fbpx
メディアグランプリ

弊社担当の郵便局員に、私は半ば恋していた。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【10月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

10月開講「ライティング・ゼミ《平日コース》」は、今からでも追いついての受講が可能です!
「最初の講義のタイミングを逃してしまったけれど、参加をしたい」という声を多くいただいておりました。そこで、
10月30日(日)1日で追いつける!集中振替講座 を開催します。
これからのお申し込みでも、1日で最新講義まで追いつくことが可能です

【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

本気でプロを目指す「ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」〜大人気「ライティング・ゼミ」の上級コース〜 *まもなく募集開始!

記事:吉田裕子(ライティング・ゼミ)

「日本郵便です、書留が3通届いております」
「はい、今行きます~」

当時勤めていた会社には、よく書留の郵便物が届いた。それを持ってくるのは、たいてい高野くんという郵便局員だった。この辺りは高野くんの担当エリアだったんだろう。

そして、対応するのはたいてい、その秋から会社の電話番になった私だった。

「吉田さん、最近ホント寒いですね。外回りツライんですよ~」
書留郵便を受け取るときにサインをするからか、いつしか、名前で話しかけられるようになった。そういうことが自然にできる、人懐っこい青年だった。新入社員の23歳だという。当時27歳だった私は内心、彼を「くん付け」で呼んでいた。郵便局の高野くん。

「吉田さん、今日メガネなんですね」
「コンタクト落としちゃったんですよー」
「それはやっちゃいましたね。でも、嫌なことの後にはきっと良いことがありますよ。とりあえず、メガネ似合いますから!」

こんな他愛のない会話をいつもしていた。高野くんはよく、見え透いたお世辞を言って、私を笑わせた。電話番になって数週間経つと、私は、高野くんの来るのが楽しみになっていた。

そもそも私は、高野くんの顔が好きだった。笑うと愛くるしくて、子犬のような印象だった。

一度、街中で会ったときに「吉田さん!!」と笑って手を振ってくれたときには、ちょっとキュンとした。

高野くんの来るのが楽しみだったのには、彼が来るのがいつもお昼前後の時間だったことも影響している。その前の年まで塾講師として働いていた私は、転職して、一日中デスクワークになったことに慣れなかった。午前中、3時間パソコンに向かって集中力の切れた頃に、高野くんがやって来るのだった。

「あー、吉田さん、手が荒れちゃってますよ。ハンドクリーム塗らないとダメですよ~」

そんなちょっとした会話が良い気分転換になっていたのだと思う。

いつしか「お世話になっております、日本郵便です」と名乗っていたのが、「こんにちは、吉田さん。高野です~」と言うようになった。

書留の郵便物がない日や、高野くんではない人が配達に来た日は、「ちぇっ」と思ったりしたものだ。

バレンタインデーにはチョコレートをあげて、ホワイトデーにはお返しをもらった。間違いなく、郵便局員と担当エリアのいちOLという以上の間柄になっていたと思う。中高生の恋のような、初々しい甘酸っぱさを感じていた。

ただ、そのころ、デスクワークは向いていないなぁ、と思った私は、次の転職先を決めた。

新しい仕事に期待が膨らむ一方で、唯一、残念だったのは、高野くんと会えなくなることだった。

私が辞めるからといって、高野くんの方はどうとも思わないかもしれない……、そんな心配はありつつも、正式に退職日が決まったとき、私は、高野くんにその話をした。

「私、一ヶ月後、この会社辞めることになったんだ」

「え、マジっすか。え、残念だなぁ……」

高野くんが残念がってくれたことに、少しホッとした私がいた。

そして、彼の次の言葉は、意外な角度からやってきた。

「じゃあ、あと一ヶ月楽しんでもらえるように、俺、話術鍛えますね!」

その一言だけで私は笑ってしまった。

それから一ヶ月、高野くんは本当に、日々、私を笑わせてくれた。

「この前、エクスパックでキムチを送った人がいたんですよ! おかげで配達した俺の手も、他の郵便物も、キムチ臭ヤバかったんですよ~!」

「親知らず抜いたんですか? じゃあ、ぽっかり空いたそのスペースには俺が入るしかないですね!」

ある日は「吉田さん、俺、とってときのかくし芸をマスターしてきました!」と言い出すから何かと思ったら、

“私の勤める会社のロゴマークを見ないで描いてみせる”

というささやかな芸で、また笑ってしまった。

病める理由が何であれ、会社を辞めることが決まった後の勤務なんて、別に「楽しい!」と感じながらするものではない。そんな気の重い日々の中、お昼どきのその時間だけが楽しみだった。

そして、日は巡り、いよいよ最後の日、彼は私に手紙をくれた。

「後で読んでください。今まで楽しかったです!」
と渡された手紙。

……ラブレターだ。

私はドキドキしながら、それを持って席に戻った。

不用意に開けてはいけないと思い、退勤時まで、そっとカバンにしまっておいた。勤務時間を終え、会社のメンバーから送り出してもらい、ビルを後にしたその足で、会社近くの公園でその手紙を開いた。

「お疲れ様でした。

さびしいですが、
吉田さんが決心して
新しいステージに進むことを
応援しています。

僕には夢があります。

それを叶えるべく
日々頑張っています。

吉田さんの夢も叶うことを
祈っています」

正直言うと、ラブレターだと決めつけていた私は、少し拍子抜けした。

でも、その次の瞬間から、何とも言えない温かい気持ちが胸の中に広がった。

私はこのとき初めて理解し、納得した。

あれは恋ではなかったのだ。
高野くんと私は、一種の「同志」だったのだ。

私が不向きなデスクワークに汲々としていたのと同じように、きっと高野くんも、日々のルーティンワークに辟易する日があったのではないか。

「自分のいるべき場所はここではないのでは?」という思い。
「本当にやりたいことは他にある」という思い。
そんな違和感を抱えながら、嫌々、仕事をこなさなくてはいけないときがあったのではないか。

そのとき、そんな仕事を、ほんの少し楽しく彩っていたのが、あのお昼のひとときだったのかもしれない。自分のやりたいこととは別の、生活のための仕事をこなし、乗り切っていくための助けに、ちょっとはなっていたのかもしれない。

少なくとも、私の方は、「あー、高野くん、今日も頑張ってるな~」と思うことが、自分がじっとこらえて夕方まで仕事をするための、大きな支えになっていた。

……高野くん、ありがとう。

改めて、そう思ったら、ちょっとだけ涙が出てきた。

そう。これが恋ではなかった証拠に、その手紙には、電話番号もメールアドレスも書いていなかった。

あれから4年半。

当然、高野くんとは再会していないし、連絡も取りようがない。

でも、ときどき、私は高野くんのことを思い出している。

そのたび、「頑張ろう」と思う。

ところで、私が高野くんに応援されて飛び込んだのは、フリーランスの国語講師として働く道だった。

大学受験塾だとか、カルチャースクールだとかで国語を教えている。それに加えて、本を書いたり、雑誌でインタビューを受けたりすることもある。2度、テレビに出演したこともある。今週は初めてラジオの生放送に出る。

中高生のころは、自己顕示欲が強くて「有名人になりたい!」とよく思っていた私だけれど、今は別に目立ちたいとはそれほど思わない。

でも、そうやってメディアに出て、有名になるのも良いかもしれない、と思っている理由が一つだけ、ある。

……これはもう祈りに近いのだけど。

いつか、高野くんが、
どこかで、私の名前を
目にしますように。

「あ、吉田さん、頑張っているんだぁ」
と思ってくれますように。

そして、
「よし僕も頑張ろう」
と思ってくれますように。

そのためになら、私は恥をかいてでも有名になりたい。

二度と会えないあなたが、あなた自身の夢を叶えることを祈って、私も、私の夢を歩んでいこうと思う。

※高野くんは仮名です
***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【10月開講/東京・福岡・全国通信対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有》
【東京・福岡・全国通信対応】《平日コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

本気でプロを目指す「ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」〜大人気「ライティング・ゼミ」の上級コース〜 *まもなく募集開始!

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618
FAX:03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


2016-10-27 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事