ライティング・ラボ

本物の愚か者はどちらだ


記事:風間のぞむ(ライティング・ラボ)

kazama nozomu

「いや、俺、繊細な人間だからさあ」

電車内、日付変更10分前。
ふと声が聞こえた方へ目を向けた。
30代後半・サラリーマンと思しき男性2人。
やたらに声を張った片方が顔を赤らめている。
掴んだつり革にぶら下がりそうな勢いで、ひょろりとした身体をゆらゆらと遊ばせていた。
もう片方の細身な側は背筋を伸ばしており、微笑みを浮かべながら相槌を繰り返している。
居酒屋帰りの典型だ。
度々見かける光景である。

その日私は、運良く端の座席に座っていた。
各駅で停まる度に動き続ける人の流れを俯き加減にーーしかし、高みの見物で見つめていたのだが。

不意に飛び込んできたのが冒頭の一言である。

それからと言うもの、会話が不思議と耳について仕方なかった。
先ほどまでは雑音でしかなかったはずなのに。

単純に、声が大きいからだろうか。
考えを巡らせる間もなお、彼らの会話は続いている。

「あいつ外回りたった2時間すら長いって生意気だよなー。『混む前に飯行く』とか抜かして昼前にとっとと外すし」
「そうかー」
「入って1年も経ってないくせによ。本当にマツオカは言葉選ばないよな。欲望のまま遠慮なく好き放題言ってくれて」
「我慢してるんですね、先輩」
「そうなんだよ!やっぱり俺、繊細だからさあ。我を通す奴には言えるわけないんだよ」

引き込まれるような話ではなく、ありふれた愚痴でしかない会話。
けれどやはり、耳を傾けてしまう自分に気がついて、私は視線を外した。
そして膝に置いたバッグを抱えなおしながら、呟いていた。

繊細、ねえ……

確かに見たところ、お世辞にも気が強くなさそうな風貌だ。
心なしか頼りなさそうな体つきと姿勢。
アルコールに乗せられて張り上げた声は既に擦れつつある。
確かに素面ではろくに本音を打ち明けられない程には、気が弱い性質なのかもしれない。

いやしかし。

自らを『繊細だ』などとは
自慢するようなことなのか。
声高に主張するようなことなのか。

そして遅れ馳せながら気がついた。

まくし立てる彼が、なんだか鼻に付くタイプだったのだ。
耳につく会話を無視できないほどに。

やがて話を聞いていた側の彼が
「どうもお疲れさまでした!」
と、やはり居酒屋帰りお決まりの台詞を残し、電車を降りて行った。
話し相手を失った彼は、当たり前ながら口を閉ざす。
それからは生気を失ったようにひとり、つり革にぶら下がり
だらしなく『典型的な酔っ払い』の続きをはじめていた。

「あいつさあ」
「うわっ!?」
唐突に話しかけたのは、隣で寝ていたはずの友人だった。
「さっき話してたときのあの酔っ払い、まじお前そっくり」
「はあ?わたし女だよ」
「いやあれは、おまえの男版だ。10年後、間違いなくああなってるぜ。『繊細だから何言っても許される』とか免罪符にしてな」
「まじうるさい」

友人の言葉には遠慮など微塵もなかったので、私も遠慮なく睨みを効かせた。
聞き捨てならない。
そして実のところ、心当たりがあるから始末に負えない。

周りの状況を省みず、私を見てくれと叫ぶ自分。
悲劇のヒロインぶっている自分。
根底にあるのは、大した努力もせずに周りから認められ、評価されようと安易に考える、怠惰な本音。

そうだ。私は弱い人間だ。

明るく振る舞うことが多いけれど、実のところ些細な言動を後悔して思い悩むことも多々ある。
おどけた口調の裏側で、本当の私はこうじゃないと叫びだしたくなる時もある。
許されるのなら、見境なく弱さをさらけ出しても、私を認めて欲しいとも。

同属嫌悪とは、このことか。
私の密かな願望を映し出した彼の姿はみっともないが、同時に羨ましくもあったのだ。
私が出来ずにいることを、簡単にさらけ出しやがって……と言う妬み。

さて
本当に愚かなものは、いったいどちらだろう。
揺らめき続ける『酔っ払い』に目をやりながら、考える。

認めたくないことは沢山ある。
しかし何にせよ、これしきのことを棚に上げて批判などせず
まず自らのことを振り返ることで、変わることがあるのかもしれない。

いやでもなあ。
あいつと一緒にされるなんて
やっぱり、ほんと、嫌だ。うん。

***

この記事は、ライティングラボにご参加いただいたお客様に書いていただいております。

ライティングラボ員になると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

次回の詳細・ご参加はこちらから↓

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をして頂くだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。イベントの参加申し込みもこちらが便利です。



【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。




天狼院への行き方詳細はこちら


2015-04-08 | Posted in ライティング・ラボ, 記事

関連記事