーヒーが冷めないうちに』(劇団天狼院〜FUKUOKA〜旗揚げ公演)

と、5公演を経験して参りました。

東京の「劇団天狼院」だけでなく、福岡で女性だけの劇団「劇団天狼院〜FUKUOKA〜」を立ち上げました。お察しのとおり、これは天狼院が全国に出店されるとその地に新しい「劇団天狼院」が生まれることになります。

これまでは、公演ごとに役者やスタッフが集まるという「フロー型」の劇団でしたが、これを劇団員として所属してもらう「ストック型」の劇団に移行することに決めました。

それは、天狼院が「劇団天狼院」を大きな事業部のひとつにしようという考えからです。
つまり、「劇団天狼院」は、プロの本格的な劇団を目指して行きます。

ただし、天狼院がやる劇団ですから、普通のアプローチをするはずがありません。
当然です笑。
「天狼院流」に、徹底して新しいアプローチで、新しい演劇のスタイルを確立して行こうと考えております。

通常の演技指導、ワーク・ショップをプロの先生にやっていただくのと平行して、天狼院が劇団に必要と考える全てのことをこの「劇団天狼院」にぶちこみます!!!

今までの劇団天狼院を主宰していく中で、あることがいつも気になっていました。

演劇経験が「0」の女子大生がなぜすぐに演劇ができるのか?

もちろん、ワーク・ショップを担当してくださる先生の教える技量がよかったというのも、あったと思います。
でも、それだけじゃないんですね。

演技が上手な子に共通していたのは、本をよく読むということだったのです。
つまり、「読解力」があった。
もっと言えば、台本を「行間」まで鮮明なイメージで描くことができた。

だから、自然な演技ができるようになる。

つまり、演技に最も必要なのは、僕は「読解力」だろうと思うのです。

今回の劇団天狼院は、天狼院のエクスペリエンス(体験)の中でも最高ランクの「ゼミ」形式で行くのですが、その中で、「読解力」を磨く講義を入れます。

また、同時に、表現力を磨く手段のひとつとして「ライティング(文章力)」を養成する講座も入れます。

さらには、劇団天狼院は趣味で終わらせるつもりはございません。
我が社の柱となる事業のひとつにしたいと考えております。

そのためには、ビジネスとしての成功をおさめなければ意味がありません。

ビジネスとして劇団をうまく活かせるための「マーケティング」講座も組み入れようと思っております。

気付きましたでしょうか?

そう、それらは天狼院がとても得意な分野なのです。
それを、劇団天狼院にすべてぶちこもうと考えているわけです!!

気付きましたでしょうか?

そう、劇団天狼院を通して、皆様は演技や表現だけでなく、読解力や文章力、マーケティングやブランディング、そしてコンテンツ論まで学んでいただけることになります。
演劇を、人生に活かしていただこうと考えているわけです!!

それだけではなく、プロ中のプロの先生方が、ワーク・ショップと座学を通して、頭に想い描いたイメージを実際にどうやって舞台上で表現するかについて、詳しく、徹底して教えてくれます!

今回、とても豪華な講師・顧問陣が劇団天狼院に参加してくれます!

東京では、脚本家兼演出家であり、手掛けた舞台『コーヒーが冷めないうちに』は杉並演劇祭大賞を受賞。
その後、自身で書籍化した同作品は「五代目天狼院秘本」にも選定され、2016年4月7日現在8万部を超えるベストセラーとなり、作家としての顔も持つ川口俊和氏。

福岡では、自身も役者として九州最大の動員数を誇る「劇団ギンギラ太陽’s」にレギュラー出演を始めとし舞台に多数出演。
3都市ツアー公演やNHK福岡放送局主催イベントなど脚本・演出として活躍。テアトルアカデミー福岡校の演技講師にも就任し、3歳から60歳まで幅広い層の指導力に定評がある中村雪絵氏。
時折、先生方を東京と福岡でクロスさせながら、劇団天狼院と劇団天狼院〜FUKUOKA〜は、仲間であり、ライバルであるという関係性を構築して、お互いに切磋琢磨して「コンテンツ」の質を高め合っていければと思います。

それだけではありません。

天狼院には大きな「生態系」があります。

フォトゼミ(4月開講!)があり、雑誌編集ゼミ(4月開講!)があり、そして映画ゼミ(夏開講!)があります。

劇団員の皆様には、そのモデルとして、または天狼院の動画や音声のメディアにパーソナリティとして、出演して頂く可能性も出てまいります。

また、小説家養成ゼミで誕生した小説家の先生の作品は、劇団天狼院が上演していいという約束になっているので、それに出演することもできます!

さらには、最新鋭のシステム「天狼院LOAD」をつかって、東京と福岡それぞれに役者を配して1つの作品を上演する「双方向劇」をすることもできます!
これも前代未聞の、天狼院ならではの試みです!

つまり、劇団天狼院は、計り知れない可能性を秘めた劇団なのです!

ぜひ、1人でも多くの方が、劇団天狼院に参加いただければと思います。

まったく新しいアプローチで、演劇界に旋風を起こしましょう!!

どうぞよろしくお願いします。

【入団特典一部公開!】
・劇団天狼院の定期公演にキャスト、スタッフとして参加
・双方向通信システム『天狼院LOAD』により双方向演劇の実現、全国へライブ配信
(国内10店舗以上出店予定。現在3店舗確定、4店舗進行中)
・プロが書いた台本を利用できる
・写真やチラシなどのデザインはすべてプロが制作
・天狼院の自社メディアを利用し告知可能
・天狼院が構築する『パーフェクトメディア』(web、メルマガ、音声・動画配信、雑誌など)への露出
・天狼院のメディアでモデルとして起用
・天狼院小説家養成ゼミで出版されたものをドラマ化、映画化した場合のキャスト候補

【講師紹介(福岡)】
中村雪絵(なかむら・ゆきえ)
2002年8月、高校在学中に『劇団ぎゃ。』を旗揚げ。
同劇団の主宰となりすべての脚本・演出を手がける。
福岡県福岡市内を拠点としながらも、東京・大阪・福岡の3都市ツアー公演や市民吹奏楽団とのコラボレーション劇など企画性の高い作品を制作。 2012年、NHK福岡放送局主催イベントのショー構成・演出や、アクロス福岡主催事業の脚本・演出など、放送局や文化施設主催のイベントや演劇作品も多数手がけている。
2013年よりテアトルアカデミー福岡校の演技講師に就任。
3歳から60歳まで幅広く指導している。
2014年8月、同劇団解散によりフリーとなり、現在はエレガントプロモーションの演劇ボーカルパフォーマンスユニット・福岡オトメ歌劇団の脚本・演出を手がけている。
役者としてもコメディーを中心に多数の作品に出演。
2011年より現在まで、九州最大の動員数を誇る「劇団ギンギラ太陽’s」にレギュラー出演中。

❏劇団天狼院〜FUKUOKA〜概要
・参加条件:演者・スタッフとして演劇に関わっていきたいとお考えの女性の方
(経験は問いません。団員数の状況によっては入団面談を実施する可能性がございます)
・場所:福岡天狼院
・参加費:月額制毎月8,000円(CLASS天狼院「プラチナクラス」の方は半額4,000円)
・お申し込み方法:メールを下記の運営事務局宛にお送りください。折り返しご連絡させて頂きます。
tutor@tenro-in.com
件名に【劇団天狼院〜FUKUOKA〜 入団希望】という文言とご自身の氏名を記入してください。
また本文に携帯電話番号をご記入ください。

*定期公演出演者については別途定期公演の為の補講を実施致します。
 7月定期公演に向けての補講は6月後半に、最大4回実施予定です。(2500円/回)
 出演者は必須参加とし初回稽古以降で出演者の予定と調整の上、日程を決めさせていただきます。
*ご来店毎に1ドリンクオーダーいただきます。
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*お客様都合による返金はいたしかねますのでご了承ください。

【支払い方法】
月額制毎月8,000円
毎月1回目の稽古の際に上記の金額をレジにてお支払いください。

■2016年4〜7月スケジュール:
特別講義①《自宅動画受講 担当:三浦崇典》
【講義・リーディング】「脚本の行間を読み解く」ための読解力を身につける《演技力=読解力》
テーマ 脚本家の意図を理解しろ!〜名劇団に高学歴の役者が多い理由とは?〜
「演技力=読解力」理論を店主三浦が詳しく解説。読書量が多い人ほど演技の上達が早い理由を追求し、役者に必要な読書法を伝授。

特別講義②《自宅動画受講 担当:三浦崇典》
【講義・ライティング】言葉を使って「表現力」の真髄を学ぶ〜役者の書くエッセイが面白いのはなぜなのか?〜
テーマ:自分の考えを文章にして書くことによって多彩な表現方法を身につける。リーディング編と合わせ、脚本の行間を読む能力アップに非常に有効。

特別講義③《自宅動画受講 担当:三浦崇典》
【講義・ブランディング】ビジネスマーケティング意識を持ったアーティストになれ!
テーマ:役者として必要な自己ブランディング法
この役者・小劇団が溢れかえっている時代に、演技さえできれば役者として成功できるとは限らない。自らをアーティストであるのと同時にビジネスマンであると意識することが必要。

4月-①《4月16日(土)9:30〜11:30 担当:中村雪絵》
【稽古・初級】イメージしたものを身体につなげるワークI
テーマ:演技の「感覚」を身につけろ!
パントマイムを使って、無いものをあるように感じとるワーク。綱渡りをしてみたり、物を食べてみたり。まずは演劇の感覚的なポイントをつかむ。

4月-②《4月30日(土)9:30〜11:30担当:中村雪絵》
【稽古・初級】イメージしたものを身体につなげるワークⅡ
テーマ 頭で考えたことを身体表現につなげる演技術
第1講の発展編。無いものをあるように感じることができたら、今度はあるように「見せる」「感じさせる」ワーク。第1講よりも、頭を使った演技のポイン16トをおさえる。

5月-①《5月14日(土)9:30〜11:30 担当:中村雪絵》
【稽古・中級】集中力を鍛えるワークⅠ
テーマ:役者に必須の瞬発力と暗記力を鍛えろ!
段取りやセリフを整理整頓するためのトレーニング。ややしんどめのワークだが、集中力は役者になりたい人の必須クリア条件。

5月-②《5月28日(土)9:30〜11:30 担当:中村雪絵》
【稽古・中級】集中力を鍛えるワークⅡ
テーマ:演技をコントロールする力を身につける
段取りやセリフを確実に自分のものにするワーク。「脚本を後ろから順番にやる」「でたらめな動きをつけてセリフを言う」などしても思い通りのセリフが出てくるか……など実践。

6月-①《6月4日(土)9:30〜11:30 担当:中村雪絵》
【稽古・上級】表現力を鍛えるワークⅠ
テーマ:基礎感情表現「爆発」7つのテンション移動
ニュートラルな状態から頭が狂った状態まで、感情を7つの段階に分け、徐々に上げていったり、バラバラにやったりしながら感情をコントロールする方法を身につける。

6月-②《6月18日(土)9:30〜11:30 担当:中村雪絵》
【稽古・上級】表現力を鍛えるワークⅡ
テーマ:とにかくやってやってやりまくれ!
短いセリフでパターンをひたすらたくさんこなす。1000本ノックワーク。

*定期公演出演者については定期公演の為の補講を実施致します。
 7月定期公演に向けての補講は6月後半に、最大4回実施予定です。(2500円/回)
 出演者は必須参加とし初回稽古以降で出演者の予定と調整の上、日程を決めさせていただきます。

7月-①《7月2日(土)11:00〜13:00 担当:中村雪絵》
定期公演 第1回 *リハーサルの為、8:00に福岡天狼院に集合予定。

7月-②《7月9日(土)11:00〜13:00 担当:中村雪絵》
定期公演 第2回 *リハーサルの為、8:00に福岡天狼院に集合予定。

【注意事項】
・参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・全16回全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。


関連記事