fbpx
メディアグランプリ

腕立ては1日1回下げて上げるだけ! あなたがジムに通う前にすべき習慣トレーニング


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:山田 智弘(ライティング・ゼミ通信限定コース)
 
 
痩せたいですか? 筋肉をつけたいですか? そうでしょうとも、日本人の3人に1人は運動不足と言われている昨今、それは健康のためかもしれないですし、もてるためかもしれないですが、運動をしようと志すのは素晴らしい考えです。
では具体的にはどうしましょう? 近所のトレーニングジムに通う? なるほど、良い考えです。綺麗なジムで高性能なマシンを使ってトレーニングをすることでモチベーションも上がることでしょう……
 
しかし待っていただきたい! それは高確率でお金の無駄使いに終わるでしょう。何故トレーニングジムが月々いくらで施設を使い放題なんていう太っ腹なサービスを提供していながら潰れたりしないのかを考えてみましょう。そう、ほとんどの人が自分で思っているほどジムに行かないのです。
もしあなたが筋トレ初心者ならば、あなたに必要なものは、高い負荷をかけられるトレーニングマシンでも、持ち上げられもしないダンベルでもありません。これから筋トレで美しい身体をつくりあげていく為にあなたに必要な唯一と言っていいもの、それは習慣です。
三日坊主という言葉もあるように誰しも日記や勉強などを習慣づけようとして失敗した経験をお持ちでしょう。今現在のあなたがどんなにやる気に満ち溢れていようともそれを維持し続けるのは予想以上に大変なものです。続けられたらご褒美がもらえるルールを作るなどして、色々な工夫を凝らしても、何かを継続していくことがなかなかうまくいかなかったという人もいるかもしれません。しかし、そんな風に努力したりしなくとも、もっと癖のようにジムに通えるようになる方法があるのです。
 
この記事では、忙しさを言い訳にジムに契約してから3ヶ月間の間に2回しかジムに行かなかった筆者が、どんなに忙しくても週に3回は通う習慣を身につけることができた、筋肉をつけるためのトレーニングの前に行う、習慣をつけるためのトレーニングの方法をご紹介します。
これから、さあジムと契約してトレーニングを始めるぞと思っているそこのあなた。あるいはいざトレーニングを始めてみたけど最近中々やる時間を確保できていないなというあなた。騙されたと思ってこのトレーニング方法を試してみてください。
 
用意するものはトレーニングウェアと腕立て伏せができるくらいのスペース。以上です。あとは少しのやる気が有れば申し分ありませんが、多くは期待しません。
やる事は簡単です。まず24時間のうち、この時間にならトレーニングに時間を割けるという時間帯を決めてください。大体で結構です。仮に夜の9時としましょう。
続いて毎日その時間になったらトレーニングウェアに着替えてください。余談ですがこのトレーニングウェアはありあわせのものより買った方がやる気が出ます。これから長く付き合っていけるようにしないといけない相手なので良いものを選ぶといいでしょう。
そして、腕立て伏せでもスクワットでもいいです。なんかしらのトレーニングメニューを1回やってください。書き間違えではないです。腕立てなら1回下げて上げる、スクワットなら1回膝を曲げて伸ばす。以上です。理由は後で説明しますが1回です。これ以上やるのは筋トレ初心者には危険なのです。
最後にトレーニングウェアから普段の服装に着替えましょう。ここでトレーニングウェアをパジャマにしてそのまま寝るなどの横着をしないのが大切です。
やることは以上です。時間にして10分以内なので忙しいという言い訳はさせません。これができないくらい生活が忙しい人はまずその忙しさの原因を見直した方がいいです。いずれ身体を壊すでしょう。
これを30日やってください。
 
以上のトレーニングで重要な事は、欲張らないこと、そして完璧主義にならないことです。
例えば毎日夜9時にやると決めたにもかかわらず、仕事や飲み会などで9時に帰って来られなかった、なんてこともあるでしょう。時間なんてどうでもいいからやりましょう。上で決めた時間はとりあえず決めておいた方が便利程度の物なので、夜やると決めたものを朝にやっちゃうレベルでずれない限り問題ありません。飲み会で疲れて帰ってきてもお風呂には入るでしょう。お風呂に入るように毎日やるのです。
あるいは「今日はなんだかやる気が出るから、腕立て伏せを30回やっちゃうぞ〜、なんならスクワットも」なんて欲が出るでしょうがそんなものは犬にでも食わせておきましょう。1回を毎日やるのです。いえ、別に回数を増やすのがまずいのではありません。問題なのは「昨日30回やったのに今日は1回だけか……」のようなモチベーションを下げる無駄なマイナス思考が発生する可能性があることです。焦る必要はありません。思い出しましょう。あなたはまだ筋トレを始めてはいません、これは筋トレの習慣をつけるトレーニングなのです。歯を磨くとき「今日はやる気があるから歯を30回磨いちゃうぞ」とはならないでしょう。歯を磨くように淡々とやるのです。
 
このトレーニングを続けて30日後、なんということでしょう、あなたはもう1日のある時間帯にトレーニングウェアに着替えて腕立て伏せをしないと落ち着かない人になってしまっています。毎日お風呂に入るように、歯を磨くように、あなたは毎日トレーニングウェアに着替えて、腕立て伏せをやる人になりました。なってしまいました。
ここまでくれば怖いものなしです。習慣は既に身についています。あとは自宅でのトレーニングの回数を増やすもよし、ジムと契約してもそのお金は決して無駄にはならないでしょう。
繰り返すようですが初めは実際に筋トレはやらなくてもいいのです。筋トレをやる環境、やる格好に慣れ親しみ、生活の一部に組み込んでしまうことがこのトレーニングの目的なのです。
 
継続は力なりという言葉がありますとおり、トレーニングの内容以上にトレーニングを続けることは大切で辛いことです。今回ご紹介した習慣トレーニングでその続けることの辛さを軽減することができるはずです。「今日はジムに行こうかな、面倒だな……」と時間を無駄にせず、「よし今日も行くか!」と即決できるようになることでトレーニングの内容も充実していくことでしょう。
さあ、痩せましょう! 筋肉をつけましょう!
 
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-06-18 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事