fbpx
メディアグランプリ

僕が子どもから教わったこと


【10月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

【東京/通信】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

記事:スピードウェイ(ライティング・ゼミ)

 

僕が毎日楽しみにしていることがある。

それは仕事から帰って3歳の子と一緒に過ごすことだ。

8時過ぎには子どもを寝かせることにしているので、少しの時間しかないけれど、1日の終わりに子どもから話しを聞くのをとても楽しみにしている。

早く家に帰れた日は、子どもを寝かしつけるのが僕の役目なので、好きな絵本を2冊選んで寝室に行き、絵本の読み聞かせをしてから一緒に寝る。少し前までは寝ることをすごく嫌がっていたけれど、幼稚園へ通うようになってからは、疲れているのかすぐに眠るようになった。

僕は寝かしつけながら、ぼんやりとしている時間がとても好きだ。時間が穏やかに流れているように感じるし、もの思いにふけることができる。

 

大抵の男の子と同じように、うちの子ももれなく電車が大好きだ。

だから休日は二人で電車を見に出かける。

僕が「新幹線、見に行く?」と尋ねると、「見たい見たい」と言って飛び跳ねて喜んでいる。

僕は新幹線なんて全く興味がなかったけれど、おかげですごく詳しくなった。

初めてかがやきを見た時は、まるで子どものようにはしゃいでしまった。

電車に乗るわけではないから、入場券を購入して新幹線のホームに入る。そこでひたすら新幹線を眺める。そしてホームのベンチに座っておにぎりを食べる。新幹線を見ながらおにぎりを食べるのって、なんだか不思議な感じがする。

ベンチにちょこんと座っている子どもにジュースを飲ませていると、「はやぶさがきたー。はやぶさとこまちがガッチャンしてるー」と感激の声を上げている。無邪気にはしゃいでいる姿を見ていると、僕もつい微笑んでしまう。

ただ電車を眺めているだけだけれど、僕は二人で過ごすこの時間がとても気に入っている。

何本かの新幹線を見ることができたので満足したのか、家に帰りたいと言うので、せっかく駅まで来たので、お土産に電車のおもちゃを買って帰ることにする。おもちゃの箱を渡すと、本当に嬉しそうな顔をするので、僕も嬉しい。すぐに箱から出すのかと思いきや大切そうに箱を抱えて、「帰ったらこれで遊ぼうねー」と言って目を輝かせている。僕も「そうだね。一緒に遊ぼうね」と言って、抱っこをして家路につく。

 

実は二人でお出かけをする時は、いつも抱っこやおんぶをしている。

子どもが気づいていない時はそのまま歩かせているのだが、少しするとハッと気がつき、「パパだっこー」とお願いされるので、その時はすぐに抱っこをすることにしている。

体重は10キロを超えてかなり重くなってきたけれど、成長したのだと思うと喜ばしくもある。

抱っこされたまま寝てしまった時は、そのまま喫茶店で休憩させてもらう。両手が塞がっているから何かと不自由だけれど、子どもの寝顔を見ながらコーラを飲むのもなかなかいいものだ。

 

子どもが寝ている時はとても静かで平和だけれど、それは嵐の前の静けさに過ぎない。

特に寝起きは機嫌が悪いし、何をするのも全部嫌だとなってしまう時もある。

僕も最初は根気強く諭すけれど、全く僕の話しを聞いてくれないので、いい加減にして欲しいと少しイライラしてしまう。そんな時は、僕が子どもの側からそっと離れることにしている。

僕がいなくなると、小さな目に涙をいっぱい溜めて、「パパどこいったのー」と泣き叫んでいる。僕は怒っているので、すぐには戻らないのだが、ずっと泣き続けているので、さすがにだんだん気の毒になってくる。

だからそっと抱きしめて、頭を優しくなでながら「大丈夫、大丈夫」と声をかける。悲しい思いをさせてしまったのだと後悔する。眠くてぐずっていただけなのだ。

 

子どもは、笑ったり、泣いたり、怒ったりしながら、毎日一生懸命に生きている。夢中になって常に何かをして動きまわるので、僕は子どもから目を離すことができないくらいだ。

起きている時はいたずらをしたり、遊んだりして、全力で活動し、その後はエネルギーが切れたように眠り続けている。

僕は子どものそんな姿を見ていると、羨ましく思えてくるのだ。

僕はいつからか全力を出さなくなってしまった。やりたくない仕事に追われて、ただやり過ごそうとしているのだ。

当然、逃げてばかりの人生は苦しい。

 

今、この瞬間に生きる大切さ、成長する素晴らしさを、僕は子どもから教わった。

 

僕だって、何かに夢中になって過ごして、まだまだ成長していきたい。

僕だって、1日1日を充実させて、もっともっと人生を楽しみたい。

 

まだ間に合うだろうか。

人生を折り返しただけじゃないか。

 

どんどん成長していく子どもを目の当たりにして、嬉しくもあり、何故だか切ない気持ちにもなる。

子どもは凄いスピードで成長していくのだ。

僕も夢に向かって一歩ずつ階段を上っていくことにしよう。進まなければ、絶対にたどり着かないのだから。

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

 

【10月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

【東京/通信】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


2016-09-27 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事