fbpx
メディアグランプリ

ジムで走る人はハムスターみたいだと思っていました


【10月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

【東京/通信】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

 

hamster

 

記事:ひつじ文庫(ライティング・ゼミ)

 

大きなガラス窓から見えるのは、ずらっと横に並んだマシン達。音楽を聴いたり、テレビを見ながら、思い思いのウエアとシューズで走る人々。

 

昼間なら、一体どんな仕事をしている人だろうと勝手に想像し、夜なら、仕事終わりにまで走って熱心だなと勝手に感心します。

 

前からこの光景はちょっと滑稽だと思っていました。まるで、ケージの中の回し車で走るハムスターのように見えませんか?

 

景色も変わらないのに、どうしてそんなに一生懸命走れるのでしょう。確か、そこに山があるから登るのだと言った人がいましたが、そこにジムがあるから走るのでしょうか。

 

わたしは専門家ではありませんが、家の近くを少々ジョギングしていたことがあるので、何となく走ることのメリットはわかります。

 

お腹が空いて、ご飯が美味しく感じられる。

 

血液やリンパ液の循環が良くなる。

 

ほどよい疲労感で、よく眠れる。

 

ふくらはぎに少し筋肉がつく。

 

ほんの少し二の腕がすっきりして、お肌の調子も良くなったような……。

 

定期的に続けている間は、翌日・翌々日の筋肉痛も少なかったと思います。

 

会社の先輩が「オンナの敵は、時間と重力」と言っていましたが、何となくその実感が湧いてきたこの頃です。

 

年齢を重ねるにつれ、基礎代謝も減る傾向にあることから、意識的に運動をしなければという、半ば強迫観念に駆られています。

 

自分でも運動不足を実感していますから。

 

それだけ流行っているのなら、理由があるに違いないと、思いきってわたしも近くのジムでハムスターを演じてみることにしました。

 

当たり前のことですが、ジムは全天候型で天気に左右されません。

雨の日も風の日も関係ありません。ジムまで行くのが少々億劫かもしれませんが、着いてしまえばこちらのものです。

 

営業時間も比較的長くなっていますから、お気に入りのマシンが誰かに占領されていなければ、好きなだけ走れます。

 

もし空き待ちが必要になったら……あとどれくらいしたら交代してくれるのでしょう。公園のブランコを待つ子どものようですね。幸いにも今の所そうならずに済んでいます。

 

ジムでは、空気と温度が適度に管理されています。排気ガスの心配もありませんし、夏の暑さや、冬の寒さとも無縁です。

 

舗装された道路に比べれば、足への負担も少ないはずです。路肩の石につまづいたり、微妙な傾斜に足首を捻ってしまうこともないでしょう。

 

自分が設定した一定のペースで走れます。

むしろ、走らされているという表現の方がふさわしいかもしれません。他の歩行者やペット、自転車や車、信号に邪魔されることはありません。

 

マシンで走ることは、自分1人の世界のようですが、隣で誰かが走っているときの方が、実は張り合いがあり頑張ることが出来ました。

 

走りながら、鏡で自分のフォームを確認する振りをして、隣のマシンをチラ見。

 

早歩きなら、膝の負荷を考えているのかな、走るペースが速ければ、上級者かなと分析します。

別に言葉のやり取りはなくても、お互い自分のペースを守って頑張れるものです。

 

これまで思いつくままに挙げてきましたが、なかでもジムで走る1番の魅力は、自分で速度が調整でき、明確な数値が測定できることにあると思います。

 

「週末は公園のトラック10周」よりも

1時間で10キロ」の方が達成感があります。

 

ひと口に公園といっても、近所の児童公園から代々木公園まで様々ですから、一概に比較はできません。

 

携帯電話や腕時計にも同種の機能はありますが、わたしの知る限り、それらは運動の結果を記録するだけです。

 

マシンに希望の速さを入力すれば、直ちにその環境が提供されます。まだ使いこなせていませんが、速度に強弱をつけられる様々なモードがあるようです。

 

マシンで数値(時間、距離、消費カロリー)が計測できることから、自分で毎回目標を設定、達成感を得やすいと思うのです。今日は沢山走ったな、とハムスターは思っているはずです。

 

そして、絶対にその成果を誰かに話したくなると思うのです。

 

種類にもよるようですが、ハムスターは「寂しがり屋」なので、構ってあげないと巣に引きこもってしまうと聞きました。

 

「週末はジムで走ってるんだよね」と自分の目の前で言う人は、ちょっとした自慢屋に見えてしまいますが、人伝てに聞くと何となく意識高い系の人の感じがして、決して悪いものではありません。

 

少し前からぽっちゃり体型の友人(男性)がFacebookにランニングマシンの記録写真を載せ始め、それがしばらく続いていました。

 

ジムで走る人は、一見マイペースで単独行動が出来る人の様に見えて、実は「構ってちゃん」で、ハムスターのように「寂しがり屋」ではないかと思います。

 

ですから、知人からジムで走る話を耳にしたら、物好きだなと一蹴しないでいただきたいのです。

 

先の友人は、回し車で一生懸命走るハムスターに重なりました。これは温かく見守ってあげようではありませんか。

 

かく言うわたしも、ハムスター歴2ヶ月を迎えました。つい周囲に走っていることをこぼしてしまい、またちょっとした欲も出てきて、大して速くもないのに大会にエントリーしようかなと思っている位です。

 

中学生のわたしは、冬の寒い時期の持久走が嫌で嫌でたまりませんでしたから、お金を払って大会にエントリーするなど、全く想像もしていませんでした。

 

おそらく、走ることによりメンタル面のプラスもあるのではないでしょうか。

 

どのご家庭のクローゼットにもTシャツに短パン、それに靴箱には、しばらく履いていない運動靴があると思います。

 

もしよろしければ、あなたも騙されたと思って、一度ハムスターになってみませんか。

 

隣の人より速く走ろうとか邪念を持たなければ、きっと楽しく走れると思います。そうそう、走り過ぎはケガの元ですので、市民ランナーは月120キロが目安だそうです。健闘を祈りますね。

 

 
***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

 

【10月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

【東京/通信】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618
FAX:03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021

福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


2016-09-21 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事