fbpx
メディアグランプリ

ここだけの話、女にとって化粧とは、極めてめんどくさい行為である


11206959_849176261826976_6747941838155655527_n
担当:世良菜津子(ライティング・ラボ)

 

まず初めに、男性諸君に知ってもらいたい。
化粧とは、本当にめんどくさい行為であるということを。

私の場合、毎朝の化粧に15分~20分かかる。
大好きな人に会うときは、いつも以上に丁寧に化粧をするため、30分以上かかることもある。
何よりも睡眠が大事な私にとって、毎朝のメイク時間を、できれば睡眠時間にあてたい、そう思うほど、毎朝化粧をするのがめんどくさい。
そうは思うが、毎朝化粧をすることを10年以上続けている。

「化粧」がどれくらいめんどくさい行為かということを説明する為に、私の毎朝の化粧手順を書き出してみた。

まずは、化粧をする前にお肌の下準備を整える。
洗顔後、化粧水でお肌に水分を与え、お肌に与えた水分が蒸発しないように、乳液で油分を与えてふたをする。
今回は、化粧手順を説明する事が目的のため、「スキンケア」と呼ばれる部分を簡単に書き記したが、本来ならば、美容液、アイクリーム、パックなどもこの工程に含まれるが、今回は割愛させていただく。

お肌の下準備が整ったら、メイクアップベースを顔になじませる。お肌の表面に「膜」をつくり、ファンデーションとお肌を密着しやすくする。その後、リキッドファンデーションを薄くのばし、コンシーラーで目元のクマを隠す。ファンデーションで顔の色を均一に整え、コンシーラーには顔の悩みをカバーする役割ある。
両手で顔を覆い、ファンデーションとコンシーラーをお肌に密着させたのち、フェイスパウダーで仕上げる。フェイスパウダーを仕上げに使うことで、メイクを長持ちさせることができる。
ここまでで、「ベース」がようやく出来上がる。

この後、眉毛を整え、アイシャドウ、アイライナー、マスカラで目元のメイクを仕上げ、チークでほっぺたに色を載せ、口紅、グロスで唇の色をきれいに魅せる。

後半、項目を説明するだけにとどめたが、それぞれにちょっとしたテクニックがあり、こだわりがある。毎朝、飽きもせずに上記の手順を繰り返しているのだ。

つい先日、会社の同僚が「顔を突っ込むだけでメイクができる、顔用のプリンターができるらしい!」ということを言っていた。なりたい顔をアプリで選び、そのプリンターに顔を突っ込むと、30秒ほどでメイクが完成するらしい。女性にとって、本当に夢のような機械だ。
「それ、めっちゃいいやん!」
「化粧するの、本当にめんどくさいよね……」
「わかるー!! ほんと、めんどくさい!」
その話を聞いていた女性たちが、口々に言っていた。

ではなぜ、「めんどくさい」と言い切ることができる化粧を、女性は毎日時間をかけてするのか?

化粧の最大の魅力は、「色々な自分」を演出できることだと思う。
私の場合、会社に行くときは、ベージュ系の無難なメイクを心掛けている。デートのときは、ピンク系のアイシャドウやチークを使って女の子らしい雰囲気に仕上げる。女子会の時は、ラメ感がきれいなアイシャドウや、流行のカラーのチーク、口紅を使い、気合を入れる。
素顔を変えることはできないが、化粧によってなりたい自分を演出できるのだ。

また、「かわいく見られたい欲」もあるだろう。
スッピンと化粧をした顔を比べると、確かに違う。化粧をした顔のほうが、絶対にかわいいと言い切れる。女は、みんなそれを知っている。

私は、「化粧=気持ちを切り替えるスイッチ」だと、思っている。

朝起きて、顔を洗って寝癖を直してパジャマを着替えて……と、出かける準備を進めていくと、徐々に「ON」モードに気持ちが切り替わっていく。
私の場合、化粧がその流れの一環に入っている。
化粧が完成した様子を鏡越しに確認しながら、「よし!」と、自分自身に気合を入れる。

休みの日で予定がなく外出しない日は、化粧をほぼしない。1日中「OFF」モードで過ごしている証拠だと思う。

男性から、こんなことをよく聞く。
「化粧せんほうがいいのに」「スッピンのほうがいいよ!」
それを聞くたびに「いやいや、ちょっと待てよ」と、心の中で突っ込みを入れる。

男以上に、女は外見で判断されることが多い。
やはり「キレイでかわいい子」は得をする世の中なのだ。
理不尽ではあるが、しょうがない。
わかってはいるが、私だってちょっとはかわいくみられたい! その思いから、女は化粧をしている。男性から「化粧せんほうがいいよ!」という言葉を聞くと、なんだか女心を否定されている気分になる。

「半顔メイク」というものをご存じだろうか? 知らない方は、是非ググってもらいたい。
化粧の力がどれほどすごいか、知ってもらえるだろう。
これは、極端な例ではあるが、それでも「スッピンのほうがいい」と思うのだろうか?

そもそも、男が言う「スッピンがいい」は、おそらく「スッピンに近いメイクがいい」とうことではないだろうか。
ここ数年、「スッピン風メイク」という特集が、雑誌でもよく組まれている。
「彼の家で過ごす時のスッピン風メイク」「寝起き風メイク」など、その手法を紹介している。その魅力は、無防備なのにすごくキレイ! なところにあるらしい。
スッピン風のメイク手順を見てみると、ナチュラルに魅せるために、いつも以上に細かく時間をかける必要があるようだ。「めんどくさそうだなぁ」と思いつつも、特集内容を見て、その技を習得しようとしている自分がいる。

日曜日の夕方、サザエさんで、こんな場面を度々見かける。
出かける直前にサザエさんが鏡に向かい、パタパタとファンデーションをはたいている。
カツオやワカメが「お姉ちゃん、まだー?」と不満を漏らしている場面だ。
小さい頃、カツオやワカメと同じ気持ちを、母に抱いていたことを思い出す。
「どれだけ準備に時間がかかるんだ!化粧とかしても大して変わらんくせに!」と内心、思っていた。

化粧に時間がかかるのは、「少しでもキレイに、かわいくみられたい!」そんな、女心の表れではないか?
化粧とは、本当にめんどくさい行為ではあるが、それ以上に、自分を彩るための「手段」なのである。

男性諸君にお願いしたい。
女性が出かける前に「ちょっと待ってー」と鏡に向かっている姿を見かけたら、是非あたたかい目で見守ってほしい。
その時間は、ちょっとでもかわいい自分に変身するために、必要不可欠な時間なのである。

 

 

***
この記事は、ライティングラボにご参加いただいたお客様に書いていただいております。
ライティング・ラボのメンバーになり直近のイベントに参加していただくか、年間パスポートをお持ちであれば、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。イベントの参加申し込みもこちらが便利です。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


関連記事