fbpx
メディアグランプリ

「理想の彼女」と「心理学」


【10月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

10月開講「ライティング・ゼミ《平日コース》」は、今からでも追いついての受講が可能です!
「最初の講義のタイミングを逃してしまったけれど、参加をしたい」という声を多くいただいておりました。そこで、
10月30日(日)1日で追いつける!集中振替講座 を開催します。
これからのお申し込みでも、1日で最新講義まで追いつくことが可能です。 

【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

本気でプロを目指す「ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」〜大人気「ライティング・ゼミ」の上級コース〜 *まもなく募集開始!

記事:たむ(ライティング・ゼミ)

 

 

「どんなタイプの女性がすきですか?」

 

コンパや飲み会などで、日常的によくされている会話だ。

「うーん、そうだな。可愛くてやさしい人かな」

ありきたりな会話。

「なるほど、芸能人で例えるとどんな人ですか?」

あー、またいつものパターンだ……。

なん百回と繰り返したセリフのようにすらすらと答える。

「篠原涼子さんかな」

「きれいな大人女子だけど、キュートな笑顔が素敵ですよね」

おっ。この子はわかってるな。同じ感性をもっている。

とかすかに心の中でほほえむ。

いつもとかわらない、なんでもない会話。

 

この会話は、探りと探求心、そして、話しを盛り上げようとする意図が見え隠れする。

 

いつもと同じ何気ない会話なのに、思いもよらないことばが耳にはいるといっきに興味が湧いてくる。

 

「どんな男性がタイプなの?」

「ワイルドで、無口だけどかわいい、ギャップがある人です」

「へー、そうなんだ」

「芸能人でいうとどんな人?」

「うーん、竹ノ内豊さんみたいな人。似てるって言われませんか?」

「そうなんだ……、たまに言われるかな」

 

これは、メラビアンの法則にあてはまる。

 

メラビアンの法則とは、第一印象は出会ってから、5秒、遅くても5分以内にきまることが多い。そして、第一印象が良ければよいほど、恋愛に発展しやすいのだ。

彼女のタイプが僕と似ているということは、第一印象はよいはずだ。

 

僕は、少しうそをついた。正直、一度も竹ノ内豊とは言われたことはない。

だが、うれしい。

冷静に考えると、「おれってばかだな」とおもう。

しかし、情熱的な感情がマグマのようにぐつぐつ湧き出し、「うれしい」気持ちが勝る。

お世辞だとわかっているのに……。

 

「彼女はいるんですか?」

「いないよ」

「彼氏はいるの?」

「いないですよ」

「お互いいないね……」

「そうですね……」

 

これは、「自己開示の法則」である。

自己開示とは、自分のプロフィールや趣味、好きなもの、最近はまっていることなどを相手に伝えることで、親近感が湧いてくることだ。人間は、「その人を知れば知るほど好きになる」性質が備わっているのだ。

 

「趣味はなんですか?」

「映画をみることかな。きみは?」

「わたしも映画です」

「最近どんな映画をみましたか?」

「最近は……、今はやっている『君の名は』をみたよ」

「わたしもみました! とてもすてきな映画でしたね。年甲斐もなく、青春を思い出しましたよ」

「ぼくもだよ。大人になるとピュアな恋愛とは無縁だもんね……。あこがれるよ」

「わたしもです。ピュアな恋愛にあこがれますね」

「彼氏はどれぐらいの期間いないの?」

「2年ぐらいです。何年ぐらいですか?」

「おれも2年だよ」

 

これは、心理学のミラーリングという法則だ。

鏡のような会話をすると、親近感がわき、自然と距離が縮まっていくのだ。人は、誰しも自分と似ている人に興味や関心をもちやすい。仲間意識や親近感から好意を抱いていくものだ……。

 

「なんで彼氏と別れたの? ごめん、初対面なのに、失礼だよね……」

「そんなことないですよ。彼氏に浮気されたんです。それが許せなくて……」

「……そうなんだね。実は、ぼくもだよ。浮気されたんだ。別れるときに『あなたといてもつまらなかったよ』って言われたよ」

「そんなことないのに。その元カノさんは見る目がないですね。こんなにやさしそうなのに」

心にあったかい感情がわきおこってくる。

「確かに、お笑い芸人みたいな面白さはないですけど、私は、落ち着きます。初対面でこんなに落ち着くのは初めて」

僕でも気付かない良さをしっかりとわかってくれる人がいた。

 

心理学だと、「ジョハリの窓の自己拡大」だ。

ジョハリの窓は自己を4タイプに分けたものだ。そのなかで、まだ自分が気づいていないところを褒められると、その人に対して特別な感情を持つことになる。

 

しかし、油断は禁物だ。

相手がうそをついているのか、それとも僕に合わした会話をしてくれているのか……。

目の動きや、不審な動きはしていないのか? 「微表情」を確認。

チェックを怠らないように……。自分に言い聞かせる。

大丈夫だ!

 

彼女は僕が求めていた「理想の彼女」だ。

 

「ありがとう。そういってくれるとほんとにうれしい」

と、ポジティブフレームで返答をした。

 

ポジティブフレームを使う事で、「素直さ」と「褒めた後の気持ちよさ」を相手にわかってもらうためだ。

彼女も笑顔でうれしそうだ。

「よかったら、君も飲まない?」

「有難うございます、ビールのお代わりはいかがですか?」

僕のビールと彼女のドリンクがテーブルの上に置かれた。

「素敵な出会いに乾杯」

「ふふふっ……、乾杯」

お互い照れながら、乾杯をした。

豪華な店内はまるで2人の出会いを祝福してくれているようだ。

 

僕は、さりげなく時計をみた。

そろそろ、終盤戦だ。ゴールを目指さないと……。

 

僕は聞いた。

「今日は何時に帰るの?」

「今日は、終電過ぎちゃうかも」

「そうなんだね……」

「僕はもっときみのことを知りたいんだ。きみはどう思う?」

少し、うつむいて、

「私も知りたいと思ってます」

「では、もっとお話しをしたいかな?」

「……はい。お話ししたいです」

 

きたっ! 僕の質問に2回「イエス」回答がきている。

「イエス」が続くと、一度自分で発した言葉や行動に対して、一貫性をもちたくなる。

イエスの法則だ!

今日はいける!

 

「この後、飲みに行かない?」

 

答えは決まっている。僕は、心のなかでつぶやいていた。

そして、次の計画を準備、チェックをしていた。

思考は、ゴールまでの線路を引き、あとは線路に沿って走るだけ。

簡単なものだ。

 

彼女は言った。

「ごめんなさい。今日は行けないんです。ほかの人と約束してるんですよ」

 

なにっ! 先に約束があるとは。聞いていなかったのはうかつだった。ま、まあ仕方ない。

 

「そうか、約束があるのか……。それは残念」

「わたしもとても残念です。もっとお話ししたかったのに」

「わかった。また誘うから、連絡先を教えてくれないか?」

「……ごめんなさい。携帯もってないんです」

 

僕は唖然とした。この現代で携帯をもっていない人がいるのか、頭が混乱した。

「えっ、えええええ」

なんて言っていいかわからず言葉が詰まる……。

「でも、また来てくれたら会えます。そのときに、お話ししましょうね。今日はご馳走さまでした」

彼女は席をたち、明らかに源氏名と分かる名刺だけテーブルに置いて行った。

 

すぐさまボーイが来て、「失礼します。お会計はこちらになります」

 

 

お会計が済み、渋谷交差点をとぼとぼ歩く。

辺りを見回すと、マツキヨの看板がまぶしい。

若者たちが男女交えて楽しそうに話すのを横目に、

ハチ公は「今日もがんばったな」と語りかけてくれている。

 

今日も僕は現実に敗れ去った。

 

「心理学を学ぶと理想の彼女ができる」

 

この理論を成立するためにはまだまだ勉強が必要だ。

 

 

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

 

【10月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

10月開講「ライティング・ゼミ《平日コース》」は、今からでも追いついての受講が可能です!
「最初の講義のタイミングを逃してしまったけれど、参加をしたい」という声を多くいただいておりました。そこで、
10月30日(日)1日で追いつける!集中振替講座 を開催します。
これからのお申し込みでも、1日で最新講義まで追いつくことが可能です。 

【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

本気でプロを目指す「ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」〜大人気「ライティング・ゼミ」の上級コース〜 *まもなく募集開始!

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


2016-10-26 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事