fbpx
メディアグランプリ

東大卒塾講師が結婚相談所に転職を決めた理由


【8月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》
【関西・通信コース】

【東京/通信】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

 

東大

 

記事:吉田裕子さま(ライティング・ゼミ)

 

東大に現役合格した私は、入学式よりも前に塾講師のアルバイトの面接を受けていた。数回の研修後、まず個別指導を担当し、夏からは集団指導。英数国理社すべてを担当し、いつしか小2から高3まで教えるようになっていた。

 

後ろの2年間は、週40時間ほど働き、もはや大学生なのか塾講師なのか、分からない状態になっていた。大学で授業を受けるより、授業をする方が楽しかった。

 

3年の冬、その会社の新卒採用に応募し、内定。そのまま社員教師になった。

 

これが天職だと感じた。

「塾の先生」というのが、自分のアイデンティティだった。

 

特に、その会社の教育理念が好きだったので、その具現化のためにあれこれ手を尽くした。生徒が楽しそうに授業を受けてくれるのが嬉しかったし、合格報告は格別だった。自分はずっとここで頑張っていくのだろうと思った。

 

ところが、教室長に昇進した4年目の春、私はどうしようもない壁にぶつかった。

 

ある出来事をきっかけに、仕事に行くことがとてもつらくなってしまったのだ。出社するのが苦しくて、定時に間に合うのが精いっぱいという状態になってしまった。(ちなみに、夜型の業界なので、定時は午後2時だった。)

 

もう無理だ。この学年を送り出したら辞めよう。

 

年度末の退社を決意したのは、初夏のある日。即日、転職サイトに登録した。

私にとって、「塾で教える=その会社で働く」だったので、他社への転職は候補になかった。まだ辞めるまで時間があったので、たまに届くスカウトメールを眺める程度の転職活動。「何かないかな~?」と思っていたとき、その会社からの連絡があった。

 

結婚相談所、である。

 

けっこんそうだんじょ……?

 

正直、全く考えたこともなかった。

 

ウェディング・プランナーなら、就活で検討したこともあったけれど、その手前にある「婚活」の部分は未知の領域だった。「得体が知れない」とか「うさんくさい」とかいうイメージも無いわけではなかった。

 

でも、直感が「おもしろそう」と言っていた。

 

……よし、応募しよう。

 

ただし、本当に応募するとなれば、志望動機などを考えなくてはいけない。「おもしろそう」ではいけない。もっときちんと考えなくては。

 

企業のウェブサイトを読むなどして、まず考えたのは、「結婚」という節目の大切さだった。

 

20代後半にさしかかっていた私(独身)にとって、「結婚」というものは、とんでもなく大きい出来事であった。

 

そもそも当時、自分自身も、数年以内に結婚できるという当てはなかった。だから、切実に結婚を望み、婚活サービスを利用する人の気持ちには共感できるような気がした。

 

そう、結婚は、その人の一生に関わる、超・超・超重要な出来事。

そんな節目をお手伝いできるのだとしたら、何とやりがいのある仕事だろうか。

 

しかも、婚活サービスを利用している人は、結婚しようという意志を持って一歩踏み出している。

 

「婚活」という言葉がこれだけ広がった世の中にあっても、実際に、婚活サービスを利用することに踏み切るのには、勇気が要ると思う。お金もかかると思う。たまに合コンに行くくらいで、「いい人がいない」とグチっている人と比べたら、結婚に向け、前向きに努力をしていて立派である。これはぜひ、お手伝いをしたい。

 

……よーし、まとまった。

 

「人生の節目にかかわり、幸せな未来を手にしようと努力している人をぜひ手助けしたい」

 

このように書いてみたところで、デジャブ感を覚えた。

 

人生の節目にかかわり……?

 

幸せな未来を手にしようと努力している人を……?

 

手助けしたい……?

 

これは、塾の先生でやろうとしていることと同じだったのだ。

 

塾講師も、受験という、生徒の人生の節目にかかわり、幸せな未来を手にしようと努力している人を手助けしている。業界や対象年齢があまりに違うので、気が付かなかったが、実は、やろうとしていることの本質は似ていた。

 

そのことに気が付いた私は、面接も堂々と乗り切ることができた。就業が8ヶ月以上先になるという、転職ではありえない、不利な状況でありながら、内定をもらった。そして、全然違う業界ではあったけれど、安心して飛び込むことができたのだった。

 

実際に就業しても、仕事のスタンスに共通点を感じることが多かった。自社を通じて結婚した夫婦からの成婚報告を読むと、生徒の合格体験記を読むのと同じ気持ちを味わうことができた。

 

結婚相談所と塾。

 

全然違う二つの業界で、同じ思いで働ける。

 

そのことを知って、私の職業観は変わった。仕事の本質を考え、理解しようとするようになった。表面的な違いを気にしなくなった分、「自分はこうでなくてはいけないのだ」という思い込みが弱まり、新しい立場や役割にも柔軟に適応できるようになった。気持ちがぐーんと自由になった。

 

ぐーんと自由になった結果……

今は再び転職して、他社でまた「塾の先生」をしています(笑)

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

 

【8月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》
【関西・通信コース】

【東京/通信】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

天狼院への行き方詳細はこちら


関連記事