fbpx
メディアグランプリ

相手の名前は、クリスティー。少し茶色が入ったブロンドヘアでそばかすの、カリフォルニアがよく似合う陽気で可愛い女の子。


13151962_10208859170057652_3613713659718116924_n

記事:岸★正龍さま(ライティング・ゼミ)

好きです。距離はとんでもなくあるけどつきあってください、と告白するつもりで2人で乗り込んだ、アナハイムにあるディズニーランドの、カリブの海賊のゴンドラの中。

僕はどうしようもなく落ち込んでいた。
(相手の名前は、クリスティー。少し茶色が入ったブロンドヘアでそばかすの、カリフォルニアがよく似合う陽気で可愛い女の子)

二人きりの人口的な冒険が始まってすぐ左手に見えてきた掘っ立て小屋にいた薄汚れたジジイの人形を見てクリスティーが笑ったその英語が、まったく分からなかったからだ。

僕はそのとき英語が難しいことで有名な大学に通っていたから英語には自信があったのに、というか、中学一年からそれなりに大量の時間を英語の勉強に捧げてきたのに、分からないのだ、クリスティーが何と言ったのか、全然、まったく。

なんなんだよ、バカやロー! 
それまでの人生で一番時間をかけ、一番努力し必死で学んできた英語がまさかここまで「使えない」とは!!!
僕はなにがおかしいのかまったく分からないクリスティーに愛想笑いを返しながら、心の中では憤怒し号泣した……

今から30年前、大学三年から四年になる春休みのことだ。

久しぶりに会った高校の同級生が「どえらい安っすい短期留学見つけたんだて。一緒に行こまい」と誘ってくれたのだ。
彼から詳しく話を聞くと3週間のホームステイコースで、現地の一般家庭にお世話になりつつ、平日の朝から夕方までは英会話スクールに通うカリキュラムだった。プライスは、そのすべてとエアも含んで17万円台(この頃は消費税など存在していない)。バイトを頑張れば行ける価格だ。

っていうか行くでしょ、おれ。
だって行き先はLA、ロスアンジェルスだぜ!

メルローズでレコードを掘り、アボットキニーで服を探し、ダウンタウンでクラブに揺れ、ロングビーチでビールを煽る……想像しただけでココロオドルじゃないか。
しかもしかも、お世話になる家庭に、同じ年くらいのブロンドヘアの可愛い子ちゃんがいて、瞬間的に恋に落ち、猛然とアバンチュールな日々を過ごしてしまうかもしれないじゃん。それで行かない手はないでしょ!

と。青い時にありがちな桃色の妄想が僕を駆り立て、3ヶ月の過激なバイトを死にそうになりながらなんとかクリアし、カリフォルニアの空の下にやってきたのに。
なのに……まさか……僕の英語がこんなに「使えない」なんて……

無駄だった?
僕が英語に捧げた大量の時間は、ただの無駄だった?

うん、無駄だった。気持ちよく無駄だった。
アナハイムにあるディズニーランドの、カリブの海賊の二人きりのゴンドラの中で「使えない」なら、そんな英語に意味などない。1ミリもない。

意味などない。1ミリもない。意味などない。1ミリもない。意味などない。1ミリもない。意味などない。1ミリもない。意味などない。1ミリもない。意味などない。1ミリもない。意味などない。1ミリもない……クリスティーに告白することなど、許されないのだ。思い上がるな!

そこから先の僕のアナハイムでのデートがどんな悲惨なことになったのかは、改めてここで書くまでもないだろう。

僕はいまだに夢を見る。
あの時の僕の英語が「使える」ものだったら……
あんな惨めな想いをしなくても良かったし、僕はクリスティーとめくるめくアバンチュールな日々を過ごすことができたのに。

こうして僕は「使えない」ものを恨むようになった。

だからである。
先月発売になった自分の本で徹底的に「使える」ことにこだわったのは。

だからである。
「なんなんですか、この威力は!」と、「使えた」報告をもらったとき心から嬉しかったのは。
あまりに嬉しかったのでその報告をくれた方からの全文の公開許可をもらった。以下に転載させていただく。

ご著書、今日の午前中に届きました。
昼に少し時間があったので読み始めたらグイグイ引き込まれ、半分ぐらいはあっという間に読んでしまいました。

午後一に部下と、部下がそれから向う折衝相手の準備を一緒にしはじめたところ、向かう相手がまさに本で先ほど読んだばかりの『親分タイプ』のお客様(経営者)。

部下の遠い親戚だったのですが、「上司は連れてくるな」と言われているとのことだったので、どう対応したら良いかという話になり、さっそく本に書いてあった「禁断の心理話術」を伝授。

本の中でナビゲーター役を務める博士と助手のやりとりも含めて、「具体的にかつ分かりやすく」説明したら「なるほど!」と。

結果、初対面にも関わらず一気に気に入られ、明日、私と一緒にお申し込み手続きをしに行く事になりました。(上司とは会わないって言ってたのに。笑)

いや〜まさに劇薬!禁断の心理話術!!!
この本と、書いてくださった岸さんに感謝です。
ありがとうございました!!!

「使えて」良かった。
「使える」ことだけを考えた書いた本が「使えて」良かった。

その本は「相手を完全に信じ込ませる禁断心理話術 エニアプロファイル」というタイトルである。天狼院にも置いてもらっているので、ぜひ手に取ってパラパラと読んでやって欲しい。

徹底的に「使える」ことにこだわったスキルが、その本には書いてあるから。

 

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【通信受講/日本全国対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ2.0」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《この春、大人気ライティング・ゼミが大きく進化します/初回振替講座有/全国通信対応》

 

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


2016-05-03 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事