fbpx
メディアグランプリ

あだ名にまつわるエトセトラ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:山下 梓(ライティング・ゼミ通信限定コース)

 
 

キャッチーなあだ名が欲しかった。
せめて、下の名前か、ちゃん付けで呼ばれてみたかった。
 

幼い頃、私は周りの大人から「あーちゃん」と呼ばれていた。ところが、小学校に上がると、突然、苗字に「さん付け」で呼ばれるようになった。はじめは、ちょっとだけ大人になったようなこそばゆい気持ちで、悪い気はしなかった。

 

三年生ぐらいになると、クラスメイトをあだ名で呼び合うのが主流になっていた。
田中ヒロユキくんなら「タナヒロ」、ユキちゃんなら「ユッキー」、金山くんなら「カネヤン」というように、それらのあだ名は呼びやすくて親しみやすい。
しかし、私にはあだ名がなかった。
 

どうやらキャッチーなあだ名の持ち主は、クラスで目立つ、人気物に多いことに気がついた。引っ込み思案で、目立たない私にはどうりであだ名が付かないはずだ。
それに気がつくと、途端に「さん付け」文化に嫌気がさした。
 

先生もクラスメイトも、私の事を山下さんと呼び、あーちゃんとは呼ばない。弟が生まれると、両親は「お姉ちゃん」と呼ぶようになった。あーちゃんと呼んでくれるのは、もはや祖父母ぐらいだった。

 

私はあだ名が、手に入らないと思えば思うほど、欲しくなり、コンプレックスを抱くようになっていた。あだ名が欲しいということは、人から気兼ねなく話しかけてもらえる人物になりたい、という願望でもあった。

 

あだ名コンプレックスを抱えたまま、私は社会人になった。
20代前半、入社した会社には同期が三人いた。そこで、私はキングオブあだ名の持ち主に出会うこととなった。初出勤の日、私達は、ランチをしながらお互いの呼び名の話しをしていた。
一人は姉御肌でねーさんと、よく呼ばれると言い、私は下の名前で呼ばれたりする、と適当な嘘をついた。もう一人は、それまで会話を盛り上げる中心人物であったのに、呼び名を尋ねると、途端にモジモジしはじめた。
私達が問い詰めると、ついに観念して、「サブちゃん」と呟いた。一瞬、ハテナが頭をよぎったが、程なくして真意がわかり私達は爆笑した。彼女の苗字は、北島だったのだ。
どうやら学生の頃から、北島三郎、通称サブちゃんのあだ名を背負ってきたらしい。彼女にしてみれば、妙なあだ名がコンプレックスだったのだろう。
社会人になるにあたり、「サブちゃん」から卒業しようと、少しだけ抵抗した彼女の思いはあっさりと絶たれることになった。
 

上司が開いてくれた歓迎会で、「サブちゃん」の名は広まり、先輩達にもあっという間に知れ渡ってしまった。

 

仕事が始まると、相変わらず人との距離感が掴めない私は、先輩達からいつも理不尽な小言を浴びせられていた。

 

同期のねーさんは、テキパキとした動きで仕事を認められていた。サブちゃんは、自虐ネタを混ぜながら、面白しろおかしい話しをして、瞬く間に、先輩達に可愛がられるようになっていた。そんな二人に劣等感を感じながらも、三人で馬鹿な話しをして笑ったりすることで、その場になんとかしがみつくような日々だった。

 

いつしか私達は、職場で三人トリオの女芸人のような存在になっていた。一人では、学生時代のように埋もれていたはずの私が、彼女達といると、少しだけ自身が持てる気がした。そしてその中心には、いつもサブちゃんがいた。

 

ある日、同期三人で撮った写真に、満面の笑みを浮かべたサブちゃんが、グレーのTシャツに、がっつりと脇汗を滲ませて写っていた。20代の女子ならば、絶対に避けたい状況である。それでも、サブちゃんは、それすら自分のネタにした。
サブちゃんの凄い所には、イジメのようなイジりにも、怒りながら笑いに変えてしまうところがある。それをみんな分かっているから、彼女を身近に感じ、話しやすいと感じる。
ある意味、「負」の部分をも受け止めて、自分のパワーに変えているように感じた。私は、自分の暗い性格を「悪」のようにしか感じておらず、恥ずかしいことだと思い、新しい環境に行くたび、人に隠したいことだと思っていた。「負」の自分を認める寛容さが、欠如していたのだ。
 

20代の女子ならば、絶対に避けたいであろうあだ名なんて、彼女にはどこ吹く風のように見えた。サブちゃんは、そのあだ名を完全にものにしていた。
サブちゃんは、突然、私達を残して転職の為、退職した。送別会には、ほとんどの同僚や先輩が参加し、酔っ払った私達は、夜の銀座を笑いながら泣いて、歩いた。
 

なんとなく、空虚な日々が続いた。
それでも、日常は続いていく。
入社して何年か経ち、私は、居心地の悪かった職場に、溶け込むようになっていた。
「ヤマ子、これお願いね」
先輩から、ヤマ子と呼ばれるようになった。
人気物にはなれないけれど、ちょうどよい、ほどほどのあだ名が妙にしっくりきた。
「上手くやっていこうじゃないか、ヤマ子」、そっと自分に声をかけた。
 
 
 
 

***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」《4/22(水)までの早期特典あり!》

 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

天狼院書店「プレイアトレ土浦店」 〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2020-04-22 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事