fbpx
メディアグランプリ

「選んで、進む」という人生を、あなたは振り返らずに歩んでいますか


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:布施京(ライティング・ゼミ平日コース)
 
 
フェイスブックで元夫を検索してみた。
 
私は、14年目前の分岐点で離婚を選んだ。
 
離婚して、5年後には再婚して、子どももできた。
家事も育児もよくやってくれる夫だ。
でも、口が悪く素直じゃないから、カチンときてケンカが絶えない。
 
そんなとき、自分が選択した分岐点を思い出す。
そして、あの選択は本当に間違っていなかったのだろうか、と考えてしまうのだ。
 
元夫とは、憎しみ合って別れたわけでも、嫌いになって別れたわけでもなかった。
現夫と違い、話し方がやさしくて、素直だった。
では、なぜ別れてしまったのか。
 
それは、私が自由すぎてしまったから、だった。
自分のしたい仕事を選択して、遠距離夫婦を5年続けた。
仕事の契約が終わるのに、私は夫が待つ家に帰ろうとしなかった。
それよりも、「次に自分がしたいこと」を見つけることのほうが大切だった。
 
夫の待つ家に帰ろうとしない私に、元夫は電話で問いかけた。
 
「どうして僕がいるのに、帰りたくないの?」
 
私は、頭に浮かんだ言葉をそのまま口にしていた。
「……好き、じゃない……から?」
 
夫が唖然としているのが沈黙からわかった。
私も頭の中では半信半疑だった。
しかし、その言葉を口に出してみると、質問の回答にはしっくりくる言葉だった。
 
遠距離夫婦をしているとき、韓国の友人に言われたことを思い出した。
 
「韓国には『目に見えなくなると、遠くなる』という諺があるから気をつけて」
 
そのとおりになった。
 
夫婦というのは、近くにいたら、一緒に生活していく中で一体となって、イチイチ好きかどうかなんて、考えないのではないだろうか。
 
だが、「好きじゃない」と気づいてしまった。
それに気づいた後の私の行動は早かった。
離婚届に判を押して、彼に渡すまで、時間を要さなかった。
 
「もう連絡はしないでほしい」
最後に元夫からそう言われていた。
 
でも、私が再婚するとき、元夫がどうしているか気になった。
Google検索で、元夫の氏名を入れてみたが、特にヒットはしなかった。
それ以来、検索したことはなかった。
 
それが、最近フェイスブックをよく使うようになり、検索をかけて、友人のフェイスブックを探したりするようになった。
 
そして、ひらめいた。
「元夫が出てくるのではないか!」と。
 
同姓同名は3名だった。
うち2名は顔写真が載っていたので、違うとすぐにわかった。
 
残り1名のフェイスブックを開けてみると、奥さんと子どもの写真が最初に載っていた。奥さんは、とてもやさしそうな笑顔で写っていた。
「友達」欄を見ていたら、私も知っている人が数名いた。
 
「これだ」
 
確信した。
そして、思った。
 
「ああ、よかった。幸せなんだ」
 
本心からそう思って、長くゆっくりと息を吐いた。
妬ましさはなにもない、穏やかな、純粋な気持ちだった。
 
そして、目の前の霧が晴れていくような感覚になった。
 
「私の選択は間違ってはいなかった」
そう、確信できた。
 
彼の奥さんは、仙台出身だった。離婚した当時、彼は仙台に転勤したばかりだった。
推測でしかないが、おそらく、離婚した後に、そこで知り合ったのだろう。
 
離婚後、彼はその奥さんに出会い、私は今の夫に出会った。
 
あのときの分岐点から、お互いに次の分岐点に進み、選択した。
それで、よかったのだ。
 
離婚してから2年後、友人の結婚式に出席した。
その時、教会の神父さんがこんなことを言った。
 
「幸せになるために結婚するのなら、今すぐこの結婚をやめなさい」
 
一瞬会場がどよめいた。
 
「なにを言い出すんだ、この神父は!」
 
誰も口には出さなかったが、こんな心境だったのではないかと思う。
 
しかし、神父は続けてこう言った。
 
「相手を幸せにしたい、幸せにしてあげたいと思うなら、この結婚式を続けます。
互いに相手を幸せにしてあげたい、という気持ちを持つことで、結婚は成り立つのです」
 
「そういうことだったのか!」
誰もが納得した。
 
私は自分のことに照らし合わせて合点がいった。
私は、元夫に幸せにしてもらおうとは、思っていなかった。
しかし、幸せにしてあげたいとも思ってはいなかったのだ。完全に欠落していた。
だからうまくいかなかったのだ、と。
 
教訓から学んだ私は、二度目の結婚は、「相手を幸せにしたい」という自分の気持ちを確認してから結婚した。
 
でも、なぜかケンカは絶えなかった。
 
「どうして〇〇してくれないのか」
「もっと〇〇してくれたらいいのに」
 
相手を変えようとばかりしていることに気が付いた。
 
「相手を幸せにしたい」なら、自分から行動しなければならないはずなのに……。
 
夫は、神父さんの言葉を聞いていない。
まずは、私が「相手を幸せにしたい」行動をしなければ、始まらない。
 
自分を変える。
 
今、私は新たな分岐点に立っている。
そして、「自分を変える」という選択肢を選ぶ。
 
そうだ。
選んで、進む。
それだけのことだ。
 
人生はその積み重ねだ。
 
選んで、進む。
 
怖がらなくていい。
今までの私の選択も間違っていなかったのだから。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」《4/15(水)までの早期特典あり!》


 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

天狼院書店「プレイアトレ土浦店」 〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2020-04-16 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事