fbpx
メディアグランプリ

笑顔を捨てよ、ネガティブになれ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講申込みページ/東京・福岡・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜 →【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

記事:坂本えみ(ライティング・ゼミ)

 

「この中で誰が一番好き?」

中学生の頃、流行りの少女漫画を巡って、よくそんな会話が交わされていた。

どの漫画にも大抵人気を集める人物がいて、なぜその子がいいのか、いや絶対こっちでしょ、という話で、いつまでも盛り上がっていた。

 

当時の私は、恋愛に縁のない非モテ女子だった。

いつか私にもこんな恋をする日が来るのかな、いやきっと無理だ、期待しちゃだめだ……と自分に言い聞かせては、ラブストーリーに胸をときめかせていた。

 

 

そんな私に、20歳を迎える直前、初めて恋人ができた。

大学のサークルで知り合い、毎日メールを交わしたり、たまに食事に行ったりするようになって、お付き合いを始めることになった。

付き合う直前、もっと一緒にいたいという思いが募ってしまい、山手線のとある駅の改札前で、強く抱き合ったことを覚えている。

今でも思い出すだけで、叫びたくなるほど恥ずかしい。

若かったのだ。

 

そうやって燃え上がった恋は、半年も経たないうちに、終わりを告げた。

よくある話だ。

周りを見ても、別れていくカップルは山ほどいた。

それでも、当時の私は、別れるなんて選択肢はこれっぽっちも想像していなかった。

ずっとこのまま一緒にいて、いつか結婚して、子供を産んで、そして一緒に縁側でお茶をすするんだと本気で信じていた。

 

別れを告げられる前に、彼の気持ちが少しずつ私から離れていたことには気がついていた。

何故こんなことになってしまったんだろうと、毎日のように考えていた。

でも、いろんな気持ちを心の奥底にしまいこんで、「これまで本当にありがとう」「これからも友達でいようね」と笑顔で別れを告げた。

周りの友人にも、「付き合えただけでも幸せだったの」と報告をした。

 

そのあとも何度か恋をしたけれど、相手に彼女がいたり、告白して振られたりの繰り返しで、お付き合いには至らなかった。

その度に私は、時には心の中で、時には本人に向かって、同じ言葉を発していた。

「これまで本当にありがとう」

「これからも友達でいようね」

 

そして、30歳を目前にした冬。

10年ぶりに、二人目の恋人ができた。

燃え上がるような恋とは程遠く、ずっと仲良くしていた男友達とお互いの気持ちを伝え合って、付き合うことを決めた。

しばらくして一緒に住み始めることになり、引越しに向けて部屋を片付けていると、クローゼットの奥から、ごっそり少女漫画が出てきた。

中学生の頃、友達とよく語り合った漫画だった。

 

私は片付けを放り出して、全巻むさぼり読んだ。

久しぶりのときめきに胸を高鳴らせていたその時、思わず私のページをめくる手が止まった。

 

「これまで本当にありがとう」

「これからも友達でいようね」

 

それは、中学生の頃にいつも一番人気だった登場人物が、大好きな恋人と別れるシーンで口にした言葉だった。

相手の幸せを願って。

自分が振られても笑顔で。

ちゃんと前向きに、相手に感謝して。

 

ああ、と思った。

そうか。

私はずっと、こういう女の子になりたかったのだ。

どんなに悲しい別れが来ても、ポジティブに前を向いて、ちゃんと笑顔で別れを告げる。

相手の幸せを本気で願っている、そんな女の子に。

その漫画では、紆余曲折を経て、彼女の元に別れた恋人が戻ってくる。
だが、しかし。

アラサーの私は、もうとっくに知っている。

現実はそんなに上手くいかないし、別れた恋人は戻ってはこない。

相手の幸せを願っても、いつも笑顔でいても、心の底に悲しくて醜い思いが渦巻いていた。

初めて付き合ったあの人が、実は他の女の子の家に何度も通っていたこと。

私のどういうところが嫌なのか、友達に笑って話していたこと。

本当は全部知っていたし、すごく悲しかったし、なんでそんなことするんだろうと思っていた。

こっそりSNSで、あの人の女友達を片っぱしから検索しては、浮気を疑った夜もあった。

でも、本人の前では、何も言わず、何も知らないふりをして、「今までありがとう」「これからも友達でいようね」と笑顔で別れを告げた。

 

あの時、もっと正直になって良かったのだ。

思いっきり泣いたり、怒ったり、恨みつらみをぶつけたりしてもよかった。

この世の中は少女漫画じゃないし、私はその登場人物じゃない。そして相手も、生身の男の人だ。

ずっと一緒にいるつもりだったなら、自分の奥底にある醜い部分も、相手の嫌な部分も、目を逸らさずにちゃんと見つめるべきだったのだ。

そのことに気がつくのに、なんと10年近くかかってしまった。

 

私は小さく笑って、その漫画をすべて紐でしばって、古本屋さんに売ってしまった。

 

こうして少女漫画の呪縛から解き放たれた私は、

この文章を書きながら、次に恋人と別れることがあったら、なんて言おうかと考えている。

「ずっと恨み続けるからね」とか。

「不幸になってしまえ!」とか。

「誰かと結婚してもSNSで報告しないでね」も重要だ。

うーん。

でもやっぱり。

「これまで本当にありがとう」くらいは言える女性でありたいな。

あの漫画、買い戻した方がいいかしら。

 

*** この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。 「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【12月開講申込みページ/東京・福岡・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜 →【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F TEL:03-6914-3618 FAX:03-6914-3619 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階 TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。 【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

 


2016-12-29 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事