fbpx
7月Esolaイベント

【7/5金19:31~】
パクチーブームの火付け役!伝説のお店「パクチーハウス東京」店主ご来店!「ありえない」をブームにするつながりの仕事術!世界初パクチー料理専門店を連日満員にできた理由とは!?《STYLE for Biz 特別講座》


*生放送または、後日動画で視聴する通信受講も受け付けております。
ご希望の方は《生放送/後日動画参加希望》のボタンからお申し込みください。

こんにちは。天狼院書店スタッフの山中です。

友人との食事の時、お店選び、メニュー選びについてピンポイントで気にかけることがあります。

それは「パクチーが好きか、嫌いか」について。

世の中に好き嫌いがはっきり分かれるものって多くあるかと思いますが、その中でも最たる食材が「パクチー」なのではないかと思っています。(個人の見解)

好きな人はとことん好きだし、苦手な人はとことん苦手。
好んでは食べないけれど食べられるというグレーゾーンな人はあまりおらず、
できることなら山盛り増量して食べたい!!というパクチー大好き派と。
お願いだからテーブルの上にも置かないでほしいというパクチー大の苦手派と、
一癖も二癖もあるパクチーは。食事の好き嫌いの話題において必ず登場するお馴染みの食材となっています。

しかし、今でこそ私もパクチー大好き派ではありますが、10年前を思い返してみればその存在すら知らなかったように思います。

ティラミスやタピオカ、食材がファッションのようにブームを起こす日本ですが、パクチーブームが起こったのは今から約3年前の2016年
ぐるなび総研の今年の一皿にも「パクチー料理」が選ばれ、巷ではパクチー愛好家のことが「パクチスト」と呼ばれるようになり。コンビニで売られるお菓子にパクチー味が登場したり、スーパーで売られる調味料にもパクチーペーストやパクチーソースなどがいくつならぶようになったり。グルメ雑誌で、パクチー特集が組まれたり、パクチー料理の本が数多く出版されるようになったりしたのもこの頃です。

そんなマイナー食材が一躍大ブームとなったのには、ある火付け役となったお店がありました。
2007年に東京・経堂にてオープンした
パクチー料理専門店「パクチーハウス東京」です。

世界初のパクチー専門店として登場した当店。しかし、注目されたのはその料理の美味しさだけではありませんでした。

店主の佐谷恭さんは、2005年にパクチー好きのサークル、「日本パクチー狂会」を立ち上げ、仲間とさまざまな店でパクチーパーティを開催。 「パクチーを薬味から主役に!」と、務めていたか会社を辞めて、パクチーハウスをオープンしました。

コンセプトは“交流する飲食店”
そこには様々な面白いルールがありました。

・貸し切りにしない
・相席推奨
・突然のLIVE大歓迎
・「おしぼり」はなし
・食事の前にまず「カンパク!」
・「ライパク宣言」で割引!


独自のパクチー料理と、面白い仕掛けが話題となり、あれよあれよという間にパクチーハウスはメディアにも多く取り上げられる予約の取れない大人気店となりました。

しかし、そんなパクチーブームを巻き起こしたパクチーハウス、連日満席だったのにも関わらず、実は2018310日をもって、閉店してしまったのです。

「『お店』という形態を崩したいなと思って。」と、店主の佐谷さん。
そこには次なる面白い“企み”が隠れているようです。

なんと今回、『「ありえない」をブームにするつながりの仕事術: 世界初パクチー料理専門店を連日満員にできた理由』

の発刊を記念して、パクチーハウス東京店主天狼院Esola池袋店にお越しいただけることとなりました!!

コンテンツ
・パクチーハウス東京をやめてからパクチーハウス東京を始めるまで
(閉店までのカウントダウン89)
・なぜパクチーで飲食業だったのか?
・パクチーハウス東京の面白いルール
・店舗を持たない、生まれ変わったパクチーハウス東京
・走るのが嫌いでも、月間300キロを走るようになった理由

ブームの仕掛けを知りたい!
人と繋がる、つながりの仕事術って?
飲食業について学びたい!
とにかくパクチーが好き!

皆さん大歓迎です!
パクチー好きの方もそうでない方も皆さんのお越しをお待ちしております!

***登壇者プロフィール***

佐谷 恭(KYO SATANI)
2018年3月まで東京都世田谷区経堂にあった世界初のパクチー料理専門店「パクチーハウス東京」のオーナー。「パクチー料理専門店?なにそれ!?ありえない」と言われ続けたにもかかわらず、強烈なパクチー愛と執念でパクチーの普及に“全緑”を尽くし、連日満員のお店に。10周年の直後に電撃発表で閉店を告げ、その89日後の3月10日に閉鎖し現在は「無店舗展開中」。国内外の各地でパクチーハウスをポップアップ営業している。東京初のコワーキングスペース「PAX Coworking」の創業者であり、人と人、街と街とがつながるランニングイベント「シャルソン」の創始者でもある。

概要


日時:7月5日(金)
19:15 受付開始
19:31 イベント開始
(89分間)
21:00 終了
参加費:
一般:3,500円(税抜)
*Esola池袋店会場にてご参加の方は参加費に加えて、ご参加当日店頭にて書籍『ありえない」をブームにするつながりの仕事術: 世界初パクチー料理専門店を連日満員にできた理由』のご購入が必須となります。講座テキストとして使用する可能性がございます。すでに書籍をお持ちの方は、当日必ずお持ちください。

*生放送または、後日動画で視聴する通信受講も受け付けております。
ご希望の方は《生放送/後日動画参加希望》のボタンからお申し込みください。

*「ファイナルクラブ天狼院」会員の方は、本イベントに半額で参加いただけます。ファイナルクラブについてはこちら

 
■会場:
天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Biz/生放送、後日動画受講
Esola池袋店へのアクセス
*天狼院書店は池袋エリアに4拠点ございますが、今回のイベントは有楽町線直結の駅ビル「Esola池袋」2階のSTYLE for Biz「Esola池袋店」にて開催となりますので、ご注意ください。

 

参加方法


下記3ついずれかの方法でお申し込みください。
①お電話でのご予約:天狼院書店 STYLE for Biz「Esola池袋店」(03-6914-0167)受付時間:10:30〜21:30
に、お名前とご連絡先、受講希望形式(東京会場/通信)をお伝えください。

②メールでのご予約:お問い合わせフォームより 件名に「7月5日パクチーイベント予約」とご記入の上、お名前とご連絡先、受講希望形式(東京会場/通信)をお送りください。

③チケットのご購入

【チケット購入ページ】※必ず、ページ下部の注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。

《会場参加希望》
■一般  3,500円(税別)

■会員価格 1,750円(税別)



《生放送/後日動画参加希望》
■一般  3,500円(税別)
*動画のご視聴にはGメールアドレスが必要となります。

■会員価格 1,750円(税別)
*動画のご視聴にはGメールアドレスが必要となります。

注意事項


*必ずお読みください。読んだ上で購入手続きに進んでください。
・有料、無料問わず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。ただし、天狼院書店が許可した場合は、この限りではありません。
・本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
 

天狼院書店へのお問い合わせ


天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Biz
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
TEL: 03-6914-0167 受付時間:10:30〜21:30
お問い合わせフォーム

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院書店「Esola池袋店」 STYLE for Biz 公式Facebookページ】

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事