fbpx
メディアグランプリ

天職を見つけたリカバリーショット


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜 →【東京・福岡・京都・全国通信対応】《日曜コース》

 

記事:田中 洋輔(ライティング・ゼミ)

 

 

「キミの大学で就職するのは難しいんじゃないかな?」

 

僕は大学生で、就職活動を目前に控えていたときだった。とあるイベントに参加し、「五大商社へ入りたいのです」と言ったら、1人のキャリアコンサルタントらしき人にそう言われた。

 

わかっていた。

言われなくても。

 

他の大学に比べると知名度は低い。実際、毎年入社できる人は、我が大学からは1人いれば御の字くらいのレベル。

 

悔しかったけれど、見えないようにしていた事実を目の当たりにして、僕はなにも言えなかった。

 

うちひしがれて帰ったものの、今さら諦めるわけにはいかない。

 

OB訪問を繰り返し、商社志望なら必読の『不毛地帯』も読んだ。

入社試験の勉強も必死でやった。

 

「お前、無理じゃないの?」

大学のキャリアセンターでもぼこぼこに言われた。

 

ガンバれば夢は、叶うんだ!

 

小学生がプロ野球選手を目指して取り組むように、ただひたむきに前だけを向いて、就職に向けて取り組んだ。

 

しかし、結果は惨敗だった。

 

名の知れた商社は、全て受けた。

 

試験で落ちたところ、面接で良いところまでいったもののお祈りメールがくるところ、反応は様々だったが、要するに全ての会社に落ちた。

 

半年以上前から、商社1本に絞っていた僕は、もう受ける企業がなくなっていた。

 

「どこでもいいから、とにかく受けろ!」と周りは言うけれども、自分が行きたくない企業には就職したくなかった。受けるのですらイヤだった。

 

自己分析を書いたルーズリーフは、200枚を越えた。

 

仕事に関するありとあらゆる本を読み、自分がなにをしたいのか。どんな仕事をしていきたいのか、自分に問うた。

 

わからなかった……

 

どれだけやっても見つからない。

 

やりたい仕事なんて本当に見つかるのか?

 

周りの就職がどんどん決まっていき、焦りは募っていくばかり。

 

次第に、なんとなく良さそうな企業にも受けるようになった。

 

でも、案の定、落とされる。

 

「あなたには価値はありません」と言われているような、どこかに致命的な欠陥があるような気がしてならなかった。

 

 

そんな中、とあるベンチャー企業で最終面接に残ったとき、僕は小さなキッカケを得た。

 

面接の最後、社長が言った。

 

「正直、キミをとるのは不安なのだよ」

 

言っている意味がわからず、僕は露骨に戸惑った顔をした。

 

「キミ、“違う”と思ったら、辞めるでしょ?」

 

僕は、迷わず答えた。

 

「はいっ!」

 

苦笑いした社長は、軽く手をあげ、わかったと言った。

 

 

面接が終わった帰り道、僕は意気揚々と電車に乗り込んだ。

 

わかったのだ。

自分がどうして受からないのかを。

 

僕は、ホンネしか言わない。

 

あまり興味のない企業の面接では、「行きたくないです」という顔をする。

 

本心から“やろう”と思うことにしか、熱意が向かない。

 

周りの器用な人たちは、上手にウソをつくことも大切だなんて言うけれど、僕には出来ない。

 

角刈りの映画俳優が言うように、「自分不器用」なのだ。

 

 

別に欠陥があるわけじゃない。

ただ、単純に合わないだけ。

 

例の社長から、「やっぱり、キミは不採用にします。ごめんね」と連絡があったとき、すでに僕の心は固まっていた。

 

 

自分の人生を生きよう。

 

みんながやっているから。

就職しないとダメだから。

 

そんな固定観念は、捨てる。

 

自分がやりたいことをする。

自分で人生を切り開いていく。

 

心に決めることが出来た。

 

 

久しぶりに大学で、同級生にあったとき。

みんなが各々、近況報告をおこなう。

 

今でも覚えている。

僕は、こう言ったのだ。

 

「いっぱい落ちた。就活全然あかんかった。でも……」

 

きっと僕は、すごくサッパリした顔をしていたのだろう。

暗い話題を話しているのに、その表情のギャップがおかしくて、聞いている友達は、みんな少し不思議そうに見ていた。

 

「落ちて良かったと思える生き方をこれからするわ。落としてくれてありがとうって言えるようにしたいねん」

 

 

あれから10年近くがたった。

就職活動が全くうまくいかず、ずっと落ち込んでいた僕が、今では法人を立ち上げ、代表として経営をおこなっている。

 

人生、わからないものだ。

 

あのとき、惰性のまま、無理矢理に就職しなくて良かった。

落としてくれた企業の方々には、心の底から感謝している。

 

今、僕は“天職”と思える仕事についている。

この仕事は、間違いなく一生をかけて取り組むものだ。

 

そんな仕事に出会えたのは、落ちて、落ちて、落ちて、でも自分と向き合い続けたあの日々があったからだ。

 

適当に就活をして、どこかに引っかかっていたら、きっと今はなかった。

 

人生は、ゴルフみたいだ。

 

ミスショットをしても、いくらでも取り戻せる。たとえバンカーにハマっても、そこから会心のショットを打てば、ミスなど関係ない。カップに入るまでの経過など関係ない。変なところへ打とうが、最後に穴へボールを沈めれば良いのだ。

 

人生も同じ。

 

就職活動なんて、1つの通過点に過ぎない。

 

人生は、長い。

なにがどう転ぶかわからない。

 

思いっきりクラブを振り抜く。

あとは、転がったところで勝負すればいい。

 

失敗しないゴルフなんておもしろくない。

ミスショットからのリカバリーショットが、なによりの魅力なのだから。

*** この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。 「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。 http://tenro-in.com/zemi/writingsemi/33815

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2017-03-10 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事