fbpx
メディアグランプリ

あきらめそうになったとき、いつも短髪の人がそこにいる。


記事:若山裕美子さま(ライティング・ゼミ)

 

実は昨夜、パソコンの前で泣いていた。

何も書けなかったのだ。

ほんとうに何にも、思い浮かばなかったのだ。

 

昨夜は9時半過ぎまで、天狼院でライティングゼミを受けていた。

即興で書くと文章の精度が上がるということで、15分間で受講者のみなさんでそれぞれ記事を書いた。

その後の発表タイムなのだが、みなさんの完成度が高すぎて感動しつつも、絶望した。

自分にはそんな文章書けない、と思ったからだ。

目の前にあるルーズリーフに綴られた文章は、誰かに読んでもらえるようなものではない粗末なものだった。

 

帰りの電車の中、1時間ずっと、天狼院書店の記事を読みあさった。

店主の三浦さんの記事、天狼院の店員さんの記事、受講者さんの記事。

読むペースが遅いから、読んだのは1時間で10本くらい。

最寄駅まであと3駅、2駅……とタイムリミットがせまるなかで、なんとかいいものは盗んで、自分のものにしなくては、と思っていた。

でも、読み度に得られるのは学びではなかったのだ。

「あんなすごい記事は書けない」というマイナスな自信だけだった。

 

そんなんじゃ書けるわけないですよね。

そうなんです、書けませんでした。

家に帰ったのが夜の11時半、それからパソコンに向かって朝の4時まで粘ったが、ボツネタがたまるばかり。

だんだん何を書いているかわからなくなってしまって、気づいたら涙が出ていた。

涙に気づいたそのあとは、ダムが決壊したかのようにあふれてきた。

いい大人のくせに、こんなことで泣くなんて……。

 

私にライティングは無理なんかなぁ。

あきらめた方がいいのかなぁ。

そんな風に思いながら、私はキーボードに倒れ込んだ。

 

夢なのかわからないが、声が聞こえた。

「あきらめるな」って。

高校時代の部活の先輩だった。

頭は坊主で強面なんだけど、優しくてユーモアがある先輩だった。

先輩と私は和太鼓部に入っていた。

和太鼓部というと珍しがられる。

『全国高等学校総合文化祭』という全国の高校からあらゆる文化部が集まる大会に、和太鼓が出場できる部門があるくらいメジャーな部活動なのだ。

1年生の頃、入部当初から落ちこぼれな私は全然演奏メンバーになれなかった。

全国大会の切符をかけた、県大会のメンバーの選抜オーディションも落選した。

 

県大会メンバーになれるチャンスがあるかもしれない、と落ちた後も太鼓を打ち続けていた。

バチをふるたび、掌には勲章ができる。

勲章に比例して、技術が向上するものだと思っていた。

しかし、現状は変わらなかった。

やっぱりメンバーはみんな上手くて、私の技術とは雲泥の差、いや月とすっぽんだと思った。

他の部員からは「がんばってもムダ」と陰口をたたかれた。

いつしか自暴自棄になって、人一倍がんばっていた自主練をやめてしまった。

そのときに言われた言葉だった。

 

「あきらめなかったやつが、最後に勝つんだ」

 

だから「あきらめるな、挑め」って。

 

そこで目が覚めて、起きあがった。

ボーっとした頭で、今は何時かと時計を見る。

時刻は朝の8時半。

まぶしい光が部屋に差し込んでいる。

懐かしい言葉だった。

あのとき、あの言葉があったから、私は県大会メンバーに勝ち上がれたし、全国大会にも出場できた。

背中を押してもらえたから、今があるのだ。

 

思い返せば、ライティングゼミの場合もそうだ。

何度も挑戦しても記事が上がらず、投稿しなくなったことがあった。

そんなとき、店主兼講師の三浦さんが投稿していた言葉が響いた。

「周りのレベルを気にせず、遠慮なく挑んでください」って。

 

そう、私はまた背中を押された。

あの言葉があったから、私はまた立ち上がることができた。

絶対におもしろい記事を書くって。

闘志を燃やすことができるのだ。

 

だから、私は最後までぜったいにあきらめることはしない。挑んで行くぞ。

メディアグランプリという、全国大会に出場する。

そして、グランプリをとるんだ……!

 

 

あれ、そういえば。

髪の毛がな、いや、短髪の人に励まされてるな?

ま、いいか。

ご縁があるということで!

 

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【東京/福岡/通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?〜《最高ランクの「ゼミ」に昇格して12月開講!初回振替講座2回有》

 

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


2016-03-04 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事