メディアグランプリ

硬さは大事


硬さ

 

記事:小笠原 雫さま(ライティング・ゼミ)

みなさん、硬いのはお好きだろうか?

大きな声では言えないが私は大好きである。ガッチガチには出会ったことがないが、やはり硬いのを見ると鼻息が荒くなり、鼻水さえ出てしまう。逆に、フニャフニャなんて見たくない。口に入れたいとも思わない。私の好みを……こんなにさらけ出すなんて……あぁ恥ずかしい!

でもね、私思うんです。口には出さないけど、男性だって硬い方がいいに決まっている。男性の皆様、あなたは針金みたいなガッチガチ派だろうか? ま、まさか「フニャフニャ」ってことはないでしょうね? 特に博多の男性は。

私だって恥ずかしいんです、お店で「かためで」ってお願いするの。だから、いつも小さな声で言うのです。ましてや、「ハリガネ」とか「バリカタ」とか、口が裂けても言えません。「粉落とし」や「湯気通し」なんて、どこの店で口にできるのか、博多っ子である私もよく知らないんです。

これは、博多ラーメンを食べるときの話である。
博多のラーメンは注文時に麺の硬さを選ぶことが出来る。硬さの順から「粉落とし」「ハリガネ」「バリカタ」「カタ」「普通」「やわ」「バリやわ」と、見ただけでも分かるように、博多ラーメンは麺の硬さに力を入れている。私も麺の軟らかい博多ラーメンなんて、好きではない。

麺といえば、実は博多では「うどん」もよく食べられている。
うどんに関しては、先日聡苑さんが福岡に来るならば、絶対食べて欲しい地元民お勧めグルメという記事を書いてくださったので、後でそちらも読んで頂きたいのだが、ちなみに博多で「天ぷらうどん」を注文すると、ちょっと困った顔をされ、「マル」か「エビ」か「ゴボ」か聞かれるはずなので、ご注意いただきたい。「マル=丸天うどん」「エビ=海老天うどん」「ゴボ=ごぼ天うどん」のこと。

それにしても私がずっと気になっていたのは、トッピングの話ではない。博多の麺事情が矛盾しているということだ。この話は、今まで私が周りにどれだけ訴えても「麺は麺でも、うどんとラーメンは別の食べ物やし!」と一蹴され、私の言うことに耳を傾けてくれない。誰も耳を傾けてくれなくても、硬さが大事な私にとって、
「どうして博多のラーメンは麺が『硬い=旨い』なのに、うどんとなると一転して『やわらかい=旨い』になるのか?」
が気になって気になって仕方なかったのだ。正直に言うと、博多っ子は味覚が狂っているのか? とまで思っていた。
しかし、聡苑さんの記事で博多っ子の味覚が狂っているのではないということが分かった。博多っ子は味覚が狂っているのではなく、時間を大切にしているのだ。一刻も速く提供するために「ラーメンの麺はあまり湯に通さず」そして「うどん麺はあらかじめ麺を茹で上げておいて、注文を受けてから麺を温めなおす」ため、結果として博多の麺事情が一見狂っているかのような錯覚に陥っていたのだ。

では、何故そんなに博多っ子は急ぐのか?
決まってるじゃぁないですか。福岡はコンテンツの宝庫だから、仕事なんかさっさと終わらせて早く帰りたいんですよ。残業なんてもっての外。シーズンになればドームに行って野球も応援しないといけないし、プロサッカーチームもあるし、11月になれば国際センターで相撲も見れる。海も山も川もあって、常に新鮮で美味しい酒と食べ物が安価で流通している(鯖の刺身、美味しいよ※1)。それに福岡県は、人口100万人あたりの常設の映画館が日本一多いようだ(※2)。そんなコンテンツの宝庫である福岡はブラックホール説さえ囁かれているそうで(※3)。福岡県民は『放課後』が忙しいのだ。

※1異食……九州の民は、なぜサバを生で食べても平気なのか
※2【福岡トリビア】福岡県は人口に対しての映画館数が日本一多い
※3福岡が日本の「ブラックホール」との説が話題に

 

 

しかし、博多っ子は『味覚<時間』なのかといえば、そうではないような気がする。『速=安=旨』の絶妙なバランスを保っているのではないか。というのも、博多のうどんは出汁が美味しいことを思い出したからだ。実は福岡県、醤油メーカー数が日本一なのだ。ご近所の主婦たちも、「アタシの料理は○○醤油じゃないと美味しく作れん」と言い、県外に引越したら取り寄せるほどのこだわりよう。だからきっとプロの料理人もこだわりの醤油があるはずだ。そして、1秒でも速く提供するため、コシのない麺によく合う絶妙な出汁を作っているに違いない。

そういえば、面白いうどん屋があったことを思い出した。
“製法が特殊なため、麺が出汁をどんどん吸い込んで伸び、ゆっくり食べていると見かけの麺の量が増えてしまう。したがって「食べても食べてもなくならない魔法のうどん」とも言われ、スープ(この店ではかけ出汁を「スープ」と呼ぶ)のお代わりは自由である。店員にかけ出汁のお代わりを頼むと、「スープ」の入ったやかんが出される”wikiより

「フニャッフニャ麺のうどんなんか絶対食べない!」
と言い張っていた私だが、この記事を書いていると、うどんが食べたくなってきた。今週末にでも『魔法のうどん』を食べに行こうと思う。

 

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【東京/福岡/通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?〜《最高ランクの「ゼミ」に昇格して12月開講!初回振替講座2回有》

 

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


2016-03-15 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事