fbpx
メディアグランプリ

初めての恋が最後の恋、になると信じていた女の行く末


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講申込みページ/東京・福岡・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

記事:吉田 裕子(ライティング・ゼミ)

初めての恋が、最後の恋。

そんな展開を夢見ていた。小学校高学年、恋愛に多少の興味が出てきた頃の私である。

初恋の人と付き合い、そのまま結婚する。そんな、運命的な出会いによる純愛が、自分に訪れることを期待していたし、半ば、そうなることを信じていたように思う。

不幸にも、相手にフラれることはあるかもしれない。でも、自分は、好きになったら一途に想いを貫くに決まっている。だから、かなりの確率で、初めての彼と結婚できるだろう、と思い込んでいたのである。

その当時の私は、「浮気」や「不倫」などの言葉を嫌悪するだけでなく、「冷める」「飽きる」も徹底的に見下していたし、「価値観の相違」に至っては意味も分からなかった。若かった。青かった。そして、自分のことを過信していた。

蓋を開けてみたら、散々だった。

初恋は実らなかったし、惚れっぽいようで、次から次に色んな人に好意を抱いた。

初めて付き合った相手と結婚する、という展開もなかった。初めての彼は、私のことをとても好いてくれていたのに、私の方から別れを切り出したのだった。

しかも、その理由がひどい。「田舎から上京し、大学生活を楽しむうちに、彼との遠距離恋愛に興味が薄れてしまった」いう何とも身勝手な理由だった。

私は自分に失望した。

オマエは、言っていることとやっていることが違うではないか。
純粋な恋愛・結婚に憧れていたオマエはどこに行ったのか。

こんな自問自答をして途方に暮れることもあった。

そして、自業自得な話だが、他人を傷付けてしまったという痛みは、じわりじわりと自分のことも傷付けていく。ずるずると自己肯定感が下がっていく。

それからいくつかの恋愛を経て思い知らされたのは、相手のことをきちんと大切にできない自分の愚かしさだった。それでも、「恋をしない」という選択はできないでいた中で、このままでは、私は「すれっからし」になってしまうのではないかと思った。

……もしかしたら、既に、半ばそうだったかもしれない。初めての恋が最後の恋になることを夢見ていた少女は、15年の時を経て、ただのすれっからしになろうとしていたのだった。

26歳の冬。

私は、友達だった人を好きになった。

まさか恋愛に発展するとは思っていなかったので、女子力ゼロの会話や行動を繰り広げてきた相手だった。

初めて一緒にごはんを食べたのは、博多ラーメンの一風堂だったし、彼に特別な想いのなかった私は、大変美味しそうに替え玉まですすっていたというから、色気もへったくれもあったものではない。下ネタだって散々言っていたし、お互いの彼氏彼女の話も暴露しあってきた中だった。

それなのに、今さら好きになってしまったのだった。

それを自覚して以来、私はしばらく奇妙な体験をした。

明らかに退行したのである。

例えば、急に、その人の名前を呼べなくなった。それまで、苗字にさん付けで何気なく呼んでいたのに、好きになったら突然、何て呼んで良いか分からなくなったのだ。付き合い始めて、向こうは、私のことを下の名前で自然に呼ぶようになったというのに、こちらは照れてしまって、何とも呼べないのである。「中学生か!」と、自分でもつっこまずにはいられないのだけど、それでも、呼べない。なんだなんだ、オマエはだれだ。

付き合う前には、こんなこともあった。ふとしたきっかけで、好きなアーティストを教えてもらった。それまで、そのアーティストをじっくり聴いたことのなかった私は、即日でTSUTAYAに走った。彼が好きだという初期のアルバムと、ベストアルバムを借りて、早速MP3プレイヤーに入れた。そして、何度も聴いてニヤニヤした。聴きながら通勤していると、スキップせんばかりの勢いだった。平井堅の「POP STAR」を聴きながらスキップする26歳。おかしい。何かがおかしい。

もう良い歳である。
初めての恋ではないし、もう友達としては十分に知り合っている相手である。
それなのに私は、中学生のように顔を赤らめてしまうなど、シャイな行動を繰り返している。

すっかり、すれっからしになってしまったのではないかと思っていた中に、まだこんな、ピュアな部分が残っていただなんて。どうしたんだ、私……。

戸惑う私は、ある日、古典に一つのことを教えられることになる。

国語講師という仕事をしている関係で、古典に関する本をよく読むのだが、和歌に関する本を読んでいるときにある言葉に出会ったのである。

その言葉は「初恋」。

歌合などで、和歌のお題として「初恋」という言葉があるのだという。

かつて「初恋で結婚」に憧れていた私は、「おっ」と思い、その和歌を詠んだ。

「恋すてふわが名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか」
(恋しているという私の評判が早くも広まってしまったんだなぁ。人知れず好きになり始めたところなのに)

「忍ぶれど色に出でにけりわが恋はものや思ふと人の問ふまで」
(隠していてもつい表情に出てしまうのだなぁ、私の恋は。何か悩んでいるのかと他人に尋ねられるほどに)

そうそう、初恋って、こんな感じだ。まだ自分の気持ちをうまく操れなくって、勝手にバレてしまうんだよなぁ……。おお、平安時代の貴族男性もなかなかカワイイではないか。

頷きながら読んでいると、次のような解説が目に入った。

「初恋という歌題は、『恋の初期段階』を意味する」

……あれ?
……あれ?

初めての恋、ではない?

恋の初め、なんだ……?

新しい初恋の定義である。

現代語では「初めての恋」だけを意味する「初恋」だけど、古文にまで目を広げれば、「恋の初め」という意味もある。

それを知った瞬間、私は、不思議なほどに、救われた気持ちになった。

「初めての恋」でなくては純愛ではない。幾度かの恋を重ねた自分なんて、もう純粋な人間ではない。そう思い込んでいたけれど、「恋の初め」であっても、同じように純粋に透き通った気持ちで、人のことを好きになれるのかもしれない。好きになっていいのかもしれない。……実際、自分は今、そんな風にあの人のことを好きになれているのではないか?

かつて私は、経験を重ねていくと、人間は、濁っていく一方だと思っていた。

でも、もしかしたら、光の三原色みたいに、複数重なることで、かえって明るく輝くパターンもあるのかもしれない。

何度目かの恋をいつになく純粋な気持ちで味わいながら、この恋を大切にしよう、と強く思った。

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【12月開講申込みページ/東京・福岡・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618
FAX:03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】
**


2016-11-04 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事