メディアグランプリ

空中ブランコに乗った日


13432300_659476427533050_5748741473503524928_n

記事:森田 龍さま (ライティング・ゼミ)

「運動は運を動かすって書くよね。運気を変えたかったら運動するといいです」

最近、運動してないよなぁと思うと浮かぶのはこの言葉。運動してないから運気が悪いってわけでもないけど、運動するのは悪いことじゃないよね。ということで、運動しようと思い立ったわけですが、一人でやるのはちょっと……。こういう時は誰かを巻き込もう!! やりたい運動も特にないし。

「何か面白そうな運動っぽいことない?」

そんなアバウトな問いかけに返ってきた答えは

「ピラティスと空中ブランコどっちがいい?」

なんだよピラティスって……。ヨガっぽいやつ?? というか空中ブランコって普通の人もできるもんなの? 疑問はたくさんあったけど、より面白そうなのは……

「よし、空中ブランコしよう!!」

そんなわけで、空中ブランコにトライすることに。室内で空中ブランコができるという施設に予約して、いざ当日。

わりと住宅街の一角にその施設はありました。ちょっとした体育館みたいな感じ。施設内に入るとまずは誓約書にサイン。ま、なんかあるかもしれないからそりゃ書かされるわな……。んで、着替えて空中ブランコがある場所に。

……思ったより高いんですけど。下から見てるだけですでにちょっと怖い。今回の参加者は9人だそうで。うち経験者は1人。よかった、みんなできない!! 

体を軽くほぐして、説明に。固定されたバーに掴まって、足上げて、膝かけて、手を離して、ぶら下がって、また掴んで、足下ろして、おしまい。

「これやるから。みんなちょっとやってみてね」

ん!? 空中で、最初からそんなことするの!?

「最初はわけわかんないうちに終わると思うから。タイミングは声かけるからね。素直がコツだよ!!」

どうやら本気らしい。本気と書いて、読み方はマジ。

「じゃあ、誰からやろうか。さっき並んでた順番でいいよね?」

あれー? それだと1番なんですけどー。
「じゃ、やってみよう!!」

命綱をつけられて、いざ梯子へ。脚立てきな梯子が2つ繋がってるみたいなやつに登る。これ、めっちゃ揺れる!! 怖い!! とか思いながら、頂上へ。うん、高い。

命綱を付け替えて、飛ぶ準備へ。

「指先がちょっと出るくらいのところに立ってね。で、片手でバーを掴む。重いけどしっかり掴んでね。私が、ベルトしっかり持つから両手でバーを持って合図で飛んで!」

怖ええええ!!

指先出るところに立つと下、めっちゃ見えるし。ネットあるけど、安心できませんがな。そんな気持ちはおかまいなしに、無常にも合図がー。

「レディ!! ヘップ!!」

ええい! ままよ!! 飛ぶ。すげー速い。って言うか、腕に負荷がかなりかかるんですけど!!
「はい!! 足上げて!!」

え!! 今っすか!? とにかく足を持ち上げて、バーに膝かけて……。

「はい!! 手離して!!」

マジか!! 

「もっと反って!!」

そんな余裕ないよ!!

「バー掴んで!! 1、2、3で降りるよ!! 1、2、3!!」

ネットに着地、というか落ちる。怖ッ!! でも意外と楽しいかも。地面に立ったら足プルプルしてたけど。あれ……うまく歩けないな……。人は恐怖するとリアルに足がプルプルするらしい。終わったらすっきりだけど、最中の恐怖はすぐには消えない模様。

「次は、降りる時にバク宙ね」

なんか、さらっと怖いこと言ったな。

一巡して順番。今度はバク宙して落ちるらしい。

「一回目より落ち着いてできるはずだから、声ちゃんと聞いてね。タイミングがコツだから」

確かに一回目よりは、冷静に出た2回目。バク宙はなんかねじれたけど。慣れるっていってもやっぱり速い。体感だけど。見てるとそんな速くないんだよなぁ。不思議。

「次、うまくできた人はキャッチに挑戦できます!! キャッチ成功したら認定書出すから頑張ってね!!」

キャ……ッチ……? あれですか。サーカスですか。常人にはできないんじゃないかなー。そんなビビリが出たのか、3回目は失敗。途中で落ちるという失態をば。半分以上が女性なのにー。ださーい。てか女性陣が圧倒的に男共よりうまい。あれか、女は度胸か。

4回目はなんとか成功。キャッチへの挑戦権、ゲットだぜ!!

「キャッチは向こうのタイミングに合わせないといけないから、ヘップ!! って言ったらすぐに飛んでね。じゃないと掴めないから」

退路を断たれた5回目。踏み切りはよかった。でもね、タイミングが良すぎて、遠心力に振り回されるという事態に。足がすっぽ抜ける! バーに膝がかからないよー。

「タイミング良すぎたねー。でも、あれがベストだから。本当は力入れなくても遠心力でいけちゃうんだよね」

なるほど。すっといきすぎて、ビビった! んな話をしている間に女性陣は続々成功。なんなら新技の練習とかしてるよ。それを尻目に6回目。

「タイミングはバッチリだから。今度はできるよ!」

ヘップ!! の声に合わせて飛ぶ。

足かけて、手離して、体反って……。インストクターの人の手が自分の手を……掴んだ!! 足を伸ばして、バーから離れて、キャッチ成功!!! おうおう、できるもんだな!!!

「おめでとう!! キャッチ成功です!!」

インストラクターさんに迎えられてご満悦。いくつになっても褒められるのは嬉しい。2時間空中ブランコをして、キャッチまで成功。認定書ももらえて満足じゃ。

怖い怖いと思いながら、できるわけないというのを乗り越えるってのは最近なかった体験。なんつーか子供のころの病院みたい。注射してたあとのなんか知らんが誇らしげな気持ちに似てる気がする。慣れてくるとできて当然でしょ? みたいな気持ちになるのかねぇ。そんな気分になるまでやってみるのもいいかな、なんて思ったり。

翌日、筋肉痛で肩が上がらなくなったのは内緒です。運動は普段からしたほうがいいね。

 

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【通信受講/日本全国対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ2.0」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《この春、大人気ライティング・ゼミが大きく進化します/初回振替講座有/全国通信対応》

 

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


2016-06-14 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事