ふるさとグランプリ

春になると会いたくなるじいちゃん《ふるさとグランプリ》


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《日曜コース》

記事:なみ(ライティング・ゼミ)

「今行きたいところはどこ?」

そう聞かれたら、なんと答えるだろうか。

福岡で屋台を飲み歩く?
京都で歴史を感じる?
兵庫の港でおしゃれに過ごす?

行きたいところなんて、きりがなく挙げられる。
考えるだけでワクワクする。
これを食べて、
あそこに行って……
楽しいことをたくさん想像したくなる。

では、こう聞かれたらどうだろう。

「誰かに会うために行きたい場所はある?」

行きたいところは、たくさん挙げられても、
わざわざ人に会うためだけに行こうと思う場所は、限られてくるだろう。

両親、祖父母、恋人、子供、孫、親友等々……

遠ければ遠いほど、
会いに行こうと思わせる人は、
本当に自分の近しい人なのではないだろうか。

私にとっても、会いたいというか、
会いに行かなきゃと思わせられる人がいる。

それは、私のじいちゃんだ。

「次はいつ来るんだ」
家に着いてすぐ、よくじいちゃんにこう言われたものだ。

今会いにきたばっかじゃん!
着いてまだ10分だよ。
長旅は結構疲れるんだぞ!

片道6時間かけて、やっと会いにきたのに。
着いて早々、文句のオンパレードだ。

年賀状が届かない。
誕生日プレゼントが届かない。
土産はこれだけか。

「はっはっは」

と豪快に笑いながら、文句を言ってくる。

あー、また始まった……
なんて思いつつ、さすがに放っておきすぎたかなと反省する。
誕生日カードの一つくらい送ってあげればよかった。できない孫でごめんね。

それでも、文句を聞くと、元気そうでよかった、と安心する。
孫ながら、このわがままが聞きたくて、会いに行くようなものだ。

じいちゃんに会いに行く。
ただそれだけ。
一応観光できる場所もあるけれど、
わざわざ行かない。
きれいな浜辺も、
エサ目当てにうみねこが追いかけてくる遊覧船も、
どでかい岩の連なりも。
もう散々行き飽きたから行かない。

そしてそれから数日間、
じいちゃんのわがままに応えるだけの日々が始まる。
肩を揉まさせられたり、
お茶を淹れさせられたり、
チャンネル権がないテレビを一緒に見させられたり。
飽きてどこかに行こうとすると、ここにいろと言われる。

じいちゃんを見てつくづく思った。
どんなに年齢を重ねて、大人になっても、
人間は寂しさには勝てないんだと。

これからも、せめて一年に一回は会いに来なきゃな。
行くたびにそう思わされ、 毎年一回は必ず会いに行っていた。

あれから随分と月日は流れた。
じいちゃんが亡くなってしまった今、
行く理由がなくなりつつあり、ちょっと寂しい。

行くペースも、だんだんと減ってきている。

来るのを楽しみに待たれると、
半分急かされてるような気にもなりながら、
何十年もよく通ったものだ。

それが、心待ちにしてくれている人がいなくなってしまうと、
なんだか行きづらい。
人が一人いなくなるだけで、こんなにも寂しいものなのか。

私を待ってくれている人は、いなくなって行く。

それでも私にはまだ、会いに行きたい人がいる。
ずっと会いに行きたかったけれど、行けていない人がいる場所だ。

その人は、人生の大先輩だ。

生まれてからずっとそこに住んでいて、
今後も引っ越すつもりはないらしい。

詳しいことはよく知らないけれど、
年齢は私より、980才ほど年上だそうだ。

この前は雪の日に骨折をしてしまったそうだ。
もう年なんだから、あまり無理はしないで欲しい。

ところが6年程前から、
様子を観にくる人が、めっきり減ってしまい、最近は、しょぼくれているそうだ。

役所の人が見回りに来てくれたり、
お医者さんに、定期的に診てもらったりしているそうだけど、
たくさんの人に囲まれていた頃のことを思い出すと、
やっぱり寂しさを感じるらしい。

以前は、たくさんの人が観に来てくれていたそうだ。

それがある日を境に、毎年大勢来ていた人が、来なくなってしまったという。

その声を聴いたことがないくらい、口数は少ない。
しかし、もししゃべりだしたら、
私たち人間へのお説教が、たんまりと聞こえてきそうだ。

それでも、これから春にかけての季節は、
毎年、たくさんの人が来てくれるよう、
おしゃれをして待っている。

その姿は、日本でも三本の指に入るほど、
きれいなものだそうだ。

そんなきれいな姿でいるのに、
どうして人が来なくなってしまったのか。

きっと、心が離れてしまっているからだ。

何もなければ、きっと元気だろうと様子を見に行かない。
忙しいと理由をつけて、気にかけない。
大きな事故に遭ったときは、さすがに心配で見に行く。
けれどそれももって数年。
また時間が経てば、気にもかけなくなる。

きっと今年も、
たくさんの人が来てくれるのを待っている。

地元の人に支えられながら、今でも元気に生きている。
今年もきっと、待っているはず。

だから私は会いに行く。

ずっと観に行きたかった、三春の滝桜に。

あなたの近くにもきっといるはず。
6年経とうとしている今も、辛い思いをしている人が。

誰も被害に遭いたくて遭っているわけではない。
寂しい思いをしている人がいたら、
少しだけ手をさしのべればいいだけだ。

どうか、福島の風評被害がなくなりますように。

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有/通信受講有》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



関連記事