fbpx
メディアグランプリ

殺したいほど嫌いな”アッシー”と、一緒に住んでる


【10月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

【東京/通信】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

 

記事:遠藤 誠(ライティング・ゼミ)

 

「うわぁ……ええ、マジか~……」

玄関の扉を開けて、思わず口に出してしまった。

一人暮らしを始めて約1年半になるが、帰宅したときにはいつも「ただいまー」と言ってしまう。
生まれてから18年間実家で過ごしてきたので、「ただいま」のクセはなかなか直らないのだろう。

でも今日は違う。「ただいまー」を言う前に「うわぁ……」が出てしまった。
それもそのはず。玄関の扉を開けたら、目の前の床に黒い物体が這っているんだから。

”クモ”だ。しかも、握りこぶしくらいはあろう大きさの。

もう、小さいころからクモが大嫌いで大嫌いで。
何、あの動き? 重力とか関係なしに壁とか、天井まで移動するし。
じっとしてると思ったら急に動き出したり。何ならちょっとジャンプしたり。

しかも、目とか足とか8つくらいあるし。そんなに必要??

あと、あいつら家とかベランダに勝手に巣作っちゃうし。
そりゃあいつらも必死で生きてるんでしょうよ。エサ食べるために必死なんでしょうよ。
それを重々承知の上で、クモに申し上げたい。
巣、作らないで。マジで。

幼かったわたくしも、すでに19歳。嫌いなピーマンも克服しましたし、苦手なワサビの美味しさも分かるようになりました。我慢することも覚えましたよ、はい。

しかし。しかし!

クモだけはどうしても無理!! マジで!!!

はぁ……それにしても、なんで家の中にクモがいるわけ? 家の鍵ちゃんと掛けたのに?

夕方からバイト頑張ってさ、腹ペコでさ、帰宅したわけですよ。
冷凍庫の中のアイスを楽しみにここまで頑張ってきたわけですよ。

でも、ここでクモ。
あと少しで迎えることができたリラックスタイムの手前に、クモ。

 

……とりあえずクモには外に出ていってもらわねばならぬ。
玄関に置いていた傘で床を叩いて、クモを外に誘導してみる。

ダンッ! (カサカサ……) パシッ! (カサカサ……)

……え、そっち行っちゃう? クモ、そっち行っちゃうの?

 

「そっち、外じゃなくて部屋なんですけど!!!」

 

もう、空腹と苛立ちで叫んでしまった。
夜に叫んでしまったから、お隣さんから壁ドン(山崎賢人がやるヤツじゃないよ!)を食らってしまう。
その衝撃で、またカサカサ……もっと部屋に近づいちゃってるし。

こうなったら、角に追い込んで決着をつけるしかあるまい。
ちっちゃいクモならティッシュで包んで捨てちゃうけど、今回はその倍以上の大きさ。
ティッシュ越しとはいえ、掴むのは気が引ける。かといって丸めた雑誌でつぶしてしまうのはもってのほか。

……掃除機で吸ってしまおう。

そう思い、私はリーサルウェポン(掃除機)を手に取り、クモを追い込んでいく。
クモをつぶしてしまわぬように、床や壁を叩いて角に誘導していく。
隙あらば掃除機を近づけるも、敵は案外しぶといようで、なかなか吸い込むことができない。

「男には、ダメだとわかっていてもいかなきゃいけないときがあるんだ!」

何かの漫画でそういう台詞があったけど、それって今のことを言っているのかもしれない……(ちがう)

 

戦いを繰り広げること約15分、目標のA地点(本棚の横)に誘導することに成功。
ここで仕留めないと、また逃げられてしまうだろう。

掃除機を起動し、吸い込み口を敵に向け、ゆっくりと近づく。
8個の目がこちらを見ている。1秒ほど、アイツと目が合った気がした。

お前との戦いもこれまで、さよなら。

……ズゾゾッ! という音とともに、あいつは吸い込まれていった。床にはもう姿はない。掃除機のダストカップの中で、グルングルン回っているに違いない。

すぐにビニール袋を用意し、手際よくあいつを取り出す。触りたくないので、もちろん袋越しで。
埃まみれの何かがカサカサ動いているのを見てしまって、本日二回目の「うわぁ…」。
袋の口をきつく結んで、すぐにゴミ箱に投入!

ようやく、ようやく戦いが終わった……
心の軽井沢こと、この6畳のワンルームに今! 再び平和がもたらされた!!
いやー、長かった。バイト終わりにクモと一戦交えるとか、なんて日だ。
さっさと風呂入ってアイス食べて寝よ……

 

……そういや、さっきのクモ、なんてやつなんだろ??
もし毒持ってたりしたらヤバいだろうし、できるならもうお会いしたくないし。
アイスを食べながらノートPCを開く。検索ワードは「家 クモ 大きい」、我ながらボキャ貧だなぁ……

検索結果の写真の中に、さっきのあいつとおんなじ奴がいる!!
どうやらあいつは「アシダカグモ」という名前らしい。
いろんなサイトを見た結果、あいつはこういうクモらしい。

 

・毒は持っていない
・人に向かってくることはない。臆病なのでむしろ逃げていく
・人間が寝ているうちに近づくことはほとんどない
・巣をつくらない
・ゴキブリなどの家の中の衛生害虫を食べてくれる、益虫
・衛生害虫が根絶して家の中に食べ物がなくなると、自然とその家を出ていく

 

……めっちゃええやつやん。人間にとってメリットしかないやん。

もしかしたらあいつは「お留守の間にお掃除させていただきますね~」って、感覚で入ってきたのかもしれない。
私が留守の間に、家に潜むゴキブリたちを退治してくれていたのかもしれない。
掃除が終わって帰ろうとしたときにばったり私と鉢合わせて「え、人間!?」ってめっちゃビビッていたのかもしれない。

そんないいやつなのに、私といえば……
クモというだけで毛嫌いして、傘で威嚇して、挙句の果てに掃除機で吸い込んで……

ごめんね、クモ。いや、アシダカグモ。
これからはもっと仲良くしようね。なんなら「アッシー」とあだ名で呼ばせておくれ。

 

クモ、というだけで偏見をもって接してしまった。

一口に”クモ”といっても、当然いろんな種類がいるわけで。

よく家にいる、体長1cmも満たないほど小さなクモ”アダンソンハエトリ”

メスだけが毒をもち、腹部と腹部背面に赤の模様がある”セアカゴケグモ”

そして、「アッシー」こと”アシダカグモ”

などなど。

それぞれの特性を知ることで、同じクモでも見方が変わってくる。

 

別にクモに限った話じゃない。人間だってもちろんそうだ。

「浮気しない男はいない」「女性はみんな噂好き」

「○○出身の人は気性が荒い」「○○な仕事をしているひとは頭が悪い」

男性の中には一途な人もいるし、噂に左右されず自分の意思で行動する女性だっている。

偏見やうわさ(そのほとんどは出所があやふや……)をもって、ある人間を判断してしまうのはナンセンスだ。

 

それを教えてくれたのは他でもない、アッシーだ。

アッシーの命を無駄にしないよう、これからは多面的な視点をもって行動しよう。そう思った夜だった。

 

翌日、玄関先で別のアッシーを見かけた。こちらをちらりと見ると、カサカサと逃げて行ってしまった。

私の下宿はアッシーが守ってくれてるから、しばらくゴキブリと対峙しなくて済むだろうなぁ。

 

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

 

【10月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

【東京/通信】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

天狼院への行き方詳細はこちら


2016-09-27 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事