メディアグランプリ

炭酸の抜けたぬるいコーラに宿る幸せ《ユキヒラの覚書》


ユキヒラさん 炭酸
記事:ユキヒラ(ライティング・ゼミ)

 

「高尾」という言葉を聞いた瞬間、僕の心は折れた。

JR中央線の終点の一つ、高尾駅。
高尾山にトレッキングに行く人々が降りる、高尾駅。

ぼくは、高尾駅にいた。

若者が、車掌さんに起こされている。
乗客は、ガヤガヤと改札口へと急ぐ。

僕は、茫然と立ち尽くしていた。

コートを着ていない我が身から、体温が奪われていく。
ぶるっと、体が震え、意識が引き戻された。

鈍器が押し付けられているような痛みの中にある言葉が浮かぶ。

「帰れない」「帰らない」

気だるい体を引きずりながら改札を出ると、明るい看板が目にはいった。

ネットカフェ。

ありがたい。とりあえず寝るところはある。

翌朝。
起きると、意外にも頭痛は軽かった。
しかし、喉がへばりつく。

昨日はビールを飲みすぎた。ネットカフェも乾燥しているようだ。

昨日の飲み残したコーラが目に入った。
いつ以来だろうか、一晩も放置されたコーラを飲むのは。
目の前にあるコーラの味を想像した。

甘ったるい砂糖水。

違和感を感じた。今想像した味は、本当に以前自分が味わったものだろうか。

甘ったるい砂糖水。

水の入ったコップの下に、山のように角砂糖が描かれたイラストが頭に浮かんだ。いつ見たかも覚えていない、コーラなどの飲料の危険性を訴えたポスターだった。
そこから想像した味だった。

決して、飲んだことがないわけではない。けれど、全く覚えていない。
僕が想像した味は、まさしく想像された味だった。

次の瞬間、こんな思いを抱いた。

この味は絶対に覚えておきたい。

なぜか。

僕は今、天狼院書店のライティング・ゼミに参加している。2週間に1度の講義を4ヶ月間受講する。その間、毎週記事を投稿し、店主がOKを出せば、天狼新書店のホームページに掲載してもらえるのである。さらに、メディアグランプリなるものが開催されており、仮に優勝すれば、大きな特典が与えられる。

開始3ヶ月のブログ程度でしか文章を書いていない僕にとって、メディアグランプリで優勝するなど夢の世界で、毎週の投稿でいっぱいいっぱいなのである。しかし、なるべくならいい記事を書きたい。だから、文章の幅を広げる体験が欲しいのである。

炭酸のぬけたぬるいコーラは、ありふれたものだろう。だからかもしれない。僕はその味を無意識に自分で想像し、思い込んでいた。これはなかなか面白い経験である。そして、これから感じる味わいは、美味しくないかもしれないが、非常に興味深いものになりそうである。

その味を覚えることも、それを覚えようと意識して炭酸の抜けたぬるいコーラを飲むことも、必ず文章に生きてくるだろう。

手を滑らさないよう、ゆっくりとコップに手を伸ばす。
喉が渇いていたことを思い出した。焦ってはいけない。慎重に。
コップの内側に気泡がない。炭酸が確かにぬけている。
コップを手に取った。まったく確かに冷たくない。
ゆっくりと、コーラを口元に持っていく。コップを傾ける。

!!!!! むせた。

甘くなかった。

いや、甘くなくもなかった。
想像ほどは甘くなかった。むしろ、意外にもすっきりしているくらいだ。口の中にねばるようなものも感じない。

なぜだろうか、不思議と美味しく感じるのである。
美味しい、という感覚の定義はさておき。なんとなく、美味しいのである。
僕はもう一度、炭酸の抜けたぬるいコーラを口にした。

面白い。

今この瞬間、なかなかに僕はワクワクしている。

こんなにも集中して、炭酸の抜けたぬるいコーラを飲んでいる。
ネットカフェで一夜を過ごしたにもかかわらず、嬉しさに溢れている。

幸せ。

それは丁寧な生活に宿る。

手紙をしたためる時間。
丁寧に相手の心を思い浮かべ、言葉を紡ぎ、筆を走らす。
柔らかな嬉しさに満ちた時間。

炭酸の抜けたぬるいコーラを飲みほした僕は、仕事に行くためスーツに袖を通した。

 

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【東京/福岡/通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?〜《最高ランクの「ゼミ」に昇格して12月開講!初回振替講座2回有》

 

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


2016-01-13 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事