fbpx
メディアグランプリ

失恋が開いたパンドラの箱に残ったもの


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【2月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《平日コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《平日コース》

記事:まい(ライティング・ゼミ)

「話があるんだけど」
「話って……?」
「別れてほしい」
「……うん」

 2年前の春、私は大学時代から1年数か月付き合った彼氏にふられた。

出会いは京都市が主催する就活セミナー。偶然隣の席に座り、お互いに一目ぼれした。閃光を放つようにして始まった恋は、とどまるところを知らなかった。付き合い始めて2週間後には彼の実家を訪れ、さらにその2週間後に東京に泊まりで旅行に行った。というのも、私たちには急いで関係を深めなくてはならない理由があったのだ。私は1年間の交換留学の予定で京都に来ており、2か月もすれば大分に帰らなければならなかった。あれほど1日1日が濃密だった2か月は、それまで20年以上生きてきて初めてのことだった。

 3月。ついに留学期間が終わり、私は大分に戻った。ここから1年に渡る遠距離恋愛が始まった。私たちには性格のうえで共通点が多かった。二人とも塾でアルバイトをしており、アルバイトとはいえ、生徒と仕事が大好きだった。彼のそういうところも好きだったが、これでは会いに行く日程が合わない。だから、やっと会えた時にはすべてをいい思い出にしたくて、私は彼の前でネガティブな感情を封印した。湧いてくる不安も不満も、見なければいつか消えてくれると信じているかのように。もちろん、嫌なものを見なければなくなるほど、世の中は都合よくなかった。

 遠距離恋愛が始まって1年、私たちはそれぞれ無事に大学を卒業した。彼は就職で大阪に引っ越し、私は専門学校に進学するため東京に引っ越した。二人は場所を変えて、再び500kmの遠距離恋愛をスタートさせた。縮まらない距離は私たちの関係を象徴していたのに、私は「それでも大丈夫。いつか二人一緒になれる日が来る」と無邪気に信じていた。

そしてかかってきたあの電話。

 本当はどこかでわかっていた。お互いにやりたいことがあって、どちらもそれを諦めるつもりはなかった。そういう共通点が今度は二人を遠ざけた。彼にふられてから、私は明らかに我をうしなった。初めての東京暮らしと専門学校での勉強で、すでに神経は十分に過敏だった。そこへ訪れた失恋はダブルパンチ以上のしろものだ。

 ふられてからというもの、私の脳は彼に関する情報を集め続けた。街中のあらゆるものが彼を思い出すきっかけとなった。彼と観た映画の音楽、一緒に東京旅行したときに乗った電車、行った場所、食べたもの。彼が好きだった車、俳優、色。もはや何でもよかったのかもしれない。そういうきっかけに触れるたびに、私は苦しくて、電車に乗っていようが、授業を受けていようが、洗い物をしていようが、涙を止めることはできなかった。いちど自分の一部に取り込んだ彼の存在が薄れていくことを、私の脳は決して許さなかった。

 失恋によって開いてしまった私のパンドラの箱は、これでもかとネガティブを吐き出し続ける。「あの時こうしていたら……」「もうこんな人には出会えないかもしれない」「どうしたら戻ってきてくれるだろう」「寂しい……」「なんでこんなことになったのだろう」
後悔、不安、寂しさ、怒り……。二人でいる時に必死に封じてきたのものが、今になって溢れ出してしまった。

 結局その後1年間、彼を忘れることはできなかった。東京の街は何度も彼を思い出すようけしかけ、私は笑えるくらい毎回その罠にかかった。雑踏の中、もし私に注目してくれた人がいたとしたら、私は急に泣き出す変な女だっただろう。それでも、時間とともに彼を思い出す時間は確実に減っていった。そして専門学校での勉強が終わり、就職のために生まれ育った福岡に戻った。

 私にとって、彼との恋愛と失恋を味わった2年半は激動の時期だった。いま振り返ると、喜びも悲しみも含めて、自分のどこにそんなエネルギーがあったのだろうかと不思議に思うほどだ。福岡に戻り、就職をして、懐かしい友達に会って、趣味も見つけて、やっと落ち着いたいま感じることは、失恋しても私は私だということ。一時は自分を見失い、おかしくなったかとさえ思ったけど、一回りしてみて、私はどこにも行ってなくて、ちゃんとここにいた。

 また誰かを好きなれば、パンドラの箱が開いて、見たくない自分と向き合わざるを得ないかもしれない。思いがけないものが出てくるのがパンドラの箱だから、次はどんなものが出てくるかわかったもんじゃない。それはすごく恐いけど、嫌なものがいろいろ出てきた後に残るのは、「それでも私は私だから、きれいじゃない部分があったって、また進んでいける」という希望だ。私は2年前に比べて、多様な自分を認められるようになった気がする。絶望しか入っていないように見えるパンドラの箱にも、いつもかすかな希望が含まれている。だから、恐れずに会いに行こうと思う。絶望と希望の先のもっと豊かな自分へ。

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【2月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《平日コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《平日コース》

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL 03-6914-3618 FAX 03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021
福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN

〒605-0805
京都府京都市東山区博多町112-5

TEL 075-708-3930 FAX 075-708-3931
kyotomap

【天狼院書店へのお問い合わせ】

〔TEL〕
東京天狼院:03-6914-3618
福岡天狼院:092-518-7435
京都天狼院:075-708-3930

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


2017-01-21 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事