メディアグランプリ

【狂気の沙汰】天狼院書店には魔物が棲んでいる


Mitoさま 狂気の沙汰

記事:小笠原 雫(ライティング・ラボ)

 

最近私は、ハッキリ言って活字の限界を感じていた。

子どもの頃は本が好きで、お小遣いで本を買うのが楽しみなくらいの、本の虫だった。その思いは、ずっと変わらず、図書館司書の資格を取るほどだった。

学校を卒業し、社会に出た頃、インターネットなる新しい世界が構築され、新しもの好きとしては飛びつかずにはいられなかった。
インターネットなる世界に飛び込んでみると、それはそれは夢のような世界で、他人が書いたノンフィクションがタダで読めるようになる。
文章を書くのも好きだった私は、「事実は小説より奇なり」を信条とし、自分で文章を書き、発表する場を持つようになった。

今で言う「ブログ」だ。

当時はブログという言葉すら無い時代で、日記サイトと呼ばれていた。日記サイトでは、あちらこちらで面白かった出来事や、たいした話でもないのに面白おかしく読ませる工夫がなされた文章が次々と上がり、このままだと図書館や本屋はこの世から消えると思った。

しかし、残念ながら、ネットの世界に「釣り」が横行し始める。

九州人(博多人だけか?)は何でも大げさに言いたがる、いわゆる「話を盛る」ところがあり、話を面白くするための多少の嘘は許される風潮がある。しかし、この「釣り」は「盛る」どころの話では済まされないところまで、きてしまっていた。

私はネットの世界に限界を感じ始めた。

しかし、今さら商業書籍の世界に戻るつもりはなかった。何故なら、ネットに氾濫した面白い話を読み過ぎて、商業書籍は読んでもつまらないと感じていたからだ。それに、書店がどんどん閉店していくのも、商業書籍を売ることに限界が来ている証拠だと思った。

商業書籍もダメ、ネットもダメ。
「私はこんなに活字を欲しているのに、私の求める活字はどこにあるの!!」
と嘆く日々が続いた。

そんなときである。福岡天狼院書店がオープンしたのは。
とある週刊誌に「謎の本屋」と言わしめた、天狼院。
本屋の閉店が相次ぐ、この世知辛い昨今。
この時期に本屋を始めるとは「謎の本屋」どころではない。
もはや狂気の沙汰である。

書店なのにコタツがある。観覧車式の書棚もある。飲み物や食べ物も提供され、本を読まずに仕事や勉強をしている人がいる。だいたいそもそも、本屋と言いつつ、書棚のスペースが圧倒的に少ない。おかしい。この本屋おかしい。絶対おかしい。「ごめんけど、本を売る気ないよね?」とまで思った。本屋という名のカフェだと勘違いしていた。

しかし、実際は違うのだ。私が思っていたのと、何もかもが違うのだ。
“本を読むだけでは得ることのできない体験や知識『READING LIFE』の提供”と称し、部活をしたり、文化祭を開催したりと、本屋とは全く関係のなさそうなイベントを主催している。
どう見ても本を売る気がなさそうに見えるのに、その実態はしっかり本を売りさばいている。その売り方も半端じゃない。身銭を切って本を買い上げたり、その本を「秘本」にしたり。
しかも、身銭を切って買い上げた、絶版目前の本「糸井重里秘本」を、話題作にまで押し上げた立役者だ。予約販売開始後、たった30時間で1000冊を売り切る恐ろしさ。何がしたいのか分からないように見せかけて、やっぱり実は本を売りたいのだ。

ただ”売りたい”という情熱だけでは済まされないナニカ……

そう、この「秘本」にも度肝を抜かされた。
みなさんも、最初は「秘本ってナニ?」と思われたことだろう。分かりやすく言えば「ミステリーツアー」の商業書籍版である。ほんの少しのヒントが与えられるだけで、目的地が明かされない、どこに連れて行かれるのか分からない旅行、それがミステリーツアー。
それと同じく、天狼院は本のタイトルを明かさずに本を売るという暴挙に出た。それが「秘本」である。

膨大な量の商業書籍を見てきた、本を売るプロが「良書」だとオススメする本。
そりゃぁ、良書かもしれないけどさ、安価で面白い活字に溢れた今、数千円も出して買って、読んで面白くなかったらどうするよ? と思いつつ、四代目秘本のページに飛ぶ。すると冒頭には「カートに入れる」ボタンがなく、そこにあったのは、活字だった。

「どうせ、買わせるための提灯記事だろ?」

と思いつつ文章を読み進める。がしかし、そこには一言も「買ってくれ」とは書かれてなかった。そこにあるのは、秘本に関する薄っっすらとしたヒントと、ただ、生きづらさを感じている人に「処方する」とだけ書かれてあるのだ。

生まれてこのかた、変わり者扱いされ、生きづらさしかなかった私は、逸る思いで一番下にある「今すぐ購入」ボタンを押してしまった。本当に文字通り「今すぐ」欲しかった。古本か、電子書籍か、同人系文芸誌しか買わないことにしている私が、気がつくと四代目秘本の購入手続きを完了させていた。

“やられたー!天狼院書店にやられたー!”
“ボタンを押してもうたー!”
私は心地よい敗北感に襲われていた。
天狼院には、狼どころではない、得体の知れない魔物が棲んでいる。

最後に、これだけは言いたい。
活字に限界など無い。
そして、これからも天狼院書店から目を離してはいけない。

 

***
この記事は、ライティングラボにご参加いただいたお客様に書いていただいております。
ライティング・ラボのメンバーになり直近のイベントに参加していただくか、年間パスポートをお持ちであれば、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


2015-11-24 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事